今日もやっぱり外仕事

快晴です。野良仕事日和です。
150725-02
草ボウボウ、芝生ボウボウです。今日刈り払い機で刈ります。




今日もコンクリ打ちでした。
薪棚は1基完成したものの、周辺の整備をしてからでないと薪を積む気になりません。
それに隣の薪棚の改修がまだ手つかずです。
これは薪棚の脇とスロープの間のスペースを利用して畑の杭や竹などの長尺物を立てて保管する為にコンクリートを打ちました。
150725-03




こちらは薪棚左の排水口周囲のコンクリです。狭くて大した物は置けないですが、草よけにはなります。
150725-04
2ヶ所併せて1フネ練りました。今回はモルタル(セメント1袋、砂3袋)です。モルタルは楽です。




腐りかけの木パレットを解体しました。
150725-05
まずはハンマーとバールで解体+釘抜きして、
150725-09
切って割り、焚きつけがコンテナ3杯できました。




芝生を草もろとも刈り払い機で刈ったのち、隣のおじさんの土地ですが電柵際の草を刈らせて頂きました。
そしたらなんと穴ボコのひどいことになっていました。いったい何物の仕業なのでしょうか。
150725-08
こんなことをするのはアイツしかいないと思うのですが、こんな所に出没したのでしょうか。20年くらい前に一度このあたり一帯の収穫直前のジャガイモがやられたことはありましたが、それ以降民家近くには来ていないと聞いていました。




家ではツバメさんの子3羽が巣立ち直前のようです。
150725-01




別の薪棚の下に、この酷暑にもめげずカタバミが咲いていました。美しい花です。
150725-07
150725-06





スポンサーサイト

薪棚増設工事 完成

きのう取り付けた薪棚上部の部材から下げ振りを使ってコンクリートに位置をマーキングします。
150719-01
150719-02




そして50mmアングルをコンクリートに固定します。
150719-03




薪は乾燥が進むにつれて沈むので横方向の膨れ止めは上下可動式にしてあります。過去の失敗を生かして、、、です。
150719-06
150719-07
25x3のフラットバーを使っています。




下部はこんな感じです。
150719-08
腐れ防止の為にボルト頭の上にのせてあります。




薪棚、とうとう完成です。
150719-05
しかし、高い所に薪を積むのが大変です。




スプリングバスケットの持ち手が切れました。2012/05からの使用なのでちょっと切れるのが早すぎです。
150719-09




峠にもネムノキの花が咲きました。先週は来れなかったのですがたぶん先週には咲いていたでしょう。先々週はまだでした。おそいです。
150719-10




里ではクズの花が咲き始めました。クズは夏の雑草の代表格のように扱われていますが、花はいい匂いがします。
150719-12




台風11号で山道はひどいことになっていました。
150719-11




峠付近で今年初めてのヒグラシの鳴き声を満喫してきました。
盛夏です。梅雨明け宣言はまだ出ていないですが。

薪棚増設工事 障害物の移設

薪棚の増設を進めていますが、予定場所に雨樋と床下換気扇の(ソーラー)配電盤があります。
150718-03



左のドアは「あかずの扉」です。あけたことなどほとんどありません。あける必要などありえません。中は物置ですから。
150718-04
雨樋は最上部の集水器から取り替えないと移設できません。
そして、雨樋をドア部の右端に移設する為の下地を取り付ける為にドアノブが邪魔になるのですが、錆びついて外れなかったので切断しました。乱暴な仕事です。
150718-08



元の雨樋の集水器は、板金屋が現物合わせで切り刻んであったので、
150718-09
買って来た集水器を切り刻みました。今のは小振りなので、やや無理がありますが。
150718-05



雨樋の取り付けというのは、105゜エルボが絡んでいると寸法計算がしにくく、どうしても現物合わせとなってなかなかウマくいきませんが、ともかく移設完了しました。
150718-07



そして、薪棚上部の側面を受ける部材を取り付けました。無骨な外観になりますが、高さがあるので頑丈にしておかないと危険なので。
150718-10
このあと、この上部の部材から「下げ振り」を使って下のコンクリートに位置をマーキングします。
150718-20




なぜか芝生からキュウリが生えてきました。妻が種をこぼしたのでしょう。よくあることです。前はニンニクが生えてきたことがあります。
150718-06
せっかくなので早いうちに移植してあげないと。たしか ”のたれ” だったので支柱は要らないのでどこでもOKです。



アジサイを剪定しました。上は何日か前、下はAfterです。
150718-02
剪定時期も剪定の仕方も何も考えずに切ってます、いつも。
来年は移植しなければならないので、小さくしていきたいのであります。



朝、薪トモのシャリーさんから 「Colemanのチェアを買ったけど結局ぜんぜん使わんからやるわ」 と電話をもらったので、夕方もらいに行って来ました。
150718-11
ついつい寝付いてしまいそうなチェアです。





薪棚増設工事 コンクリート打設

6/20にかかった薪棚増設工事、その後の週末はっきりしない天気ばかりで延び延びになってました。
150620-06
この面に薪棚を作ろうと6/20にきれいさっぱり片付けて、



やっと今日、型枠を組みました。
150711-01
コンクリートの幅が2.7m、奥行きが45cmで、高さが20cm強と高めです。
コンクリートの量をおさえるために下地に土を盛り、コンガラだの石だのを入れてハンマードリルのランマーで締め固めました。
型枠の前に置いてある石もコンクリートに沈めます。



残っていたセメントも使ってしまおうと中をのぞくと、既に固まっていました。
5/15に半分使ってから車庫(地面でない所)に置いてあったのですが、湿度が高かったからでしょうか。
次のコンクリート打ちの時にでも下地に入れてやります。
150711-02




全部で3フネ練りました。午前中に3フネであります。
ヘトヘトになりました。5月頃とはぜんぜんきつさが違います。
1フネ目と2フネ目はセメント:砂:バラスを1:3:3で、最後の1フネは1:3モルタルで上面を仕上げました。
150711-03



で、午後は死んでました。
本日、今夏初のヤマトタマムシを見ました。飛翔中だったので撮影できなかったのが残念です。
スズメバチのようなヤバイ羽音をさせて頭上を飛んで行ったのでドキッとして振り向いたらヤマトタマムシでした。
そろそろ梅雨もあけて盛夏の訪れです。




今シーズン得た薪の本積み開始

昨日は雨で外仕事は出来ずじまい、今日はぐずついてはいるけど昨日よりはましでした。
で、本当は作りかけの薪棚を進めたいんでありますが、イマイチの天候なのでいつ降り出すかわからないので気が進みません。
降って来たらすぐ引き上げられるような仕事、ということで野積み雨ざらし状態のままの今シーズン得た薪を空いた薪棚に本積みします。本当は晴天が続いて表面が乾いてから本積みしたかったのですが、濡れたままでも別段かまいやしません。

というわけで、 野積みの薪です。
150705-03

ここのところ雨続きなので、
アマガエルくん
150705-04
アリの巣
150705-10
こまかいキノコ
150705-08
150705-09
キクラゲのようなブニョブニョのやつ
150705-05
ヤスデかな?
150705-07
ナメクジ
150705-06
湿ったところが好きな生き物が一杯います。
もちろんデンデンムシも何匹かポイしました。


夏場の外仕事は昼休みを十分取って読書などします。
150705-02


4時間弱かかってやっと薪棚1つを一杯にしました。
150705-12
だいぶ減りましたが、まだまだ遠いです。盆までにはなんとかしたいです。
150705-11




ダイニングの窓から亀さんが行くのが見えます。
150705-01
この亀さんは端っこまで行ってからまた帰っていきました。石垣をおりることが出来なかったのです。おつかれさまです。





安楽峠(標高490mほど)のネムノキは、まだツボミです。
里ではもうとっくに咲いています。標高300mのちがいです。
150705-13

倒木がありました。枯れ松です。通りかかったときに倒れてきたらどうしましょう。
150705-16




マンゴーのようなフルーティーな味がしそうなキノコです。
150705-14
150705-15