FC2ブログ

台所の水栓金具水漏れ - 新しい物に取り替え



前々回の記事(過去記事リンク)で台所の水栓金具が水漏れをおこした事を書きました。修理不能だったのでしかたなく買い換えました。




16年前はインターネットをやってなかったので業者任せだったのですが、探してみるとそこそこ安いのがありました。




まずは古い水栓金具の取り外しでありますが、このでかい六角ナット(36mm)を回すレンチなどうちにはありません。あったとしても狭くて回すスペースがありません。どうしてもソケットレンチ状の物が必要なんであります。前回に使った吐水管のナットとはサイズが違うのであります。
160504-07




しかたなく、車庫にころがっていた鋼材40角のパイプでレンチを作りました。40角のパイプは肉厚が1.6mmなので内寸は40-2x1.6で36.8、ばっちりでした。板厚1.6では強度が足りずナメてしまうのでフラットバーを溶接して補強しました。
160504-10
コイツをプライヤーで回しました。




特殊レンチを回すスペースがないので天板をノミではつってからはずしました。
160504-08




取り外したのはこんなんでした。16年間お疲れ様でありました。
160504-21
今は高くてよう買いません。



★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★  ★



そして新しい水栓金具、入っていた部品のすべてです。
160504-03
取り付け説明などありません。




キッチンへの取り付け部分です。
160504-02




いつかまた水漏れをおこすでしょうから先にOリングのサイズを特定しておきました。
吸水ホース取り付け口はこんな感じです。
160504-01
レンチを使うなと言う事のようです。Oリングでシールするので大丈夫だとは思いますが、なにやら不安なのでレンチで軽く締めました。
160504-04




吐水管の取り付け部です。
160504-06
吐水管取り付け穴です。上の写真の吐水管がはまります。
160504-05




で、取り付けましたが赤矢印のワッシャの剛性が低すぎて閉めるほどにワッシャがたわむしゴムがずれていくしで、これもまた車庫にころがっていたフラットバーを切ってかませました。
160504-09




ということで取り付けは一応完了し、漏水確認OKではありましたですが、次に漏れるのはいつでしょう。
160504-11
古い水栓金具がセパレート型だった為、両脇に穴があいたままになっています。部品注文してあるので、後日フタをします。




スポンサーサイト