FC2ブログ

納屋増築は牛歩の如く遅々として



納屋増築予定スペースの余分な土を除去しています。
160612-04
まだまだ全然取り足りません。もっと全体的に低くしないと後で土間コンを打つと長尺物を立てての保管ができなくなってしまいます。




こないだまで薪を野積みしていた場所に、野積みに使っていたブロックで囲いをして残土をもりました。
160612-03




これは私が掘った訳ではありません。イノシシが再々度掘っていきました。だんだん広がっていきます。
160612-07
残土置き場とすぐ近くなのでぱっと見は私が掘って運んだように地主さんから誤解されそうです。
こちらはむしろ残土をイノシシ穴に盛ってやりたいくらいなのですが。




そして、きのう薪をN田さんに譲渡して空になった薪棚の根太を丁張り代わりに使って、納屋妻壁から垂線を伸ばした位置に角材を取り付けました。
160612-01




レーザー墨出し器でレベルを出して水糸を張りました。
160612-02




基礎の天端・外周はこんな感じになります。
160612-05




寸法はこんな感じですが、異形なので柱又は枠組み壁をどんな風に組むのかを必死で勘考しているところで、今日は外もぐずついているのでほとんどパソコンで図面描いてました。
160612-06
室内面積は2坪半弱となります。



いつになったら木工事にかかれるのでしょうか。残土も次の薪狩りシーズンまでには撤去せねばなりません。





スポンサーサイト