FC2ブログ

やっとこぎつけた薪の搬入-じいさんの柴小屋

改修工事もほぼ一段落し、やっと来シーズン焚く薪の積み込みにまでこぎつけました。
この柴小屋に乾燥済みの薪を詰め込んでいくんであります。
囲いのない薪小屋で乾燥させて焚く直前にこの小屋に積み替えするので二度手間ではあります。
ただ、ストーブの近くにあることや雪が降っても焚く薪には積もらないことが利点であります。

来シーズンに焚く薪はこの薪小屋の2011シーズン(’10秋-’11春)の薪です。
この薪小屋には、この写真で見えている区画が4つあります。
これすべてが我が家の1シーズン分です。
前から見た合計面積で言うと、8畳間と6畳間を合わせたくらい、つまり7坪分くらいを焚きます。
140712-03
積んだときは上までぎっしりあったのに、乾燥が進んで薪が縮み、上に空間ができています。
140712-05

こんな子が止まっています。
たぶんエグリトラカミキリです。
140712-04




薪を積んでいくと小屋を横方向へ開く力が働くので、土台がずれないように土間に固定しました。
140712-01
140712-02




直接地べたに積みたかったのですが、湿りやすい所なので廃材を敷いて積み込み開始です。
140712-06




'11シーズンはほとんどがアラカシ、シラカシ、コナラだったはずなのですが、
ムムッ!この色は  、 、 、    ハゼノキです。
思い出しました。アラカシと寄せ植え状態になっていたハゼノキを伐ったんでありました。
そして私は大かぶれしたんでありました。
140712-07
140712-08




とりあえず今日はここまでです。
140712-10

少しは減りました。
140712-11




で、いつもの峠道をジョギングしていたら、大きな石が落ちてきていました。
前回は枯れ松が横たわっていました。
毎週なにかはこけてます。
140712-12




エアコンの水がダダ漏れやど~    と妻。
フタを開けて、ドレンの穴をコンプレッサーの圧縮空気でエアブローです。
排水チューブには下から虫さんが入って来て、バックできずに御臨終するのでつまるんだそうです。
なので上からエアで吹き飛ばすと簡単に解決します。
140712-09
スポンサーサイト