薪狩り エノキ


本日も薪狩り、先週の現場とは変わり昨シーズンのメインの現場のすぐ隣なのでこの道・この景色です。
151031-03
本日は相棒あり、N本くんであります。


今シーズンのメインの現場となる領域がこれであります。
151031-04
151031-16
奥がかなり長く、コナラ・クヌギ・シラカシ等のコナラ属をはじめ、ヤブツバキ、タブノキ、エノキ、ニセアカシア、クリ、ヒノキ、ウメなどさまざまな木が生えていて、ヒノキとウメ以外はすべて伐採とのことで、搬出性も悪く伐倒も枝下ろし・起こし木伐採が多く1シーズンでは無理な現場です。とはいえ伐採自体を趣味にしている私の仲間にとってはありがたい現場なんであります。




メインの現場は田んぼの脇の谷沿いですが、広い休耕田の背には鬼ヶ牙(左)や仙ヶ岳(右)などの山々が控え、いるだけで気持ちのよい場所です。
151031-11




本日伐る木はこのうちのエノキ1本(株立ちで細いもう1本付き)で、搬出も考えると精一杯の量だと思います。
151031-05
N本くん、夜勤を7時に終わって寝ずに来てます、若さって素晴らしい!!
そして伐倒中↓
151031-08




伐倒完了。二股になって、かなり長く伸びています。
151031-09
捨てられた金物が多く散乱し、チェンソーを当てたら刃がお陀仏なので神経を使います。




エノキの葉っぱです。
151031-06
151031-07
地元のおじさんは、この実を食べたと言っています。エノキのことを「エノミ」と呼んでいました。




伐根です。それほどの大径木ではありませんが、40cmバーのチェンソーでは少々届きません。
151031-12
地主さんがこの木を枯らす為にドリルで穴をあけて灯油を入れたそうですが、その痕がくっきり残っています。




MS390、今シーズンはパワーアップ(パワー自体はアップしてません、処理能力アップです)、50cmガイドバーから63cmガイドバーへ交換しました。伐倒難度の高い大径木が多いので安全に伐る為の投資です。
151031-10
このほかMS150Tのガイドバーも25cmから30cmへ変更、新規導入のMS201Tは初めから標準の30cmガイドバーを40cmガイドバーに変更しての購入です。
ガイドバーを長くするとパワー不足で使いづらくなると一般的には言われていますが、本日使ってみた感触ではそれほどパワー不足を感じず、長さが足りないよりはストレスがないと思いました。



解体搬出完了です。
151031-14
写真はありませんが、N本くんのキャラバンの荷室ほぼ一杯になりました。




田んぼのへりに自生している山の柿がたわわです。
151031-13
生では渋いのですが、地主さんの話では子供の頃にこの柿の実をぬか漬けにしておやつに食べたとの事です。わが家の長老に聞いたら同じ事を言っていました。何とも言えない良い味がしたそうです。




初焚きは10/26に一応終えてますが、そのあと寒さは続かず焚かず、です。
151031-01




宿根アサガオ、今になっていっぱい咲くようになりましたが、朝でもすでに紫色っぽくなってます。夏だと朝は青く夕方にこの色になります。
151031-02



スポンサーサイト

薪狩り、シーズンインであります

鬼ヶ牙を背にその木はたたずんでいます。

151024-05




薪狩り、シーズンインしてしまいました。
本当は次の週末からの予定でしたが、つい先日の近所の法事のときに新たな伐採依頼を頂いたので、シーズン初日の体慣らしと調査をかねて行って来ました。
地元、家から3分です。これで地元のおじさん4人とおつきあいさせて頂いていることになります。本当にありがたいことです。

ただ、例によって難物、私が頂く伐採の依頼はなぜか難しい木が多いのです。でも伐採依頼を頂いたということは天が私に伐れとおっしゃっているのでしょうから、なんとか研究してイメージトレーニングして、伐らせて頂こうと思っています。

伐採依頼を頂いた木は田んぼの向こう、年内は田を起こさないとのことで車が入れます。
151024-06
これ以外にもまだ伐る木は一杯あるのですが、搬出がきつい所が多いです。

とりあえず、コナラに枝が絡んでいるヤマザクラを1本だけ伐らせて頂きました。
151024-01

伐倒完了、あっけない伐倒でした。
151024-03
伐根を高く残したのは、コナラ伐倒の際の左方向へのホールディングラインの台付け用です。

阿呆の一つ覚えとなった追いヅル伐りで、最後はチェンソーを止めて手鋸で追いヅル切り離しです。
横着をしてバーの短いMS150T(25cm)で伐ったのでむこう側に貫通しかねて、障害物(別の枝)のある反対側からも突っ込んだのでツルがいびつになってしまいましたです。
151024-02

解体完了です。
151024-04




あとはコナラに登って伐倒手順の研究です。
コナラ全体像はこんな感じです。谷側に傾いて、右側にも傾いています。
木がいらないのなら谷へ落としてやるのも可ですが、欲しいので起こし木伐採となります。
谷側の重量を軽減すべく木に登って枝下ろしをしなければなりません。
151024-08

伐る側からの画像です。横から見ると結構谷へ傾いています。急斜面なので足場を施工しないと届きません。
151024-14

正面の枝までが4m、ハシゴを全部伸ばしてやっとです。ハシゴを幹に固定するのに両腕を回しても届かないので苦労しました。
151024-09

枝が多いです。
151024-10

隣地の杉の間にすごく長く枝を伸ばしています。
谷側です。枝下ろし要です。
151024-12

また別の方向では隣地のヒノキと交叉して、なじんでしまっています。
谷側です。枝下ろし要です。
151024-11
ありがたいことに隣地の地主さんは、「少々木を傷めてもええぞ」と言ってくれています。親戚です。
枝下ろししたのを谷から搬出するには人力しかありません。背負い子(ショイコ)が必要です。
重労働になるので寒い時期に私が運動がてらやろうかな、です。

ハイエースが近くまで来れるのが救いです。
151024-13




本日の収穫、ヤマザクラコンテナ8杯 (一部ヒノキ)でした。
151024-15




斑入りのツワブキ、咲きました。
151024-07




スロープの滑り止め


母屋勝手口から西の畑や納屋に行く所の段差に枕木で作ったスロープがあります。
151018-01
杉赤身の胴縁で滑り止めが施してはあるのですが、最近滑りやすくなって2回くらい尻餅をつきました。そのうち1回は一輪車で薪を運んでおりてくる時でした。一輪車は一人で走って行き、薪棚にぶつかってひっくり返りました。

スロープの施工は2005年、苔が生えたりしてます。滑り止めの施工は2006年、角は削れてまあ雰囲気は出て良いのですが、尻餅は痛いし一輪車に逃げられても困るので、
151018-02

木製の滑り止めをはずして、
151018-03

一部腐り始めています。木製滑り止めが付いていた部分ですね。
151018-04



今度は異形棒鋼(鉄筋)で施工します。
まず異形棒鋼に穴をあけてザグリ加工をします。
151018-05

胴縁を仮止めし、間隔をマーキングします。
151018-06

釘で固定します。釘は納屋建てで使ったZN40、長さが足りないのでザグリを深くしたので釘絞めで打ち込みました。釘絞めは、会社で十数年前に廃却タップを拾ってきて尖らせた物です。
151018-07

スロープの滑り止め取り替えは完了です。
151018-08
歩き心地は最悪です。
違う目的で買い置きしてあった異形棒鋼、太すぎでした。φ16です。φ10かφ13がよかったと思います。
でもまあ、尻餅はつかないでしょう。


オニグルミ剪定

ちょうど10年前の2005年秋に白州のシャルマンワイン敷地内で拾ってきたオニグルミの実を妻がイタズラで埋めたのが発芽して大きくなりました。結構枝を広げる木なので畑の作物の日影をします。
とりあえず今回は一番下の太い枝を1本だけ切ることにしました。枝1本とは言っても又になって広がっているので、かなりのボリウムです。


剪定前はこんな感じです。
151018-09

赤い矢印の枝を切ります。
151018-16

切りました。結構太いです。
151018-11

サッパリしました。
151018-17
来年はまた別の枝を切ります。一度に切っても枯れはしないでしょうけど、実付きが悪くなるので控えます。

剪定枝はこんな感じでした。
151018-12

既に冬芽と花芽が出来ていました。何やら後ろめたさを感じます。
151018-13

薪はコンテナ1杯分でした。
151018-14
151018-18

オニグルミの実は梅のような感じで、果肉が薄いので乾燥させて
140927-05

種が出てきます。これを割って中身を食べます。
151019-01
昨年は400ヶほど生りましたが、今年はせいぜい100ヶほどです。



ネリネが咲きました。ヒガンバナ科です。似ていると言えば似ています。
151018-15



峠道にて伊勢湾を望む。
151018-19

ムベがたくさん生っている所があります。アケビ科です。熟しても割れません。151018-20
アケビ同様、甘いだけで大してうまくはありません。

ヌルデが紅葉しはじめました。
151018-21

ハゼノキも真っ赤に紅葉しています。
151018-22




薪ストーブ初焚きの準備 ~ コロ薪いじり

朝の気温が時々10℃を割るようになってきました。朝くらいはストーブを焚いても暑くはありません。
で、まずはコロ薪を始末する為に準備です。




今年のコロ薪は少なめです。昨シーズンは多くて、シーズン初めにかなり気合い入れて焚きました。
151017-08




いつもコロ薪は昨シーズンのを焚いているので大丈夫だとは思いますが、物によっては半年くらいしか乾かしてないので、念のため含水率を測ります。
151017-09

まずは赤矢印のコナラ10cm薪、18.7%
151017-14
まあまあです。

次は黄矢印(見にくいですね、黄矢印です)の太めのコナラのゴンダを割って
151017-13
151017-11
20.9%とやや含水率が多い目です。

カミキリムシの幼虫が出てきました。
151017-12
これは木が生きている間に入るシロスジカミキリではなく、伐った後で入る小さいカミキリムシだと思います。薪棚を粉だらけにするやつではないでしょうか。

緑矢印の4cmほどのキンモクセイ枝薪を鋸で切って断面を
151017-16
21.7%。このサイズの枝薪が意外と乾いてないことが多いと感じています。これはコロ薪小屋に入れてはありましたが、長さが普通の薪くらいあったのと、5月末に剪定した時のものなのでということもあります。

青矢印の親指サイズのキンモクセイ枝薪をへし折って。これも5月末のものですが17.6%、一番上にあったからか十分乾いています。
151017-15




という訳で、やや乾燥不足の感は否定できませんが、とりあえず焚いてみます。
↓ コロ薪をコンテナ1杯と
151017-17
↓ 薪割り屑もコンテナ1杯
151017-03
ストーブサイドへ運びました。




先週からやっていた松の剪定、やっと終わりました。
151017-05
何度やってもへたくそですが、隙間がいっぱいできてスッキリはしました。
剪定屑が一杯できました。畑に積んだりもしていましたが、めんどうなので庭の中に敷き詰めておきました。害虫が越冬する と言われそうですが、気にしない。来年の今頃には土になっているでしょう。
151017-06



薪割り台座の前にカマキリさんがいました。
151017-04
もうずいぶん動きが鈍く、つまんでもじっとしていました。




ミカンが色づいてきました。
151017-07
このミカンの木2本は2013年頃に枯れかけていたのを 
151017-01
強剪定しました 
151017-02
かなりバッサリ切ってこじんまりしていたのですが、ちゃんと芽を出してくれました。そして昨年は数個しか生らなかったのが今年は結構な数を生らせてくれました。









アケビ収穫

わが家の裏のマサキの木に巻き付いているアケビがやっと採れました。山よりおそいです、なぜかはわかりません。
2~3年前に少々ツルを整理したのでほとんどなりません。以前は十数個は採れてましたが。
151011-01
151011-02
たいしてうまいものでもないですが、この色合いには惹かれます。


黄色いリコリス (ヒガンバナ) がやっと咲きました。いつも赤いのより遅いです。
151011-03


松の剪定

先週に引き続いて、庭木の剪定であります。
昨秋は松の剪定をサボって春にテキトーにハネただけなのでボウボウになっています。


151009-01


松の剪定は非常に難しい、庭師でも 「松の剪定が出来れば一人前」 と言われるほどだそうです。
私などが年に1回くらいでは死ぬまでもともなことは出来ないと思っていますが、、もう数回はやって来ました。思いつきの行き当たりばったりな切り方をしてきているので、数年でいい形になっている部分と変になってきている部分があります。なんとなく少しだけわかった事もあり、ほんの気持ちだけおもしろみも出てきました。

使う道具はこんな感じです。
左から剪定ハサミ、ノコギリ、植木ハサミというそうです。
中でも松の剪定は狭い所に刃を突っ込んで切るので刃の細い植木ハサミを多用するそうですが、私の場合太い枝も結構思い切って切るので剪定ハサミもよく使う、というかノコギリもよく使います。151009-10
よく切りすぎて 「しまった!!」 という時がありますが気にせずすぐ忘れてまた思い切って切ってます。
少々変になっても木の方で勝手に直してってくれます。
あと、手でもむように松葉を抜き取る 「葉もみ」 もします。これをしていると全然はかどりませんが、やらないと見た目がサッパリしません。


という訳で、一日 (といっても5時間くらい) やっても半分くらいしか出来ませんでした。
151009-02


何度やってもこの松の剪定というのはうまくいきません。あと1日かかりそうです。
近所のじいさん・ばあさんがやって来てはおしゃべりをして行くのでその分の時間も見ておかなければなりません。





クロガネモチ剪定 ~ のちマムシ

クロガネモチの剪定であります。
適期は春のようですが構いません。春に刈るとまたすぐ伸びて盆頃には見苦しくなります。今刈ると正月はさっぱりしたままで過ごせます。年に2回はキツイので盆は我慢して秋に刈って正月だけでも、という訳です。
          151004-01




三脚脚立ののってエンジンヘッジトリマーで刈るのですが、その三脚脚立は安いやつだったので補助ステップが付いてませんでした。
なので今までは我慢していたのですが、コイツがあるのと無いのとでは作業性が3割くらいは変わってきます。
なので無骨な鉄製の補助ステップを即興で作製、取り付けました。
151004-02




剪定後、あまり変わり映えしませんが、結構刈り込んだつもりです。
          151004-04
松はまた後日の作業となります。




これ、脚立の上でバランスを取りながら使うには少々重いです。
151004-03




ジョギングの安楽峠付近でマムシさんに遭遇しました。
151004-05
毒蛇なので恐がられているようですが、マムシさんは結構おとなしいんです。それにあまり動かない。
このままだと間違いなく自動車に轢かれるので、枝きれでツンツンしてやりました。
そしたら ↓
[広告] VPS

逃げていきました。
この動画には映ってないですが、最後にシッポの先を小刻みに振っていました。
たぶん威嚇しているのだと思いますが、カワイクて、バイバイしているようにしか見えませんでした。







サクラも色づいて、葉を落としつつあります。サクラは秋がはやいですね。
151004-06





薪狩りシーズン間近となり ...

だんだん薪狩りシーズンが近付いて来ました。
11月初めには始動の予定でいます。

地元の農機屋さんの展示会に行って新規導入するチェンソーの注文をして来ました。
150926-06
かねてから買おうと思っていた機種 STIHL MS201TC-M であります。
150926-05
トップハンドル=通常は樹上での使用を想定して作られた、なのに私は40cmバーという少々無茶な設定をしました。標準は30cmバーなのです。
15年使ってきた入門モデルSTIHL 018C 40cmバーの買い換えとして使うので30~40cmくらいの木を玉切りするのにも使い、場合によっては樹上でも使えるようにトップハンドルにした、という訳です。旧機018Cは山をリタイアさせて家でのみ使用します。家では環境に優しいチェーンオイルを使うので機械を別にした方が都合が良いからです。
それにしてもトップハンドル機って不格好ですね、尻切れトンボみたいです。


誓約記念品(ティッシュとトイレットロール)、なんか体積でごまかされたような気がします。金額的には1000円もしないでしょう。
151003-03
農機用ブラシは来場記念品です。



ガソリン混合しました。3Lという中途半端な量です。
151003-06
この容器に残してフタをきっちり締めておくと気温の変化で容器が膨らんだりへこんだりして元に戻らなくなると計量に影響が出るといけないので、混合したらすぐに別の容器に移して、この容器はフタを少し開けて保管します。
という訳で混合ガソリン3Lをペットボトル6本に移しました。
151003-07
フタに番号が書いてあるのは順番に使う為、古いのがいつまでも残ってってしまうのを防ぐ為です。
混合ガソリン保管容器をペットボトルに変更したのは、ペットボトルはフタがしっかり締まるからです。かつて使っていた混合ガソリン保管用として売っていた容器はフタがすぐネジ上がりして漏れやすかったから使用を中止しました。
ペットボトルの耐ガソリン性は、林業家も使って見えるので大丈夫です。フタのライニングの材質だけ気をつければ、ですが。



水溶性・植物性チェーンオイル 「アルボロール」を混合(水で5倍に希釈)しました。
151003-04
最後の200ccを使ってしまいました。このアルボロール、もう買えません、生産中止となりました。代替品も開発していないとOREGON社が言っていました。家で出たチェンソー屑を畑に撒くのには鉱物油はイヤなので、これが無くなったら植物油(天ぷら油のようなもの)を使います。植物油はすぐ樹脂化してチェーンが回らなくなるので、シーズン終了後はバーとチェーンを灯油に漬けます。そしてチェンソーのオイルタンクには灯油を入れてエンジンをかけて灯油が出てくるまで回した上でシーズンオフ保管します。

という訳でアルボロールもペットボトルに移しました。
151003-05
昨シーズンの残りの1本とあわせてあと3本です。山では鉱物油を使うので、なんとか今シーズンの家での使用には足りるでしょう。




STIHL 018C用のソーチェーンを1本つなぎました。OREGON 90SGの55コマです。
よく使うソーチェーンだったのでリールチェーンが買ってあります。面倒だけど安上がりだということもありますが、リールチェーンを切ってつないで使うということ自体に興味があったからです。
まずコマ数を数えて目印を付けます。
151003-11
コマ数というのはドライブリンクの数です。下の写真で言うと丸い穴のあいたカワイイ形をした、ガイドバーの溝にはまる部分です。作るソーチェーンは55コマなのでドライブリンク55個を過ぎた次のタイストラップをはずします。
タイストラップをはずすにはチェーンブレーカーという道具を使うのですが、持ってはいますがあまりスグレたものではなく、ドライブリンクまで曲がってしまうので使用せず、グラインダーでリベットの頭を削ってはずします。
151003-08
↓はずしたタイストラップはパーとなります。
151003-09
↓予備の新品タイストラップです。片方はリベット付きタイストラップ、もう片方はバンパー付きタイストラップです。バンパー付きたいストラップはキックバックをやわらげる効果があるそうです。
151003-10
コマ数を数えて切ったチェーンにタイストラップ1対をセットしてリベットスピナーでカシメます。このカシメは、ロールカシメというカシメです。まっすぐにプレスして頭をつぶす平カシメではなく、少しずつ工具の間隔を狭めて行きながら頭側の工具を回転させてつぶしていくやり方です。平カシメに対して力が要りません。
151003-12
カシメがきつすぎるとチェーンが切れやすいとのことなので、時々確認しながらパーツが動かなくなる手前でカシメを停止します。今まで何度かこの作業をやってますが、自分のカシメが原因でチェーンが切れたことはないのでたぶん大丈夫でしょう。




シイタケが上がり始めました。
それが何か変なのです。昨年の春に打ったほだ木のうちの1本だけにシイタケが上がり始めていて、他のほだ木にはまだシイタケの欠片すら見当たりません。
151003-02
テレビで、シイタケの原木を叩いて発生を促すというのをやっていたので、叩いてみようと思います。




宿根アサガオが今頃になって多く花をつけるようになりました。夏頃はほとんど咲きませんでした。
151003-01
しかしこの宿根アサガオ、生命力がありすぎで手を焼いています。芝生の上にもツルを伸ばしては途中から根を出して拡がります。隣のキンモクセイの木にもすぐ絡んでいきます。



ヤマビル

ヤマビルの動画撮影に成功したのでアップします。

今週は夜勤で、月曜日の昼間に草を刈っていて噛まれました。
たいして血を吸わないうちに、私が家に戻ってから床に落ちたらしく、運良く見つけたので処分しました。
噛まれた所は普通は血が止まらないのですが、早かったので血は出ませんでした。でもあとで痒くなってきてそれとわかりました。
[広告] VPS

150928-11
草を刈っていた所は隣地で、電柵に草が当たるので刈らせてもらっていました。夏頃イノシシが掘り散らかした所なので、イノシシが落としていったのかもしれません。シカはたぶんここへは来ていません。

7月25日の現場の写真です。イノシシが掘り散らかしていきました。
150725-08



それにしてもフローリング、傷だらけです。ニャンコの爪痕です。