FC2ブログ

50年前に築いたブロック塀

夜勤の昼間のひと仕事です。

50年前に土建屋の親戚のおじさんが積んだブロック塀です。
じいさんの柴小屋(今は私の薪小屋)の中の事であります。
西壁と北壁のくっつく隅に補強の意味でつけたのかと思われるリブ(と呼ぶかどうかは??)があるのですが、完全に分離していてしかもぐらついています。
薪を積むのに邪魔だったので撤去しました。
140619-01




コンクリートがぎっしり詰まっていて重かったです。
140619-02




土台部分は、先日買ったハンマードリルにブルポイントというコンクリートはつり用の工具を取り付けて粉砕です。
140619-03




粉々になりました。
140619-04




隙間に詰まっていたモルタルも除去して、風通しも良くなりました。
140619-05
スッキリしすぎて心許ない感じがしますが、もともと全然補強の役を果たしてなかった邪魔者をどかしただけなので、強度が下がったわけではありません。



北壁は隙間の分だけ傾いてしまっているので、こけてもらうと取り返しがつかないので、近いうちに西壁と北壁を、鋼材やボルトを使って連結せねばなりません。

野積みの薪やら、このブロック塀、そして母屋と、うちのものはみんな傾いてこけそうなものばかりです。




スポンサーサイト