煙突掃除




今年もこのシーズンがやって来ました。あと1ヶ月すると我が家はストーブを焚く季節です。
その前に煙突とストーブの掃除をやっておかなければなりません。




今日は午後から雨の予報なので、雨が降らないうちに屋根に上がるのですが、先に室内煙突のエルボをはずします。
煙突下端からストーブまでの間にエルボ(45°x2連)が付いています。
ストーブの位置を奥へオフセットする為です。
エルボは両端にレジ袋をかぶせて外へ運んで煤掃除をします。
160924-19




エルボの煤はこの程度でした。
160924-20




室内煙突の下端にはビニール袋をかぶせてビニールテープで縛ります。この時、ビニールテープは粘着側を外側にして巻きます。粘着部がビニール袋に付くとはがしにくくなるからです。テープを引っ張って伸ばしながら縛ると収縮力でかなり強く縛れます。
160924-01




そして道具を持ってトイレの屋根から上がります。
160924-02




持って上がる掃除道具はこれらと、あと8尺三脚脚立です。
160924-03
そして今回はこれ ↓ も使いました。林業用安全帯です。
160924-04
今まで使ってなかったのですが、安全上というより両手が使えるようになって便利です。




毎年同じような写真ですが、8尺の三脚脚立を立てて登ります。脚は煙突にベルトで縛ってあります。
160924-12




特別に煤が多いとは感じません、例年程度だと思います。
160924-05
下はというと、
160924-21
この程度でした。多いようにも見えるし、こんなもののようにも思える量です。




トップ(煙突の傘)は屋根の上で、レジ袋を受けて掃除をします。
160924-07
かぶさっている皿をはずして、
160924-08




掃除したらトップをかぶせてバンドをセットしたら、バックルに外れ止めの針金を差しておきます。
160924-09




個人的記録です。毎年、煙突掃除の時に納屋方面の写真を撮っています。
160924-06
だんだんポプラが高くなってきています。どこまで伸びるものなのか ...
体が動くうちになんとかしておかねば、です。




せっかく屋根に上がったので、ついでにあちこち点検です。
煙突掃除用のステップからワイヤーで引っ張っている部分、まだ大丈夫です。
160924-10




煙突を引っ張っているワイヤーを固定する、母屋側の金物です。錆びてきていますが今すぐどうということはなさそうです。また気が向いたら塗りましょう。
160924-11




谷樋の掃除もしておきます。
160924-13
160924-14
落ち葉と、既に腐葉土になった物です。
本当は落葉後に掃除するべきですが、梅雨前にも掃除をします。




台所の屋根、塗装後6年です。下塗り剤を塗ってからモスグリーンで塗ったのがこんな風合いになってます。
たしか3年くらいでこうなったような ...  面白い風合いなので、これもアリかもと思っています。
160924-15




パラボラの脚もまだ大丈夫そうです。11年です。
160924-16
160924-17
栗の皮が落ちているのは何故でしょうか? まだ新しいです。不思議なこともあるものですね。




車庫の屋根が随分老朽化しています。
160924-18
免許を取った時に建てた車庫なので、もう35年です。
車庫と呼んではいますが、車を入れていたのは5年もありません。作業場です。




屋根の上から裏にあるマサキの樹冠部を見たらアケビがぶら下がっています。まだ熟していません。
160924-51




アケビの近くにありました、山葡萄のようですが違います。ツヅラフジの一種かと思われます。
160924-55
webにこんな記述が ...
「葛藤(かっとう)」という言葉はこのツヅラフジの漢字から来ました。ツルが複雑に絡まる様子が感情のもつれを表すのにふさわしかったようです。また、折れ曲がった道を「九十九折(つづらおり)」と言いますが、この言葉もツルの様子から来たらしいです。」
さて真偽の程はどうでしょう。





花を食するハナオクラ、まだ咲いています。ハイビスカスの花に似ています。同じアオイ科です。
160924-54




シカクマメ、これもやがて終了です。
160924-53




ヤマウドの花が咲きました。
160924-52
山へ行くと、この花でヤマウドの在処がわかります。
場所を覚えておいて春に採りに行けばよいのですが、すぐ忘れてしまいます。





スポンサーサイト

ハイエースいじり

今週末は納屋増築関連の作業はお休みであります。
基礎工事だけは完了してひと段落です。


そして今日はハイエースの20回目の車検の準備です。
我が愛車、無くてはならない相棒のハイエースが満20歳となります。
23万km超です。まだまだ成人したての若僧です。
普段はセカンドシートが取り外してあり、屋根付きトラックの状態です。これでは車検が通らないので取り付けます。
これがけっこうな作業なんであります。なにせ重い、商用車のくせに中途半端に豪華な分厚いシートなのです。
妻に邪魔にされて家の奥にしまってあるのを出して来て、ハイエースまで運んでボルトでとめる、それだけのシンプルな作業ではありますが。
160917-07
セーフティーバーも車検のために取り付けました。
運転席がリクライニングしない状態です。


車検準備は以上で、あとは少々いじります。

まず、バッテリー直結スマホ充電器を設置します。
私のスマホは現在3年半ほど使用しており、バッテリーの消耗が早くなってきました。
会社の昼休みにハイエースの荷室で過ごしていて、スマホでニュースなどをチェックしていると30%くらいまで減ってしまうようになりました。もし災害などがあった時にバッテリー残量が少ないのは不安なので、エンジンをかけずとも充電できるようにバッテリー直結の充電が出来るようにします。




シガライターソケット用の12VのUSB充電器です。
160917-01




ばらすとこんな感じです。
160917-20




ヘタくそなハンダ付けで電線を接続しました。
160917-03




熱収縮チューブでカバーしまくってアラを隠しました。
160917-04
コイツをハイエースの荷室に引っ張って(接続して)完了でありました。
シガライターソケットを荷室にもつければいいじゃないか!
とおっしゃる方もおられることでしょう。でもイヤなんです。USB充電器から12V用の線が2本出ていてくれればバッテリーにつないで終了なのですが、そんなのよう見つけませんでした。



いや、ありましたです、amazonに(9/19発見)。しまった、早まってしまった ... 
これを買うべきでした。
160919-01
でも遊んでいる12V用USB充電器があったので使うべきだったのです。








次はコレ、薪狩りのロープ掛けであります。
薪狩りシーズンは目前にせまっており、先シーズンから気になっていたロープ掛けの整備をします。
まず、ロープ掛けの現状、というかBeforeです。
160917-05

良くない部分は、

 1.掛けられる部分の幅が狭い。
 2.バーにSカンを使って掛けているので、運転中にずれる。
 
などです。




この窓埋め板に、車庫にころがっていた胴縁(廃材)を取り付けて、90mmの釘を打ちます。




釘打ちがへたくそなので下穴(道穴?)をあけます。斜めに打つのですが、角度を一定にするために治具を作りました。
160917-08




釘を打ちました。角度や高さにバラツキがありますが気にしません。
160917-10




裏側はけっこうヒドイことになっています。出っ張った釘の先はグラインダーではねました。
160917-09




取り付け完了です。
160917-11




ロープを掛けてみました。パラっとしました。
160917-12
使い勝手は使ってみないとわからないので、また手直しすることになるでしょう。




家のはしに生えてきたど根性アサガオ、この季節になってから大きくなってきました。
下水工事(農業集落排水)から10年、コンクリも少々荒れて隙間があります。
160917-06
ツボミも出来てきているので、花を咲かせてあげたいと思います。






納屋増築 基礎工事完了

脱型/補修

納屋増築部の基礎、先週打った最後の部分の型枠を外します(赤矢印)
そして根切り穴の埋め戻しを行うのですが、土間の不陸部分(黄色い点線)の土の処分もかねます。
160911-01
基礎の外側も同様に、よその畑から流れてきて高くなった部分を掘り下げて根切り穴へ入れます。




予想通り、豆板がそこそこ出来ていました。なるべく連続で打てるようにフネをデュアルでやったのですが、まずかった点はわかっています。深さ20cmくらい入れた時に一度突いておけば良かったのですが、2フネ分入れてから突いたので底の方まで効果が及ばなかったのです。
160911-02
まあDIYなので良しとします。




補修モルタルでごまかしました。
160911-03





増築部の裏の地面

増築部の基礎面は納屋の土間面より150mm下げてあります。
地面と増築部の基礎面が接近しているのであまりよろしくありませんので、増築部の外の地面も掘り下げます。するとその後ろにあるU字溝(モルタルなしで置いてあるだけ)が不安定になります。
160911-13
U字溝の際に土手を作ります。




その部分の土とセメント0.5袋ほどを空練りのち水で練ります。
ところで、土とセメントを混ぜるとまれに六価クロムを生成することがあるという事をネットで発見してしまいました。しかし本職さんもけっこう土にセメントを混ぜたりしているとも書いてありました。規模が微々たる物なので、まあ滅多なことは無いでしょう。
160911-04
160911-05
セメントが2袋余ってしまったので使ってしまいたいんであります。砂や採石は置いておけますがセメントはじきに固まってしまうので無理にでも使いたいと思います。




U字溝の際を掘り下げて(その土はセメントと混ぜて)型板を当てて土コンを打ち
160911-06




3時間ほどで型板をはずしました。そこそこ固まっています。
160911-09
調子よさそうなのでこの右隣もこれで行きたいと思っています。




お隣さんの石垣もほぼ石1個分埋まっていたのを掘り下げました(勿論お隣さんの了解を得ています)。
160911-08
160911-07




抜根

春に伐ったキンモクセイの伐根からヒコバエが出てきました。ほんとうに健気です。しかしながら支障があったので伐ったのだからやむをえません。抜根します。
160911-10
スッキリしました。しかし、心が痛いです。こんなくらいなら伐ったすぐに抜根すべきでした。
160911-11




これで一応、埋め戻し/ならしは完了です。あとは明後日からの連日の雨で地面が締まってくれるのを期待します。
160911-21
土間は出来ればコンクリを打ちたいので、ここから更に5cmは土を取らねばなりませんが、いつの事やら ...です。




羽子板

かなり傾いたのがあります。木材にネジ止めしてからコンクリ打ちしたので理論上は垂直のはずですが、理論は現実とは違うんであります。
160911-19




羽子板矯正治具です。羽子板と同じ鋼材を木材でサンドイッチしてネジ止め、羽子板にかぶせてこじます。
160911-18
それにしても残土が多いです。軽トラ2車ほどあります。




羽子板、ほぼ垂直になりました。
160911-16



残土、まるまる捨てるのは勿体ないので出来るかぎり残したいと思っています。
まず、芝生の目土を確保します。余談ですが芝生を美しく維持するには定期的に目土を置いてやらないといけません。芝は上方にしか広がらないそうで、長く放置するとスカスカになってきて、そこに草が生えてきます。
という訳で、トオシで漉します。石が入ってない方が良いですから。
160911-20
土嚢袋3つ分出来ました。が、残土は全然減った気がしません。
毎週3袋ずつ漉していけば年内にかなり減るとは思いますが ...
上のコンテナ内は漉したカス(粒度の大きな石)です。これはこっそり山か川にでも捨てて来ます。




サンショウについたナントカアゲハの幼虫です。美しいです。
160911-14
これはセロリについたナントカアゲハの幼虫です。これも美しいです。
160911-15
棒きれでツンツンとしてやったら頭から角を出しました。これが出ると悪臭が漂ってきます。




オニグルミはほぼ葉っぱを落としました。
160911-12




ジョギングホームコースの峠道ではナントカ茸が上がっていました。食べれそうな気もしますが食べはしません。
160911-22
160911-23










納屋増築 基礎工事やっと最後のコンクリ打ち


やっと最後の部分のコンクリ打ちであります。
長い長い道のりでありました。
基礎工事がこんなにも面倒で時間がかかり体力もいる物だとは思っておらず、舐めてましたね。




という訳で、
立ち上がり部分だけなので計算では2フネ半となりました。
なので、できるだけ連続に近い形でコン打ちすべく予め2フネで空練りを済ませておきました。
160903-02
打ってみた結果ほぼ計算通りの量で、コンクリートで2フネ打ったあと1:2モルタル1フネで天端から10cmぼどを埋めて仕上げました。余ったモルタルで後述の入口左部分のブロック基礎に羽子板を埋めました。




入口左の部分だけは短いのでブロック基礎です。羽子板を埋めました。
160903-03
ブロックに水をかけて余剰の水をエアで飛ばしてから1:2モルタルで埋めました。
こんなんでちゃんとくっついてくれるのか不安ではあります。




全景であります。
160903-04
6月4日に入口左のブロック基礎をしてから3ヶ月、たったこれだけの基礎にです。
一番暑い時期だったので大汗をかかせて頂きました、大感謝です (笑)。
本職の大工さんや土建屋が、こんなもんくらいならブロック基礎でええやないか、と口をそろえて言わはります。
けど、ほんとに私がブロック基礎をやって満足のいくものができたのでしょうか?
かなりあやしいですね。薪小屋の基礎はブロック基礎でやりましたが、たった2丁半でしたからね、5列ではありますが。今回の基礎は少々長いし2段積みになるし異形なので角の部分をどのように上げるのかなど考え始めたら型枠組んでコンクリ打った方が単純のような気がしたんでありました。




パンパスの穂が出てはいますがまだ出切っていません。下界の方ではとっくに穂が出切っています。やはりうちはなんでも遅いです。
160903-01




160903-21

木工事は来春からに延期します。

理由はやがて薪狩りシーズンに入ってしまうからです。
遅くとも11月には伐採を始めます。材木を置く予定の場所と狩ってきた薪を野積みする場所は同じなので木工事に手をつけるなら材木を使い切ってしまわなければなりませんが、あと2ヶ月足らずで木材の刻みをして建て方~屋根葺きまで出来るとは到底考えられません。


しかも9月・10月でほかにすべき事が一杯あります。

       1. 煙突掃除/薪ストーブのメンテナンス
          ある部品が故障しているので作製します ・・・1日
       
       2. 庭木の剪定 ・・・2日
       
       そのほかにも、こまごまとした作業があります。



秋までに完成させるのが当初の予定ではありました。
前述しましたが、基礎工事を甘く見てました。
でもこれはこれで結構おもしろかったので3ヶ月間楽しませてもらいましたし、たいへん良い経験になりました。