アカマツ伐採 陶芸家さん引き取り



本日はアカマツの伐採であります。地主さんに伐採を依頼されて引き受けたもののアカマツは薪ストーブ焚きも欲しがらないので引き取り手探しが難航していましたが、陶芸家さんにめでたく引き取って頂く事となりました。
作業はFacebook友達のK岡さんが手伝いに来てくれました。
          151228-01




伐根あたりでの太さは55cm程度だと思いますが、結構樹高はあります。
151228-02




気になるのはやや枯れ気味なことです。マツノザイセンチュウが原因でしょう。こいつは体長1mm程度の線虫なのだそうですが、増えてくると水の通りを阻害されて枯れるそうです。こいつにやられたアカマツは陶芸の薪に使っても火力が出ないそうです。
151228-03




で伐倒です。4mのハシゴに登って更に4.6mのマストで押し上げて、かなり高くにプルラインをセット出来ました。
そして上方の木からローププラーをセットしてK岡さんに漕いで頂きました。
[広告] VPS
私、ろれつが回っておりませんですね、酔っ払っている訳ではありませんヨ。




受け口角度を小さめにとったのですが、つながったままでした。山側に倒したので伐倒角が浅かったからでしょう。本当はちぎれて飛んでほしかったのですが。
151228-04




50cmの玉切りが23個と腕くらいの枝で2tonダンプにすりきり一杯くらいでした。
樹高は13m程度だったということでしょう。
151228-05
材も切った感じではスカスカではなくシットリしていてアカマツ特有の芳香もありました。




スポンサーサイト

薪狩り 枯死寸前の大クヌギ伐採




本日から長期連休にて、薪狩りであります。
今回の仲間は、シャリーさん ・ H頭くん ・ M森くん ・ N本くんと私の5人です。



写真中央の2本のクヌギのうち、左の木はこの夏に枯れました。カシノナガキクイムシの粉が一杯ついてました。
右の木は枝1本のみが枯れてはいたもののまだ冬芽がついていました。今日はその右側のクヌギの伐採であります。
151226-01
まずは木に登って高い所の枝にロープ3本をつけ、ハイエースと軽トラ2台につなぎます。
重心としては伐倒の反対方向のようにも見え、樹冠部の枝で手前に挽回しているようにも見えます。




オープンフェイス気味に受け口を切り、芯切りをして追い側に貫通させて、次は横に回ってその切り口からバーを突っ込んでツルを仕上げて追い口を切りました。
151226-02
[広告] VPS

151226-04




伐根の直径は69cmでした。
151226-03
最近私はほとんどの場合、会合線と追い切りの高さを合わせています。特に今回のような幹が傾斜した木を伐る場合は追い口を高くするとツルの強度が不足してしまうことがある、とのことです。木の繊維方向との兼ね合いです。




そして、ひたすら玉切りです、太い部分は私の担当のようです。
151226-05
玉切ったは良いがでんぐり返すのもかなりキツイです。そして、割らなければ車に積めないのですが、これが割れない。
異常に固い、はね返されます。地面の柔らかい所で割っていたのでよけいに割れません。で、結局チェンソーで半径以上切ってから割りました。
まだ太いのはほとんど残してあります。また来年ですかね。




枝切りも終わり柴は1ヶ所に集めて
151226-06
151226-07
終了であります。




でかいコブがついていました。M森くんの友人のNさんに進呈です。コブマニアとのことです。
151226-20
どうしてコブが出来るかは勉強不足でわかりません。



山の神様のお告げ



本日は所用にて有給を取りましたが昼まで空いているので山へ来ました。
夜勤明けにて3時間しか寝てないのですが山の神様からお告げがあったので、どうしてもそれを試したくなったんであります。
151223-01




11/29に伐倒したままになっているコナラの解体であります。
151223-02
ほぼ中央で接地、元口は伐根に引っかかっております。
151223-03
接触部分を手鋸で切ってみたら伐木が下がって噛まれそうになったのでので、やはり伐木の重みが伐根にかかっています。この状態で元口から玉切りするのは危険です。




田んぼはまだこんな感じで、車が入れないので車で引くことが出来ません。
151223-19




で、山の神様がお告げ下さったのは田べりに地主さんが持ち込んだこれ、メッシュバスケットであります。
会社で製品を入れるのによく使っているので組み立て方も知っています。
151223-04




そして現場にはまだ玉切りやヤマザクラの(牽引伐倒のアンカーに使った)切り株があります。
151223-05
151223-06




メッシュバスケットを組立てて玉切りを入れ、
151223-07
伐木の首っ玉にロープをかけ、手漕ぎウィンチでテンションをかけました。
そして元口の当たっている伐根を手鋸で切ってみたら、完全に隙間ができました。もう伐根に重みはかかってないということです。これで安心して玉切りが出来ます。



 
元口の一番玉を突っ込み切りで上下だけ残して切れ目を入れ、ベルト荷締め機/シャックル/ローププラーで丸太の先からテンションをかけ、
151223-08




コイツの出番です。 手鋸 「Silky Sugoi」です。最後はチェンソーではなく手鋸が安全です。
151223-09




上下のツルを切り離して
151223-10
でんぐり返して
151223-11
151223-12
ひたすらローププラーを漕いではゆさぶって上げました。
151223-13
伐根径は70cmでしたから、それを40cmに玉切ると体積約154L、重さは水よりは軽いですが乾燥後0.8くらいなので生だと0.9はあると思います。すると1ヶの重量は139kgとなります。直径60cmでも100kgくらいですね。
これを4回くりかえして元口から4ヶの玉切りを引き上げました。
本当はベルト荷締め機は玉掛けに使ってはいけないのですが、スリングではゆるんで玉切りが外れて谷底行きになりそうなので。
このベルト荷締め機は使用荷重200kg/破断荷重1000kgとのことで大丈夫だと判断しました。




丸太は少し短くなりました。
151223-17




次は、伐倒時に使って伐木の下敷きになったプルライン/ホールディングラインの2本のロープの救出です。
151223-14




もう丸太はずり落ちる心配は無いので丸太のズレ止めになっていた枝を切り離して、
151223-15




25日ぶりに無事ロープを救出しました。
151223-16
左は20mのKPロープ、右は30mのナイロンロープです。




搬出はせずに現場をあとにしました。
151223-18










薪狩り 2日連続玉切り搬出




12月18日の薪狩り

本日有給にてボッチ薪狩りであります。
仙ヶ岳が望める美しい景色の田べりの現場ですが、仙ヶ岳は少々ガスっていて、中腹からは雪が積もったようです。
151219-02




前回に伐倒したコナラの樹冠部がまだ解体完了してません。田の上にある分だけでも片付けて柴だけにします。
151219-01




半日かかって田の上の部分だけは柴だけになりましたが、この写真では見えてない主幹部分がそっくり残っています。
151219-03
薪狩りは午前中で終了です。




午後は別の現場でT田製材のT田さんにハゼノキとカラスザンショウを引き取って頂く為の伐倒作業です。
ハゼノキ/カラスザンショウともに斜めに立った樹で、田への進入路をはさんで反対側の獣害防止柵をよけての横向きの伐倒であります。
ハゼノキは、まあ無事に横向きに倒れてくれました。元口で23cmほどでした。1.8mの玉を4~5本引き取って頂きました。
写真を撮るのを忘れてました。

で、次はカラスザンショウです。
ハシゴを掛けて精一杯の高さでロープを2本掛けました。1本はプルラインで、軽トラで引き倒す為のロープです。もう1本はホールディングラインで、伐木が重心方向(写真では左側)に倒れないように(柵をこわさないように)する為に斜面上側(写真では右側)から引っ張っておく為のロープです。
151219-04
結論から申し上げますと、失敗です。伐木の樹冠部の枝先が獣害の柵(コンクリート用のワイヤメッシュ)に当たって変形させてしまいました。
[広告] VPS

原因はホールディングラインが伸びてしまった事です。対象木より向こうにつなぐか、ローププラーなどでしっかりテンションをかけておくべきでした。面倒がって普通に手で結んだだけだったのでテンションは全くかかってませんでした。軽トラで牽引開始後にツルが破断されると樹の重みがまともにかかってホールディングラインがかなり伸びてます。
やはり手抜きはダメでした、反省です。
柵の方は軽く直して支障のないまでにはなりました。後日もっと丁寧に直します。




12月19日の薪狩り

本日の薪狩りはシャリーさん/N本くん参加で、前回に伐倒したコナラとタブノキの解体です。
コナラは元口で55cm、タブノキの元口は変な形をしていて長径75cm短径50cmくらいでしょうか。
151219-05




まずはコナラ、地面についてないうちに突っ込み切りで上下をいくらか残して切っていきます。
151219-06
151219-07
チェンソーは63cmバーです。




あとは切れ目に樹脂クサビを打ちながら切り離していきます。残した部分が下になってしまったので、下に隙間のある所から切り離しては動かして切りました。何しろ重いので動かすのは2~3玉つなぎのがやっとです。
151219-08




バラバラになった玉はマジック斧で半分に割ってシャリーさんがこの赤い戦車で搬出してくれました。
151121-01
この赤い戦車の威力や絶大です、搬出がかなり楽になりました。




次はタブノキです。こんどは下に枝などを敷く+樹脂クサビ打ちで1ヶずつ順番に切り離していきました。
151219-09




解体完了です。
151219-10
しかし、このタブノキが比重の割に割るのがキツイです。コナラは比重が高くても割りやすく今回の50cm級の玉でもまん中から割れましたが、このタブノキはそれができず玉の半分までチェンソーで切ってからやっと割れました。




私の頂戴した分はこれです。左はコナラで右はタブノキです。まだ現場にはタブノキが残っています。
151219-15
タブノキは割りました。




薪狩り タブノキとコナラ



本日は薪狩りです。雲が多いですね。紅葉(黄葉)は進んでいます。
151213-01
本日のメンバーはM森くん、N本くん、私の3人と、午後からH頭くんの奥さんが参加でした。
H頭くんの奥さんは朝から山には来ていたのですが今日の現場がわからず、昼まで前回の現場で搬出作業(手運び数十メートル)をやっていたとのことでした。



 
赤い矢印のタブノキと黄色い矢印のコナラを伐らせて頂きます。
151213-14




まずはタブノキ、手前のチェンソーは63cmバーです。でかい樹です。
151213-02




受け口を切って、
151213-03




芯切りをしてむこう側に貫通させ、そこから追いヅルを切りました。
151213-04
[広告] VPS





タブノキ、倒れました。
151213-12




タブノキの樹冠部です。葉っぱボウボウです。
151213-06




次はコナラ、受け口はオープンフェイス気味で伐りました。
151213-08




タブノキの主幹を横たわらせたまま、その上へコナラを寝かせようという魂胆です。
地主さんがシイタケ原木を採るので、コナラが着地した時に枝を傷めないようにです。
追い口を切って、
151213-09




ロープで引きます。151213-07

が、しかし  ・ ・ ・
[広告] VPS

軽トラ、呼び名の通り軽すぎます。3人が荷台に乗ってもやっぱりタイヤが滑るだけでした。




で、しかたなくハイエースを連れてきて(進入路が狭いのでなるべく入れないようにしているのですが)
重量の差でしょう、結構あっさり引けましたです。
[広告] VPS





コナラ伐根、なんか臭いです。まだ枯れてはないのですが腐った匂いです。
151213-11
コナラ伐根径、55cmほどです。
151213-10




あとは地主さん用のシイタケ原木を30本ほど採り、ひたすら枝を切りまくって搬出、主幹部分まで手が及ばず巨体2本を残して終了でした。この2本を伐倒した時点で私は燃え尽きました。
枝はいっぱい切ったものの持ち帰る気力が湧きませんでした。明日は会社だし、帰っておろすことを考えると 「また今度でええか」 でした。


ボッチ薪狩り 谷で玉切り


本日は有給にてボッチ薪狩り、この現場です。
といっても先日仲間と伐ったコナラ本体には手をつけず、11/3に枝下ろししたのがむこう側の谷の斜面に残っているので玉切り・搬出です。
151204-05




現場へ着いて早々、手痛い洗礼を受けました。おとといから結構降った雨で田んぼはかなりゆるくなっていました。
151204-01
ブロックを2つ縦に並べて、前のブロックに乗り上げたら後のを取って前に移しを繰り返して水分の少ない西の方へ車を進めました。




付いたからには車など放って置いて作業です。谷に太い枝が3~4本残っていたのを玉切りです。
151204-02
151204-03




約3時間切って切って切りまくり薪を山に盛って、
151204-04




本日の搬出分は丸太1ヶとコンテナ1杯です。だいぶ控えめにしておきました。
四駆がスタックした場合に荷室に重い物をのせた方が良いのかそうでないのかを知りません。
151204-07




さてココを何とかして脱出しなければ帰れません。
151204-06
前回はシャリーさんが二駆のダンプで高速バック+急旋回で進入路に車をのせました。
今回は私が田んぼの端っこから高速前進(といってもタイヤが高速空回りしているだけで車は止まりそう)で何とか進入路へのせることが出来ました。




帰ってからは、ここ何回分か採って来て放りっぱなしだったこれらを割って積みました。
151204-08




コナラは野積み棚へ
151204-10




ヤマザクラは昨シーズンの薪の上に積みました。ビニールシートで区切りました。
151204-13




コロ薪小屋は今週で完食しましたです。
151204-09




モクレンの葉っぱはほとんど落ちました。
151204-11




ポプラもだいぶ落葉が進みました。
151204-12



やがて本格的な冬です。
わが家の薪ストーブは既に終夜運転です。