山にはまだ雪があるので薪狩りは休み



真っ青な空、薪狩り日和ではありますが、
170128-10




前日の画像です、田んぼには一面に雪が残っており、やむなく薪狩りはお休みです。
170128-02




まずは、家の土場の(雪の被害の)点検です。
家の屋根の瓦がいざってます。
170128-16
落ちて来てもいます。
170128-17
早急に瓦屋に連絡をとらねば ...




昨シーズンの仮設棚の屋根、波板の出が半端ではないですが30cm以上の積雪に耐えました。
170128-05




家の屋根から落ちる雪が直撃するのでコロ小屋の屋根はボロボロです。
170128-06
早急に葺き替えねば ...  次はポリカにします。




仮設薪棚の上の雪はほぼ融けたので薪割りでもしますか ...
170128-04




先日のコナラを割ります。割れるのは少なく、太股の部分や藤蔓に締められて割れない玉が半分以上です。
170128-03




割れないのはチェンソーで縦挽きします。
170128-09
170128-08
17年前に買ったSTIHL 018C 40cmバー、まだ現役です。
チェーンオイルを山で使うのとは別にしている(植物性・水溶性)ので家での専用機です。
盛大に出る切り屑を畑に撒く為です。




薪割り・縦挽き完了です、午前中かかってしまったので 「積み」 は午後です。
170128-11
縦挽きが多かったので建材のような平らな薪が目立ちます。




積み、完了です。縦挽きした薪は積みにくくていけません。
170128-12
170128-13
まだまだ足りません、せめてこの棚のてっぺんのロープ(約1.6m)くらいまでは行きたいところです。




今焚く薪はこの中なので雪が降っても平気です。しかし家への搬入経路は軒先の真下なので雪がいっぱいです。
この写真は秋に撮ったものです。
170128-01




高い所の薪はハシゴに登って下に落としておきます。
170128-14
あと2面半はあるので今シーズンは持つはずです。




針葉樹が出てくると別にしてあります。針葉樹がイヤなのではありません、ゲートボール場行きです。
170128-15
薪を割っているときに近所のおばちゃん(ゲートボールをする人)が来たので 「薪まだあるかや?」 とたずねたら 「この雪で全然ゲートでけへんでまだようけあるでえ、おおきにな」 と言っていたので、へたすると来シーズンに持ち越しか?
置き場所がなあ~









スポンサーサイト

杉の伐採依頼




基本は毎週土曜日が薪狩り予定ではあるのですが、現場は雪に覆われているので昨日は中止でした。
やむなく昨日は家でくすぶっていたのですが、今日は伐採依頼を受けた杉をたった1本伐りに行って来ました。



地主さんはこのスペースに農機小屋か何かを建てるそうで杉が邪魔になるとのことでした。
昨年末に何度か行っていたヤッチン(勤務先の同僚)とこの近くであります。
ヤッチンも手伝いに来てくれました。
170122-01




傾斜木を傾斜方向に倒すだけなので難易度の低い仕事です。
一応追いヅル伐りで行きます。
170122-02




追いヅルは完全に切ってしまったのに倒れません。
170122-03




仕方なくツルまでも切って行きましたが倒れません。
170122-04
もうほとんどつながっていないはずです。




ロープをかけてハイエースで牽きました。
170122-07




でもまだ倒れません。そうです、樹冠部は蔓地獄にはまっているのです。
170122-20
やむなく元玉落としで3玉分ずつおろしていきました。



そして樹冠部をヤッチンの軽トラで牽いて蔓を引きちぎり、
170122-05




蔓地獄も牽いて、
170122-06
作業完了、約2時間ほどでありました。




田んぼの薪小屋へ積むので、進入できる可能性は低かったですが一応行ってみました。
170122-09




やっぱりダメでした。
この狭い部分さえなんとか通過できれば田んぼは走れるのですが、断念です。
170122-08




もうひとつの現場も行ってみましたが、田んぼは一面に雪でした。
170122-12





ついでに少し山へ走ってみました。
170122-11
170122-10
木が根こそぎ倒れていたり、あちこちに木の枝がもげて落ちていました。




そして杉の玉はやむなく家の土場に仮置きしました。
170122-13





大雪、その後



備忘録 ~コメントお気づかいなく~


大雪がやんで3日がたちました。あまりにひどかったので書き留めておきます。



屋根から落ちた雪がハイエースの運転席のバイザーを割りました。
170119-01
170119-03




積もった雪と屋根から落ちた雪です。
170119-02




伐採現場/田んぼの薪小屋へ向かう道です。茶畑の中の道です。
170119-04




スギの植林の間の道では樹冠の部分が折れて落ちていました。
170119-05




田んぼの薪小屋の屋根はきっとつぶれているだろうと思っていましたが、無事でした。
170119-07
170119-06
1号は屋根勾配が緩いのでまだ雪が落ちていませんが、2号の方はベローンとなっています。




大雪のなかスタッドレスに交換した




自分の記録です ~コメントお気づかいなく~


私の記憶では1995.12のクリスマス寒波以来 21年ぶり の大雪。
170116-02



その1995.12のクリスマス寒波の時はまだ二駆のハイエースに乗っていて、家から道に出れなかった。
だから翌年四駆のハイエースを買った。それが今のハイエース、20歳。
今日やっとスタッドレスに交換した。20cm以上積もっている所でタイヤの所だけ雪かきしてジャッキアップした。
来冬は11月中にはスタッドレスに換えよう。
170116-01




ザ・ギックリ腰、8年ぶり


本日は雪の予報で、太平洋側でも積もるとテレビではやかましく言っていましたが、
朝の時点では降っていない、とりあえず山へ行きました。
本日の参加者はシャリーさん、N本くん、私の3人です。




山には黒い雲がかかり今にも雪が降りそう
170114-02
かと思うと晴れてきたりしていました。




12月17日に伐倒した大コナラの主幹がまだ4m強ほど残っていて、
170114-01




斜面には太い枝が掛かり木になったままだったり
170114-05




柴に埋もれた太枝があったりしています。
170114-06





シャリーさんとN本くんは斜面で枝を裁いています。[広告] VPS

足場も搬出もキツイ、最高の現場です。




N本くんは背負子でも搬出しました。
170114-04




私は玉切り担当、主幹はあらかた突っ込み切りで上下を残して切り終えてから、3人がかかって玉を谷に落とさないように切り離しました。
170114-03




搬出はシャリーさんの赤い戦車で田んぼを越えて小屋の前まで。
170104-03




そして3人が山分けして割ったり車に積んだりして、そこで 事件 は起きてしまいました。ギックリ腰であります。最近ちょっと体を酷使したからか、いい気になってマジック斧で割っていたからか、直接のきっかけはハッキリしませんが、ともかくギックリ腰であります。
170114-07
仲間とはありがたいものです。シャリーさんとN本くんに手伝ってもらってなんとか積み終えて家まで持ち帰り、玉をおろしてもらいました。


前回は2008年秋、まだ仲間はおらず1人で間伐ヒノキを何十本か頂いて3mに切ったのをハイエースに積んで搬出した翌朝、チェンソーに給油していて立ったときに起こりました。その後8年たち腰痛とは縁遠いコンディションだったのですが ...


今は翌日1/15の朝です。
症状は軽く、歩けます。軽作業くらいなら出来そうなので明日からの出勤は大丈夫でしょう。
次回1/21(土)までにはもっと良くなると思うので山仕事に行きます。





シゲさんの伐採依頼



1月6日作業分


地元の同級生のシゲさんから伐採依頼を頂きました。
170106-51
田んぼ側から見ると、
170106-52
当初はエノキ2株とムクノキ2株だったのですが、隣家のS明さんからもついでにと境界近くのムクノキと、おなじく境界近くのスギ数本を伐採依頼されました。
170106-07




向こうは田んぼ、落とすと引き上げがシンドイので浴びせ倒しでなんとか手前に。
170106-04




3本の太い枝を一括で牽引伐倒。
170106-09
170106-08




3本の枝が根元で裂けました。
170106-12




こんな感じです。
170106-16




思ったよりは太かったです。
170106-15




高めに伐ったのは手前の柴がよその田に飛ばないように。
170106-19




一面に薪、本日のところは搬出出来ずに放置。
170106-18




常緑の蔓、赤い実がおいしそう、樹種不明。
170106-03




すでに空き屋ですが。
170106-05




1月7日作業分


昨日の状況で、これは1人だとあと1日では終わらんなと思い、元々は別の現場でコナラ解体の予定だったのを急遽無理を言ってN本くんに応援に来てもらいました。




この2本のムクノキ、たぶん25cm前後をN本くんにまかせて、
170107-10




私はシゲさんに手伝ってもらって軽トラで2往復、田んぼの薪小屋へ昨日切った薪を運びました。
170107-03




山に盛って来ました。
170107-04
雲1つない天気で山が美しかったです。




そして隣地のS明さんからの依頼で境界線上のスギを数本伐らせて頂きました。
170107-05
BEFORE写真撮るの忘れてました。



これも田んぼの薪小屋へ運んで頂きました。
170107-06
そして薪棚用に4mの丸太を3本採らせて頂きました。
春までには皮をむかないと虫が入ります。





野積み棚=雨ざらし 鉄筋で仮設




備忘録 ~コメントお気づかいなく~


1月5日はたまったヤツ、処理完了。



割って積んだのは、




↓1月4日に背負子搬出したヤツと
170105-02




↓12月29日のコナラ
170105-01




元玉は縮れ麺
170105-03




φ16異形棒鋼で野積み棚の両側を支持、プルラインを引退したKPロープで引っ張った。
170105-04




窓の下の薪棚、先日ゲートボールに譲渡して空になった所へも積んだ。
170105-05




ああサッパリした、持ち帰っても置く場所がないとアカンからな。
170105-06





初作業は背負子搬出




あけましておめでとうございます。

旧年中はお世話になりありがとうございました。

本年もどうかこの拙いブログにおこしくださいますよう

謹んでお願い申し上げます。





切り初めです。伐り初めはまだです。
昨年の12/17に伐倒した大コナラの太い枝が斜面にいっぱい落ちていたり他の木に掛かり木になっていたりしてます。
参加者はH頭くんの奥さんであるS苗さんと娘さんのAちゃん(20歳大学生)と私の3人でした。




こんな感じの斜面です。背負子登場、1年ぶりです。
170104-02
右上の方へ登ったら、




田んぼの向こうのハイエースまで70mほどです。
170104-01
170104-03
初めは個々に自分で切った分をということで、私は背負子で8回(コンテナ8杯)を出しました。
だんだん女性には厳しい不安定な作業(枝に乗って別の枝を切る)になってきたので、私が切り専、S苗さんとAちゃんがリレー搬出/一輪車で田んぼの向こうまで運搬して、あとで共同作業分を山分けしました。




BEFOREです ↓ 枯葉がついているのがコナラの枝です。
170104-05
AFTERです ↓ 少しは減った感じがするでしょうか。
170104-06




本日の収穫はコンテナ14杯とシイタケほだ木7本でありました。
170104-04
14杯と言っても箱から出すとけっこう少ないものですが。