FC2ブログ

崩落した薪の積み直し

先日崩落した野積みの薪の処理です。

朝の時点では、崩れたままです。
自分で戻ってはくれませんでした。
140628-01





こないだの休みに ”じいさんの柴小屋” の軒に薪棚を完成させました。
コンクリートは5/31に打ってありました。
先週、横の柱(薪の側面を受ける)を立てました。
ちょうど間に合って良かったです。
垂木の間まで目一杯積み上げました。
この薪棚で正面が1.1坪、40cm換算で約1.5立米は処理できました。
我が家で1シーズンに焚く薪の1/6くらいです。
140628-04

薪を積む前に雨樋を取り付けておきました。積んでしまうと取り付け作業がやりにくくなるので。
雨樋がないと、地面に落ちた雨水がはねて薪をぬらすんであります。
140628-02




4/28に増設した薪棚の途中までしか薪を積んでなかったので、目一杯まで詰めました。
140628-05
松の葉が、やや増えています。
サツキを剪定せねば。



ということで、約2立米の薪を本積みして、残りの崩落薪をまた元に積み上げて、めでたく ”あかみち” 開通です。
前よりは薪が傾いていないので、村人は安心してお通り下され。
140628-03





スポンサーサイト