FC2ブログ

スロープの滑り止め


母屋勝手口から西の畑や納屋に行く所の段差に枕木で作ったスロープがあります。
151018-01
杉赤身の胴縁で滑り止めが施してはあるのですが、最近滑りやすくなって2回くらい尻餅をつきました。そのうち1回は一輪車で薪を運んでおりてくる時でした。一輪車は一人で走って行き、薪棚にぶつかってひっくり返りました。

スロープの施工は2005年、苔が生えたりしてます。滑り止めの施工は2006年、角は削れてまあ雰囲気は出て良いのですが、尻餅は痛いし一輪車に逃げられても困るので、
151018-02

木製の滑り止めをはずして、
151018-03

一部腐り始めています。木製滑り止めが付いていた部分ですね。
151018-04



今度は異形棒鋼(鉄筋)で施工します。
まず異形棒鋼に穴をあけてザグリ加工をします。
151018-05

胴縁を仮止めし、間隔をマーキングします。
151018-06

釘で固定します。釘は納屋建てで使ったZN40、長さが足りないのでザグリを深くしたので釘絞めで打ち込みました。釘絞めは、会社で十数年前に廃却タップを拾ってきて尖らせた物です。
151018-07

スロープの滑り止め取り替えは完了です。
151018-08
歩き心地は最悪です。
違う目的で買い置きしてあった異形棒鋼、太すぎでした。φ16です。φ10かφ13がよかったと思います。
でもまあ、尻餅はつかないでしょう。


スポンサーサイト

オニグルミ剪定

ちょうど10年前の2005年秋に白州のシャルマンワイン敷地内で拾ってきたオニグルミの実を妻がイタズラで埋めたのが発芽して大きくなりました。結構枝を広げる木なので畑の作物の日影をします。
とりあえず今回は一番下の太い枝を1本だけ切ることにしました。枝1本とは言っても又になって広がっているので、かなりのボリウムです。


剪定前はこんな感じです。
151018-09

赤い矢印の枝を切ります。
151018-16

切りました。結構太いです。
151018-11

サッパリしました。
151018-17
来年はまた別の枝を切ります。一度に切っても枯れはしないでしょうけど、実付きが悪くなるので控えます。

剪定枝はこんな感じでした。
151018-12

既に冬芽と花芽が出来ていました。何やら後ろめたさを感じます。
151018-13

薪はコンテナ1杯分でした。
151018-14
151018-18

オニグルミの実は梅のような感じで、果肉が薄いので乾燥させて
140927-05

種が出てきます。これを割って中身を食べます。
151019-01
昨年は400ヶほど生りましたが、今年はせいぜい100ヶほどです。



ネリネが咲きました。ヒガンバナ科です。似ていると言えば似ています。
151018-15



峠道にて伊勢湾を望む。
151018-19

ムベがたくさん生っている所があります。アケビ科です。熟しても割れません。151018-20
アケビ同様、甘いだけで大してうまくはありません。

ヌルデが紅葉しはじめました。
151018-21

ハゼノキも真っ赤に紅葉しています。
151018-22