FC2ブログ

薪ストーブ初焚きの準備 ~ コロ薪いじり

朝の気温が時々10℃を割るようになってきました。朝くらいはストーブを焚いても暑くはありません。
で、まずはコロ薪を始末する為に準備です。




今年のコロ薪は少なめです。昨シーズンは多くて、シーズン初めにかなり気合い入れて焚きました。
151017-08




いつもコロ薪は昨シーズンのを焚いているので大丈夫だとは思いますが、物によっては半年くらいしか乾かしてないので、念のため含水率を測ります。
151017-09

まずは赤矢印のコナラ10cm薪、18.7%
151017-14
まあまあです。

次は黄矢印(見にくいですね、黄矢印です)の太めのコナラのゴンダを割って
151017-13
151017-11
20.9%とやや含水率が多い目です。

カミキリムシの幼虫が出てきました。
151017-12
これは木が生きている間に入るシロスジカミキリではなく、伐った後で入る小さいカミキリムシだと思います。薪棚を粉だらけにするやつではないでしょうか。

緑矢印の4cmほどのキンモクセイ枝薪を鋸で切って断面を
151017-16
21.7%。このサイズの枝薪が意外と乾いてないことが多いと感じています。これはコロ薪小屋に入れてはありましたが、長さが普通の薪くらいあったのと、5月末に剪定した時のものなのでということもあります。

青矢印の親指サイズのキンモクセイ枝薪をへし折って。これも5月末のものですが17.6%、一番上にあったからか十分乾いています。
151017-15




という訳で、やや乾燥不足の感は否定できませんが、とりあえず焚いてみます。
↓ コロ薪をコンテナ1杯と
151017-17
↓ 薪割り屑もコンテナ1杯
151017-03
ストーブサイドへ運びました。




先週からやっていた松の剪定、やっと終わりました。
151017-05
何度やってもへたくそですが、隙間がいっぱいできてスッキリはしました。
剪定屑が一杯できました。畑に積んだりもしていましたが、めんどうなので庭の中に敷き詰めておきました。害虫が越冬する と言われそうですが、気にしない。来年の今頃には土になっているでしょう。
151017-06



薪割り台座の前にカマキリさんがいました。
151017-04
もうずいぶん動きが鈍く、つまんでもじっとしていました。




ミカンが色づいてきました。
151017-07
このミカンの木2本は2013年頃に枯れかけていたのを 
151017-01
強剪定しました 
151017-02
かなりバッサリ切ってこじんまりしていたのですが、ちゃんと芽を出してくれました。そして昨年は数個しか生らなかったのが今年は結構な数を生らせてくれました。









スポンサーサイト