FC2ブログ

納屋増築 型枠設置(7/2) ~ コンクリート打設(7/3)

7/2作業分です




赤の部分の基礎工事を進めています。
160702-20
ドシロウトの一人作業かつコンクリートは手練りなので一度に全域の施工をせずいくつかに分断して施工しています。




土台を敷かないので羽子板(柱を固定する金物)が必要になります。これを作ります。
鋼材は厚さ4.5x幅32mmです。穴はM12ボルト用です。小さな穴は型枠に固定する為の釘穴です。
160702-01
まん中あたりの線が基礎天端となります。




羽子板の両脇にφ10鉄筋を溶接しました。何故まん中でないのか、それはまん中には鉄筋が通るのでまたがせる為であります。先端を曲げると良いのでしょうが曲げる器具がありません。抜け止め目的に何かを溶接しても良いのですが、異形棒鋼はデコボコなのでまず抜けないでしょう。長さは鉄筋だけで450mmです。
160702-02
鉄筋の頭は基礎天端より40mm下がった位置なのでコンクリート打設後は見えません。




そして一番の重労働、穴掘りしました。根切りですね。掘った穴の写真はありません。本日は真夏日だったので穴掘りはきつかったです。
穴の底に川砂利を敷いて
160702-21
こいつで締め固めました。




そして型枠の端面に取り付けた角材の腕を角材の平行棒にのせたところです。型枠の腕は平行棒の上を前後左右に動かせる状態です。この時点ではまだかなり高いので、水平を見ながら杭を打ち込んでいきます。
160702-03
型枠の上についているのは羽子板をセットするステーです。




高さ、水平、通りが出ました。
160702-04
この状態で腕と平行棒をネジ止めして、




更に杭と角材で型枠を固定しました。
160702-05
予定の所まで進められませんでした。

明日はあさから配筋です。





7/3作業分です


本日8時作業開始、昨日設置した型枠に配筋します。
横筋は3本にしたかったのですが、楽にセットできるのは一番上だけでした。2段目はセパレーターが邪魔になって入れられません。しかたなく型枠に穴をあけて入れました。穴はガムテープでフタしました。3段目はあきらめました。
160703-01




一応、配筋完了です。ベースにはφ6ワイヤメッシュを入れました。縦筋はストレート部に5本(羽子板の脚のφ10x2本を1本に数えて) と 「レ」の部分に1本入れました。「レ」の横筋は型枠を貫通させて3本入れました(赤矢印)。羽子板も所定の位置・高さにセットしました(黄矢印)。
160703-03




根切りの穴を深く掘りすぎて、下にかなり隙間が出来てしまいました。やむなく廃材の貫板をあてました。
160703-02
全周にあて板をしました。なのでベース厚は100mmの予定が150mmくらいにはなっています。その分コンクリ増量です。




9:30頃からコンクリート打設です。
セメント:砂:砕石を1:2:3で1フネ、手練りです。
1フネ目ではベース部が全然スカスカ、2フネ目までは立て続けに練ってでやっとベース部の天端まで充填できている感じ、というより窓の中まで上がって来てしまっています。脱型にてこづりそうです。
160703-04
2フネ目のあとは少し養生しました。少し固まってくれないと3フネ目のコンクリを入れた時にさらにベース部に圧がかかって窓から出てしまいます。しばしの休憩のあと午前中に3フネ目のコンクリートを手練りして打設しました。この時点で基礎天端から250mm下くらいでした。




午後一に4フネ目を練って基礎天端に達してしまいました。本当は少し足りないくらいで終わってあとはモルタルで天端を仕上げたかったのですが天端までコンクリになってしまい、なんとかコテで押さえまくって天端をならしました。でもきっとガタガタでしょう。
160703-06




DIYのコンクリート打ちは余ったのをどうするかが悩みどころです。
160703-07
しかたないので地面にぶっちゃけて、固まったら次の部分の施工時に下に敷くかですね。




天端をコテでならした直後に雨がポツポツ来ました。あわててシートを掛けましたが雨はポツポツだけですぐやみました。
160703-08




スポンサーサイト