枯れコナラ伐倒



本日の現場はこの奥です。
160131-02
メンバーは私とオイラと僕の、つまり、あの、ボッチです。




先週の現場の
160131-04
雪は消えました。




さらに奥へと進みます。
160131-03
やや長い距離の一輪車搬出となります。




昨夏に枯死したコナラです。クヌギだとばかり思っていたらどうもちがう感じ、よく見たらコナラでした。
160131-01
この木の下にはクヌギの葉もコナラの葉もクリのイガも落ちていてまぎらわしい、しかも樹皮はコナラにしてはクヌギっぽい。まあどちらでも似たようなモンですが。
例によってカシノナガキクイムシにやられました。こんなくらいなら昨シーズンに伐っておくべきでした。




伐る木は獣害防止柵の向こうなので
160131-05
手前の細い木々や柵を外して




見にくいですが、重心方向より右向きに受け口を切りました。重心方向そのままだと樹冠部が獣害防止柵を壊すので。
160131-06
フンボルトノッチ(逆さ受け口)です。切り屑が向こうに飛ぶので好きです。




[広告] VPS

枯れているので着地の瞬間に樹冠部の枝がバラバラになりました。



伐倒完了、樹冠部付近の柵も無事でした。
160131-07




40cmほどの細いコナラでした。まだ白太も大丈夫なようです。
先週のクヌギほどは白太の腐朽が進んではいませんでした。
160131-08




柴地獄です。
160131-09
枯れてなければ2cmの太さまでは採るのですが細枝は完全にボケているので山へ置き去りにするので楽なモンです。




あっさり玉切り完了。
160131-10




柵を外したついでにむこう側のシラカシやカキノキも伐らせて頂きました。
160131-11




全部は搬出しきれませんでした。あしたは仕事なので粘りはしません。
160131-12



スポンサーサイト

枯れクヌギ、起こし木伐採 失敗


本日の現場はここから入って行った川沿いの田んぼです。
160123-01
メンバーはN本くんとM森くんと私の3人です。




このクヌギを伐ります。
昨夏にカシナガにやられて枯れてしまった木です。
160123-02
田んぼにはまだ雪が一杯です。




ハシゴを掛けてせいいっぱいの高さまで棒でロープの輪っかを押し上げて動滑車で、
160123-03




ロープをつないで、片方は軽トラ(ブロックでタイヤを固定)にアンカー、もう一方をハイエースで引きます。
160123-05
かなり川の方に傾いていますが向こうに獣害防止の柵があるので手前に倒したいのであります。
強度の起こし木伐採ではないでしょうか。かなり無理があります。




プルラインにテンションをかけた状態でオープンフェイス気味に受け口を切って、
芯切りを追い側に貫通させてそこからツルを仕上げて、ここでチェンソーが一旦噛まれました。
160123-04
ハイエースで更に引いてチェンソーを救出し、手鋸で追いヅルを切って、




[広告] VPS

[広告] VPS

このあと再度ロープをつないで引いてもまた破断、そしてまた別のロープで引いたら今度はハイエースのタイヤが滑ってダメでした。
雪がなかったら引けたのかどうかもあやしい、完敗です。




で、結局手前に倒すのをあきらめて獣害防止柵(ワイヤメッシュ)をはずして川へ伐倒しました。
160123-06




白太は腐朽が進んでいて、太さ20cmより細い部分は川に放置です。
160123-07




獣害防止の柵を元通りにもどし、
160123-08
あとは割って3人が分けて搬出しました。




腐朽が進んだ白太(左側の山)とまだカンカンの赤身(右側の山)を割り分けました。
160123-10




赤身はまだまだカンカンです。コナラの赤身に比べてクヌギの赤身は赤が濃いです。
160123-11




白太は腐朽が進んでやや軽いです。
160123-12




赤身は野積みの仲間に入れて白太は別に扱います。白太は腐朽が進んではいても赤身が少しはついて行ってるし、まだまだ薪に十分使えますが、早急に乾燥させないと腐朽が進みます。ゲートボール場行きになると思います。
160123-20




大コナラの現場~納め


昨年の10月末から手をつけた大コナラの現場、そろそろ終わりにしないと他の現場があるので少々あせりぎみです。
今日は柴焼きと大玉薪割り (ほとんどひねくれ玉にてチェンソー縦切り) であります。
160116-01
本日はシャリーさんとN本くんと私の3人が参加です。




まずは柴を焼いて、火にあたってしゃべります。
160116-03
薪ストーブの火も良いですが、やはり焚き火のが上ですね。
って、のんきなことを言っている場合ではなく、薪割りです。




まだこれだけの玉を薪にしなければなりません。
160116-02
斧で割れる素直な玉は少ないです。丸く見えていてもどこかに太い枝の付け根があります。



マジック斧で割れる玉は割って、割れないのは迷わずチェンソーで切って切って切りまくりました。
建築廃材のような角張った薪がいっぱい出来ました。
160116-04
シャリーさんの薪棚事情が急変し、借りていた畑を急遽返すこととなったそうで、薪置き場がないので持ち帰れないとのこと、気の毒なことであります。
別の場所を借りる話しを進める訳ではありますが、ともかく本日は持ち帰れないのでこの薪はすべてN本くんが引き取ります。




N本くんのキャラバン、窓の下までギッシリ詰めました。
160116-06




2ヶ月半に渡ってお世話になった現場、片付きましたです。
160116-05
山の神様お世話になりありがとうございました。
地主さんありがとうございました。




1月17日朝
柴焼きした跡が気になったので見に行って来ました。
昨日の帰りに軽く土をかけていったのですが、まだぬくもりがあり、少し掘ると煙が出て来ました。
160117-01


薪狩り クヌギの巨大なひねくれ玉




本日の薪狩りはボッチです。なかなか仲間との都合って合わないものですね。
現場はここ、12/26に仲間と伐った大クヌギの未搬出の玉を切って薪にしてから搬出します。
160109-01
曲がりくねったクヌギだったので素直な玉はほとんどありません。こんなクヌギは見た事がありません。クヌギは普通コナラより主幹がスーっと伸びていることが多いのですが、このクヌギは下の方からクネってました。




なので巨大なおにぎりや
160109-02




巨大な急須があります。
160109-03
まず割れません。コーン!っという固い音が返ってくるだけです。なので割る気など初めからありません。




でかいチェンソーで切って切って切りまくって薪の山をひと山こしらえて、
残った玉、あちこちに散らかっているのを寄せてきました。これがまた重いのでシンドイのであります。
160109-04
これは仲間の分です。




まだ未搬出がこれだけありますが、本日は半日で切り上げました。
160109-05
もう一本のクヌギは前回のよりは小さいですが、強烈にむこう側に傾いています。起こし木伐採です。




午後は野積み棚を組み立てて、と言っても1基目のアングル製のをもう一基作る予定が暇が無くなったので今シーズンもφ16異形棒鋼です。今回は筋交いもつけて結構頑丈です。
160109-06
直線的な薪が積み上げられました。平面なので滑って崩れそうです。



コロ薪、徐々にたまってきました。
160109-07





コナラ解体~その2 のちハゼノキ伐採




昨日に引き続いてコナラの解体です。
昨日はこの時点でチェンソーが切れなくなって帰りました(用事があってタイムアウトでした)。
160104-06




今日は朝からチェンソーMS390(63cmバー)の研磨をしてからやって来ました。
研磨したては良く切れ、あっという間に玉切り完了でした。
手前の網パレのなかの木もある程度形を整え、変なやつはコロに切って、網パレをたたんで元の位置へ戻しました。
160105-01
あとは仲間が搬出に来るだけです。




次はハゼノキ伐採です。これはFacebook友達のT田さん行きです。
          160105-02




掛かり木承知で伐りましたがやはり掛かりました。
元口付近をプラロックで引き、まん中くらいにもロープをかけて車で引きました。
          160105-03




なんとか着地寸前まで行ったので元玉落としです。
160105-04




そして1.8mが4本できました。
160105-05
ところが一人ではころがすのがやっとで、車まで移動できませんでした。せっかく車が田んぼに入れられるのに残念、放置です。次に誰かがいる時に手伝ってもらうことにしましょう。




この現場も今シーズンは終盤に近付いて来ました。
160105-06
来シーズンはまた別の木を伐る予定をしています。








田んぼに入れた ~ コナラ解体




本日はこの現場です。やっと田んぼに入れました。
12/31夕方から時々しぐれてたのですが、昨日の晴れと高い気温でなんとか地面が固くなりました。
160102-03




12/23に元口から4玉切ってこちらに落とした(写真中央やや下)のを割って搬出します。
151223-18
でかい(直径65~70cm)ので重くて、割らないと車に乗せらないからです。




チェンソー突っ込み切りでクサビ用の口を切ってクサビを差し玄翁と大ハンマー(4.5kg)で叩きまくります。
160104-01
地面が柔らかくしかも不整地ではクサビが楽です。




4玉を割ったあとは、元口からさらに2玉切って12/23の時と同様にプラロックで引いてはゆさぶって上げ、先端からも1玉切り落としました。
160104-03
そして更に手前の太い枝も切り落として転げやすくしました。




プラロックで引いて少し向きを変え
160104-02




ハイエースで引いて落とします。引くと回転力が加わって、いとも簡単に転げ落ちます。
160104-04




無事転げ落ちてくれました。
160104-05




そして玉切り、ですが地面での玉切りはソーチェーンを傷めてしまうリスクが強烈に高く、いくら気をつけていてもやってしまうときはやってしまうもので、しかもでかく長いソーチェーンなので研磨もシンドイし、買うにも2本分  . . .
160104-06
という訳で、やっちまったものはしかたがない。上から切って行って一番下の樹皮1枚分でやめたつもりが地球を切ってしまったのですね。
切れなくなったので本日は終了です。




最初の写真です   最初から比べるとずいぶん小振りになりました。
151223-08



新年のごあいさつ ~1月2日薪狩り始め

あけましておめでとうございます。

世界が平和でありますように。

災害が起きませんように。

今、避難所等で不自由している方々が早く復旧されますように。

飢餓で苦しんでおられる国の人々が早く良くなりますように。

今年も薪がいっぱい授かりますように。



ただいま過去の動画がすべて見れなくなっています。

何故だかわかりません。問い合わせ中です。




     1月2日   ~薪狩り始め~

1月2日ともなると、うちの場合はもう誰も来ません=暇です。というか忙しい、山に残した物が気になって心が忙しいんであります。
で、薪狩りです。さすがにお正月で静かな山里にチェンソーを唸らせるのは気が引けるので、谷に玉切りしたまま未搬出のコナラを静かに背負子搬出して来ました。

少なく見えていますが、13回ありました。
160102-02




谷からここまで50m、ここから田んぼの進入口に停めたハイエースまで50mであります。
160102-04




背負い子は一旦背負ってしまえば意外と楽です。
背負う時が一番きつく、工夫しました。これだと楽に立ち上がれました。といっても背負子搬出は今日で完了です。
160102-01




半日で完了でしたが、達成感は1日分くらいあります。
まだ大玉がいくつも ・・・   なんとかせねば ・・・
160102-03