FC2ブログ

大工さんごっこ ~ 垂木欠き

N本邸のデッキ部分の屋根の部材を刻む為の治具作りです。

屋根勾配は18゜です。
いろんな制約(上方の干渉物や軒先のヘッドクリアランス)から出て来た数字です。
従って垂木の欠き込みも18゜です。

勾配をつけた治具を桁(まだ今のところころがっていた端材でテスト)にクランプし、丸鋸で3mmおきくらいに切り込みを入れて、パラパラパラっと破片を取り除いて鑿でさらいます。
140728-01
140728-02
幅は2x4のサイズなので38mm、なかなか幅がシックリ行かず右側のフェンスを少しずつ調整します。



こんな感じになります。
これだけはまっていれば、転び止め(垂木の間にはめ込む部材)はいらないでしょう。
140728-03
固定は両側から斜め下方にコーススレッドで締め上げます。
本職さんは普通の釘を鉄砲で打ってますが釘はリスクがあるので、素人の私はあとでも取り外しやすいコーススレッドを使います。




スポンサーサイト