薪狩り 大コナラ起こし木伐採



本日の薪狩りはここです。黄色い矢印のコナラを伐らせて頂きます。
メンバーはシャリーさん、N本くん、H頭くんの奥さん、Facebook友達のK岡さん、私の5人であります。
151129-01
この木は見えている山の上から約2mほど下がった所から生えていて、画面に向かって右側に傾いてかつ、谷の方に傾いています。起こし木伐採です。




先日の雨で田んぼはぬかるんでいてシャリーさんの二駆のダンプがスタックしてしまいました。
151129-02




木に登って正面の枝がプルラインの邪魔になるので2本切り落とし、ロープと滑車を取り付けました。
151129-04
1本のロープはホールディングラインで先日伐ったヤマザクラの切り株に1980円の手動ウィンチを台付けしてテンションを掛け、もう1本はプルライン、枝からスタートしてヤマザクラに取り付けた滑車を介して枝に戻し、また動滑車を介して少し離れたヒノキに台付けしたチルホール(T-7)で引きます。
151129-03




受け口はオープンフェイスノッチ、会合線は水平ではなく幹の傾きにあわせてあります。
151129-05




[広告] VPS

右に傾いた木なのでツルが破断した後に時計回りに回ると思ったのですが、回らないでくれました。




無事伐倒完了です。伐倒方向も狙い通りでした、めでたしめでたし。
151129-06




樹冠部は葉っぱがいっぱい、少し黄葉しています。
151129-09




伐根径は70cmでした。メジャーの先端が出ているように見えますが、角度の加減でそのように見えるだけです、ズルしてませんです。
151129-08
樹高は17mでした。




63cmバーでも反対側に届かなかったので追い口の仕上げが美しくないです。
151129-07
斜面なので足場が悪かったからです(言い訳)。




夕方には樹冠部の枝はほぼ解体完了です。
151129-11




主幹部分は残ってしまいました、解体はまた次回です。
151129-10




本日搬出分はこれだけ、私が一番欲張ってしまったようです、反省。
151129-12









スポンサーサイト

薪狩り 細いコナラ、ヤマボウシ、ヤブツバキ、ニセアカシア



昨日に引き続いて本日も薪狩り、本日はこの現場です。
151121-04
本日の相棒は、私の薪友歴8シーズン目のシャリーさん、薪友歴6シーズン目のH頭くんです。




シャリーさんが戦車を買いました。
151121-01
コンテナ4つ載ります。かなりの急斜面を登ります。私の一輪クローラーよりかなり本格的です。



で、木を伐る方は、、、
151121-02
まずH頭くんが細めのコナラを伐ってます。




根張りでも40cmそこそこのひょろ長い木でした。
151121-03




次はタブノキ巨木の脇に生えている20cm強の雑木、今まで伐ったことのない木でした。
151121-05

シャリーさん伐っております
151121-06


切った感触は、割りとずっしり感があって材はツバキに似た感じ。
151121-08
樹皮はきめ細かくこれといった特徴はない。
151121-09
葉っぱは大きい、今の時点では落葉してないが、常緑っぽくはない。
151121-07
黒く尖った冬芽。
151121-10
webの図鑑で調べたら、ヤマボウシらしいということがわかりました。ヤマボウシなら比重はヤブツバキより上、しかし割った感じは意外とサクい。




そしてニセアカシア、かなり傾いています。まだ昨シーズンは生きていたような記憶があるのですが、既に樹皮が剥がれ始めていて枯れている様子。樹皮はコナラに似ています。
151121-11
かなりの樹高があり、既に掛かり木状態です。
枯れていてもいなくても伐らなければならないので、
151121-12
フンボルトノッチ(逆さ受け口)です。その必要性は思いつきませんが、切りやすいので好きです。
傾斜がきついので裂けるとイヤなので追いヅル切り、受け口の会合線と高さを揃えてます。最近この伐り方が好きなんであります。段差を付ける理由も見当たりません。
151121-13
当然のことながら、というか初めから掛かり木になっていたのを伐ったわけですから掛かってます。ダルマ落としです。
昨日から掛かり木処理・ダルマ落としばかりしている気がします。本日のダルマ落としは簡単でした。
ニセアカシアなので、先へ行くほどトゲトゲでてこづりました。

このほか細いヤブツバキを何本かと細いタブノキを伐りました。
シャリーさんの戦車、大活躍でありました。かなりの急斜面も登ります。







掛かり木処理~玉切り・搬出

本日、有給休暇にてココです。
151120-09
大コナラの現場です。田んぼの西です。




雨はけっこう降りましたが、なんとか田んぼに乗り入れることができました。部分的には水たまりがありますが、いくらか勾配があり水がついてない所もあるのでOK。
151120-01
意外と地面が固いです。




11/3に枝下ろしした極太の枝が谷の途中でヒノキに掛かり木になってしまっているので、掛かり木処理~玉切り・搬出です。
151120-02
151120-03
掛かり木処理、ダルマ落としします。40cmx2玉分で切れ目を入れて(完全に切らず少しだけ残し)、切れ目の上にロープを掛けてローププラー(プラロック)で引きます。




151120-04
ロープに引っ張られて切れ目の所で折れて下の2玉分の丸太は皮でつながったままです。谷底へは落ちていかないので助かります。ダルマ落としと言うよりヒザカックンですね。これを3~4回繰り返して、
151120-06
この枝先が長くて、それがほとんど崖の上(ヒノキのむこうは崖)に出てしまいました。これをまたローププラーで引くのが骨でした。
で、なんとか親指サイズまで完食です。



Silkyズバット よく切れておすすめですヨ。
151120-10
手鋸で枝を裁いていた頃はよくありました。作業ズボンの腿もよく切りました。トップハンドル機を買ってからそれが皆無だったのですが、久しぶりに手鋸で切りました。まあ別に差し支えない部分なので、そのまま放置。




斜面にさかさまに寝ている枝もローププラーで引っ張って横にして、玉切り・搬出はまた今度です。
151120-08




本日、死にものぐるいで背負い子搬出しましたが、やはりこの程度です。
151120-11







野積み棚組立て~薪割り


昨日は雨降りで、薪狩りはお休みでした。

そして本日の薪狩り現場の田んぼは水びたしで車は入れず、
151115-14

シカの足跡もあります。
151115-13
シカの足跡はべつにかまわないですが。




コンテナ入りの薪も嵩んできたので、本日も山へは行かず野積み棚を組み立てました。
151115-01

上部の開き止めにフラットバーでつなぎました。たわんでいますが、薪を積んでいくと側面の受けが開いていくので、ツナギのフラットバーは張っていくはずです。
151115-06

先日のコナラを割って積みました。
151115-07

割れない所は迷わずチェンソーで切りました。
151115-05
家使用専用機に格下げになった15歳のSTIHL 018C、これで持っているチェンソー全部使ってしまいました。来春の分解掃除は4台です。
STIHL 018C、もうだいぶヨイヨイです。振動吸収のゴムブッシュもへたって外れそうだし、燃料は漏れるし、アイドリングが安定しません。家使用のこのチェンソーだけには植物性オイルを使っています。切り屑を畑に撒きます。


峠道は落ち葉がいっぱいです。
151115-10

シロモジの黄葉です。
151115-08
151115-09

ホウノキの葉が落ちていました、でかいです。モクレン科です。
151115-12
151115-11
でかいのを拾ってきて薪ストーブの上で味噌を焼いて食すと良いかもしれません。




そしてわが家では、美しくはないですがモクレンの葉っぱがいっぱい落ちて、秋らしくはあります。
151115-02

モクレンの黄葉は年寄りの肌のようです。
151115-03
151115-04
クモがいますが見つけられるでしょうか?




薪狩り コナラの引き上げ、ヤマザクラ

本日も薪狩り、N本くんと2名参加です。まだシーズン初めということもあってか、参加者少数です。

N本くんはヤマザクラの中径木、ヤブツバキ小径木の計4本を伐倒しました。
151107-01
151107-03




↓ 最後の1本はむこう側に傾いている起こし木伐採なので牽引伐倒です。なのでツルは厚め、受け口下切りと追い切りは同じ高さで(車で強引に引くので段差を付ける意味は無い)。
151107-07

[広告] VPS



そして私は、11/3に枝下ろししたコナラの引き上げです。
谷底に近い急斜面に太もも級の枝が7本落としてあるので、玉切って背負い子で担いで上げました。
151107-05
151107-04
151107-02
背負い子は、一旦担いでしまえば手持ち搬出よりははるかに楽なのですが、担ぐのが大変なんであります。なので斜面をスコップで削って棚を作り背負い子にもたれる恰好で担いでから立ち上がる方法をとりました。まあなんとかなりました。とはいえ、コンテナ1杯でもめちゃくちゃ重いです。コンテナにまず太もも級のを1ヶ入れてその隙間に細枝を詰めました。太いのだけだとゴロゴロ動いて不安定この上なしでした。





新兵器導入であります、スパイクブーツです。
151107-16
151107-15
この品、amazonのカスターレビューではあまり評判が良くなく、底がグニャグニャだとか歩きにくいとか書いてありましたが、そもそもゴム底にある程度の高さを持つスパイクが立っている訳ですから歩くたびにグニュグニュするのは当たり前、それをうまく操る足底の器用さは要求されて当然です。スパイクブーツは絶好調で、ザレっぽい斜面でも背負い子を背負って上がって来れました。ただ1箇所だけ地主さんが置いた鉄製ブリッジがあり、その上だけはなんとも違和感がありました。車の運転、コンクリートの面でも言うほど歩きにくくはなかったです。ゴロゴロ音がうるさくはありました。




そして1日かかってたったこれだけです。
151107-10
シイタケほだ木用に1mものを。
151107-09
まだ谷の斜面にかなり残っています。時間食いです。私が一人の時の楽しみにしておきます。



コナラ巨木の枝下ろし


前々回の現場のコナラ巨木の枝下ろしをしました。
谷の方へ傾いているので、伐倒時の偏心を緩和する為に、そして隣地のヒノキを巻き添えにしない為に、谷側の枝7本を木に登って切り落としました。
151103-02




伐るあたりの太さを測ってみました。
151103-03
直径70cm弱といったところです。63cmバーが届きません。




このコナラのすぐむこうは隣地で、隣地へ長く枝を伸ばしています。
151103-05
151103-04




切った枝はことごとく隣地の木などに引っかかりました。
151103-07




隣地のヒノキにもたれて立ってしまったのもあります。
151103-08




切った枝は赤矢印の7本です。
151103-10
151103-09




少しすっきりしました。
151103-13




枝の下から野登山が見えます。
151103-11
151103-12




手袋の中にカメムシが入っていて臭い目にあったことはありませんか?
私は何度もあります。風を通してカメムシを通さない、野菜をいれる網の袋に手袋を入れてカメムシを防ぐことにしました。
151103-01