薪狩りも終盤




今シーズン最後から2番目の薪狩りです。
いつもの現場、田んぼの薪小屋のある所です。
170318-12
170318-02
うららかな春の日差しの中での山仕事は何やらウキウキします。


私が現場に着くとすでに滋賀からM森くん来ていました。
今回は私はもう持ち帰らないので、ということでM森くんに自己完結をお願いし手頃な木を選んでもらいました。




周りの木に隠れてわかりづらいです。
170318-21
ひょろ長いクヌギです。
170318-22




M森くん久々の伐倒です。
フンボルトノッチで、もちろん追いヅル伐りで、
170318-03
手鋸で追いヅルを切り離します。
[広告] VPS

下部↓
170318-06
樹冠部↓
170318-05
40cmバーが届きかねていたので35cmくらいだったでしょうか。
元玉は洞でしたが1玉だけでおさまってました。
170318-04




枝の折れていたアラカシも伐りました。15cm弱だったかと。
170318-11




ハイ、過積載ですかね、M森くんの自己完結が完了です。
170318-19




クヌギの伐倒で巻き添えになった向かい側のいずれ伐らせて頂くクリの太枝を伐らせて頂きましたが、M森くん軽トラに載らないので一時放置です。
170318-17




M森くんが伐っている間、私は別の作業をしていました。




谷に転がしたままのスギを、
170318-07
一輪クローラーで搬出し、
170318-08




ボケてはいない枯死ハリエンジュ、すでに乾燥しているので玉切り
170318-14
今回は置き去りにしてまた今度引き上げます。




コナラの切り株、長すぎて勿体ないので切り詰めて、
なかなか割れないと思ったら縮れていました。
170318-15
なんとかコロ薪にしました、シンドイのでデカイです。
170318-16




そして、あちこちに盛ってある柴の山を
170318-09
ロープにのせて引っ張り
170318-10
1ヶ所に集めました。
170318-18




帰ってもまだ明るかったので、先週のヤブツバキを
170311-14
割りました。
170318-20



仲間との薪狩りはあと1回となりました。
私はそのあともまだまだ作業(田んぼの薪小屋増設)がありますが。






スポンサーサイト