ダメな薪小屋




冬が終わってもまだまだ薪いじりは続きます。
まず、来シーズンに焚く薪をストーブに近い裏の小屋に移して最終乾燥です。
普通はこんなことをしないのでしょうが、諸事情にて私はこの面倒な事をしています。

来シーズンに焚く薪は2013シーズンの薪が当番なので、写真中央奥の仮設薪小屋から裏の小屋に薪を移します。
160430-01




仮設薪小屋、傾いています。
この小屋は2009年に授かった薪が多すぎたので急遽間伐材などを使ってテキトーに建てた、あくまでも仮設薪小屋で、もって数年のつもりでした。予想通り数年で朽ち始めました。
160430-02
土台は地面に直接置いてあるので一応バーナーで焼きはしましたが気休め程度の効果でしょう。




標題のダメな薪小屋を説明させて頂きます。
まず屋根垂木からの波板の出が短く水切りがついていません。雨が降ると屋根垂木にかかった雨水は屋根垂木を伝って薪小屋の中へ落ちます。建てた時に気づきましたが、水切り取り付けを「そのうちやろう、いつかやろう」でやらずに数年がたちました。
160430-11




そして屋根垂木の一番低い所まで伝っていった雨水はそこに長時間滞り木口が腐っています。こちらの波板の出も短いです。通路なので危険なので波板の出を控えました。
160430-13




緑色をしていて見るからに湿ってそうな感じです。これは軒が浅すぎることが原因だと思います。しかも反対側の薪小屋の屋根の水が直接はかからなくてもいくらか湿らせそうな位置にあります。
160430-03




中の薪の前列の下部にはカビかキノコが生えています。
160430-04
160430-07




そして薪どうしがくっついています。
160430-06




薪を受ける部材(この場合何と呼ぶのでしょうか、大引?根太?)が腐って座屈しています。
160430-08




しかもシロアリが入っています。これは地面に接した土台の中から伝って来たものでしょう。薪も3本ほどシロアリにやられていました。その3本は日干しにしてやりました。
160430-09




薪小屋って難しいです。今までいくつも薪棚や薪小屋を作ってきましたがなかなか満足な物は出来ません。
スペースさえあれば十分に深い軒をつければほぼ間違いないと思います。もしそれが無理なら仮に雨が当たっても滞らない構造・形状にした方が良いと思います。




余談ですが忘れもしないこの樹皮、血のしみ出したような痕、薄気味悪い木でした。しかもこの木を伐って大かぶれしました。ハゼノキやウルシではありません、あいつです。
160430-05




薪移動完了、薪小屋は空っぽになりました。あとは解体です。
160430-15




裏の小屋の方、まだまだここへ薪をぎっしり詰め込みます。
160430-10




そして仮設薪小屋の解体を完了しました。
160430-16




新緑がまぶしい季節になりました。
草も容赦なく伸びてきます。
160430-14



スポンサーサイト

台所の水栓金具 - 水漏れ発生




薪棚の脇に芽生えていた、春からずっと紅いモミジ(カエデ)であります。品種名は知りません。
ノムラモミジかもしれません。
160423-02
隣のおじさんの木から種が飛んで来てはよく生えてくるのですが、大きくなったためしはありません。草といっしょに刈られてしまうのでしょう。




すでに季節はシイタケの時期を過ぎてはいますが少しだけ上がっていました。
これは日本農林菌種すその620で、変な形のシイタケばかり出ます。1年たたないうちに上がり始める品種なのですが、この形ではちょっと ...  と言った感じですね。
以前に使っていたすその360の方がいい形です。
160423-08




本題です。
おととい台所の水栓金具からの水漏れがひどくなり一刻の猶予もならぬッ!との妻からの命で、夜勤明けの眠い目をこすりながらの水道屋でありました。




水漏れはセパレート型混合水栓(吐水管及び湯と水のコックが別々になったタイプ)の吐水管からでありました。吐水管は象のお鼻のようになっていて360°回転します。その可動部から水漏れしないようにゴム製のOリングをかませてあり、劣化で徐々にジワジワ来てはいましたが突然ひどくなりました。なにせ16年以上前に台所をリフォームした時からなので。




まずシンクキャビネットにもぐって湯と水の給水管を取り外してから、奥まった所にあるナットを
160423-03
狭くてレンチは回せないので専用工具(アングルを溶接)を使ってゆるめます。
160423-07




ここから漏れるんであります。始終右へやったり左へやったりする訳ですからゴムも傷むでしょう。
160423-04




この奥にOリングがあり
160423-05




KOHLER社(アメリカ)から取り寄せてもらった専用Oリングです。
160423-01
何の変哲もないOリングで、たぶん日本にも合うのがあるとは思いますが。




この部分が前回は取り外せたのですが、
160423-10
今回はどうにもゆるまないのです。
途方に暮れた私はKOHLER社正規ディーラーに電話を掛けてたずねましたが、担当者さんも「固着した物は我々でもどうにもなりません」とのことでした。よくあるそうです。前回の時にグリスでも塗っておくべきでした、後の祭りです。




でも応急的な処置であっても何かをしないと非常に困るので、Oリングをはめて可動部の隙間に当てて見ました。
160423-06
小さめのOリングなのでかなり締め付けるので、もしかすると行けるかとかすかな期待をこめた私はアホでした。ホースの先をふさぐと水が遠くへ飛ぶのと同じ原理で、みごと遠くへ水が吹き出しました。
本来Oリングとは内径側も外径側も隣接する部品で拘束されて初めて機能する物であったはず、まったく自分の考えの幼稚さに呆れてしまいました。




残るはコレ、ギリギリ巻きの刑しかありません。
160423-09
おそろしく単純な発想です。先にシールテープ(配管用の漏れ止めテープ)を巻いてからビニールテープを巻きました。
首を振ってくれなくなったのは言わなくてもおわかりでしょうが、水漏れは完全に止まりました。




半日以上を水道に費やしてしまって、別の作業に手をつけるモチベーションはもう私には残っていませんでした。
来シーズン焚く薪を裏の小屋に取り込まなければならないのに ...




首の回らなくなった蛇口をずっと放置する訳には行きません。
同じ物は高すぎて買えません。16年前はリフォーム代金に入れてあったしもっと安かったです。
安いアンティーク風水栓金具を物色して本日終了と相成りました。



余剰薪を一部放出



今シーズンもほぼ終了して、まだ朝晩焚く事はありますが薪の使用量を計算してみました。
シーズン初めにこの小屋に貯蔵してあった薪は約8坪でした。
薪の体積を言うのに 「坪」 は変なのですが、私にはこれが一番しっくり来ます。つまり積んだ正面の面積であります。
なので8坪の薪ということは1.8mx1.8mの薪棚が8基分と言う事であります。
で、残量とゲートボール場へいくらか持ってった分を引いて約6坪が今シーズンに使った量という事になります。近年少なめになってきました。一時は7坪は焚いていました。

余剰薪は昨シーズンより更に増えました。
約1.1坪ばかり放出します。’12の薪で、ほぼコナラ属で一部ヤマザクラなどです。
160416-01




という訳でこんな来客がありました。薪仲間のYossyくんであります。
今シーズンの薪狩りに一度も参加できず来シーズンに焚く薪がおぼつかないとのことなので。
160416-50




1973年製のまだ2代目オーナーだそうで、ファーストオーナーはカリフォルニアの方だったようです。
160416-06




後に3列積んで
160416-03




まん中にも積んで積み込み完了です。
160416-05




レトロなクルマと薪のある風景は相性抜群な気がするのは私だけでしょうか。
160416-04




サッパリしました。近々ここへ’13シーズンの薪を運び込みます。
160416-09
スイングパノラマの写真は柱がジグザグです。



余剰薪放出のあとは先週伐採したキンモクセイの伐根を抜根します。
160416-07




土中埋設配線の塩ビパイプがあるので要注意です。水道ではないので割れても吹き出しはしませんが。
160416-10




抜根完了、四方八方へ根を伸ばしていて苦労しましたです。
160416-08
伐採よりはるかに骨が折れます。




今年も蜂トラップを掛けました。
160416-11
もう既にアシナガバチがいっぱい飛び回っています。






軽作業 ~西のスロープ滑り止め、そしてキンモクセイ伐採




春になると何やらテンションが下がってのんびりしてしまいます。
それでも何かせねばならぬ、と西のスロープの滑り止め改善であります。

西のスロープの滑り止めのφ16異形棒鋼(鉄筋)過去記事リンクなんでありますが、こいつが恐ろしく歩き心地が悪い、こんな酷い歩き心地はあり得ません。昨年10月に施工してよく半年我慢しました。滑り止めのつもりが、異形棒鋼の上にのると滑るんであります。
160409-07
という訳で取り外しましたです。




そしてコイツ、ZN釘、無駄に一杯残っていて箱がパンパンで隙間からこぼれてくるので、使いまくってやりました。
160409-12
少し頭を出した状態で、打って打って打ちまくってやりました。
160409-14
位置のマーキングなどせずテキトーです。
160409-13
で、これは滑り止め効果良好、歩き心地もまあまあでありました。




次は、納屋増築予定エリアの支障木、キンモクセイを伐採します。
右2本であります。写真は縦パノラマなので少々ゆがんでます。
160409-11
せっかく大きくなってきて、秋には良い匂いの花を咲かせてくれるので、涙をのんでの伐採です。
樹齢13年ほどです。




まずは受け口を切って、
160409-15
[広告] VPS





伐倒完了です。
160409-18




伐根径は約80mmと110mmほどでした。
160409-16
160409-17




もうかなり水を上げています。葉枯らししたあと薪になって頂きます。
160409-19



本日の作業は以上で終了、午後は所用でありました。





裏庭にミツバアケビの花が一杯咲いております。
160409-05
160409-06




ジュンベリーも満開で、
160409-08
ジュンベリーの下にはおのれ生えの山椒が絡みついていて筍を待っております。
160409-09
この山椒は勝手に生えてきた ”おのれ生え” ですが、実も一杯なりますし重宝しております。




菜の花、白いダイコンの花は実がなるまで置いておき、その実をさやごと食べます。
160409-10




山ではタムシバが今年はすごく花付きが良いです。
160409-02
160409-01
160409-04



以上、大したことはしなかったので写真の数でごまかしましたです。




ひさびさの土いじり




薪狩りシーズンは終了、これからブログ記事に苦労するシーズンです。
まず今回は、久しぶりの土いじりです。




この春から納屋を東へ増築する予定なのでこのエリアの植物を移植しなければなりません。
160402-01
パンパスグラス、アジサイ、スイセン数株、おのれ生えのムスカリ、畑ワサビ、キンモクセイなどです。キンモクセイは1本をのこして伐採です。




パンパスグラス、これを掘り起こすのが一苦労なんであります。
160402-07
刈り払い機で低く刈っておいて、横からヒラクチでひたすら根を切ります。




アジサイ、もう既に新芽が大きくなってしまっています。本当はもっと早い時期にやるべきでした。
160402-08
切り詰めました。テキトーではありますが、一つ目の新芽だけは残すようにしました。
160402-10




これは納屋の西側エリア、台風で倒れたポプラの切り株です。既に枯れています。
160402-04
ヒラクチで掘り起こして撤去です。
160402-05




そこへ切り詰めたアジサイとパンパスグラスを移植しました。
160402-11




パンパスグラスの脇にはおのれ生えのムスカリが増えています。せっかく勝手に生えてきてくれたものなので、これも移植します。
160402-06




畑ワサビです。8年たっていますが余り増えてはいかないですね、一応移植です。
160402-09




自生のノビルは今夜のおかずとなります。
160402-13
味噌をつけて生で食します。




芝生の中におのれ生えしたバルボコジウムは草と落ち葉とモクレンの花ガラにまみれて咲いております。年々増えて行っています。
160402-03
これも移植したいのですが、花が終わってからにします。




宿根アサガオの蔓は冬の間放置で、ゾンビのようです。薪狩りシーズンに入った頃はまだ青々としていたのでそのままシーズンに突入し、忙しさにかまけてこの納屋周囲エリアは完全放置でした。
160402-02
芝生の雑草は刈り払い機で刈って、刈れない所は手でむしります。これを繰り返していればそのうち芝生が伸びてくるので気にならなくなります。




ニャンコは草が大好きです。
160402-12




スイセンもデッキの前のエリアに移植しましたです。
160402-15
160402-14
ローズマリーも剪定してさっぱりさせました。
あと、ここへレンギョウとユキヤナギを植える予定になっております。思いつきの植物を思いつきの場所へ植えて行っているので節操のない見映えになっていくと思います。