FC2ブログ

今日も薪関連



本日はこの野積み薪棚に屋根をかけます。いずれ正式な(?)薪棚に取り込んで本積みするのですが、今年は諸事情にて夏過ぎまで出来そうも無いので、2基ある野積み雨ざらし棚のうち1基だけ仮の屋根をかけるのであります。
アングル製なので細工はしやすいです。
昨年11月15日の記事(過去記事リンク)で組み立てたヤツであります。
160501-01




横桟を取り付ける金具(アングルを切って穴をあけただけ)を既存のM8ネジ穴に取り付けます。
160501-02
薪棚の側面受けを引っ張っているフラットバーの取り付いているM8ネジ穴に取り付けるので一旦ボルトをはずすので、1980円の手動ウインチで引っ張っておきます。




前側の横桟は15mmの貫板をかませて2x4材を横使いで、
160501-05




後側の横桟は2x4材を縦使いで高くし、
160501-06




少しですが勾配はつきました。
160501-03




きのう解体した薪小屋の廃材である波板がちょうど使えました、完了です。
160501-11
秋には撤収しなければならないので短い命です。







ふと見たら裏の薪小屋の屋根の破風部分が目に入りました。2年前に大幅リフォームしたまま破風板も水切りもつけてなかった事を思い出しました。きのう腐った小屋を解体したばかりなので木部の腐れが気になりチェックしました。まだまだ大丈夫ではありましたが、この機会にカバーを付けることにしました、
160501-10




その辺に落ちていたブリキをハサミで切り、
160501-07




アングル2本ではさんでクランプし、手で曲げます。
160501-08




水切り板の作製完了です。
160501-09




破風の水切り板取り付け完了です。
160501-14
コーキング剤で釘頭をフタしておきました。侵水防止です。








またまたふと見たら家の雨樋が痛んでました。
雨樋が傾いて集水器がはずれています。たぶん雪で傷んだのでしょう。雨樋をしばっていた銅線もとっくに朽ちてなくなっています。
160501-12




雨樋をステンレス針金でしばり、集水器も定位置に整えました。
160501-13



家が古いので外にいると仕事が増えていきます。






スポンサーサイト