築40年の薪小屋を改修

私が小学校の頃に祖父が柴小屋として建てた小屋です。
この手の小屋は田舎には至る所に建っています。
たいていは田小屋です。

当時、きちんと製材した材料など勿体なくて、ただの間伐材を使ったものがほとんどです。
130928-04




私はこの小屋に、次のシーズンに焚く2年以上乾燥させた薪を夏の間に移しておきます。
積んだ正面の面積で約7坪分の薪が収納できます。約9㎥です。
過去何年かは概ね7坪くらいは焚いていたのですが、今シーズンは残りました。
この写真で約1坪といったところでしょう。残ったのはヒノキとスギです。
ほんとは改修工事の為に使い切りたかったのですが。
140430-10




柱などの傷み具合を見ていきますと 、、、
この柱の根元は
140430-05
これで ↓
140430-03
ぱっと見にはわかりませんが、地についてません。
昔のこと、柱の根元にコール炭を塗っただけで土に差してあったので長持ちはしません。ボロボロだったのを何年か前に私が挿げ替えたのですが、所詮私のする仕事。下端が浮いてます。



この柱も下端はコール炭塗りなので、とうに腐って浮いてます。
140430-02




この柱は腐ってはいませんが、なぜかカタカタ動くので重みはかかっていない、つまりぶらさがっているだけです。
140430-04
この写真でもよくわかりますが、当時は材木屋の新品の合板を柴小屋などには使える訳もなく、ありあわせの板がつぎはぎに張られています。

「何本もの柱が上からぶら下がっているだけでよく立っていられるなあ」というのが正直な感想です。
なんとも不思議な建物です。ブロック塀がなかったらとっくに崩落していたでしょう。
しかし私にとっては、この手作り感一杯の小屋は愛着があるので、少しずつ補修して行きたいと思います。




まずこの地に着いてない柱を少し外側のブロック塀の上へ移動です。
140430-05

                         

140430-09
こんな金物を即席(切って穴あけてひねっただけ)で作って、
140430-07
ブロック塀の上で元からある木材に固定です。
140430-08



地面がすっきりしました。
140430-11
それにしても、昨日までの雨でここまで地面やコンクリートが湿るというのは薪を保管するのには全く適していないです。




あとは土間コンクリートを打って、屋根を直して、とやること一杯です。





スポンサーサイト

薪棚新設

野積みにした薪(仮積み)が少々傾いていたのを枕木で叩いて修正していたら、反対側の薪が雪崩を起こしてしまいました。あと2ヶ月ほどもってくれればよかったのにぃ~。
140428-01




で、急遽あらたな場所を見つけて薪棚製作となりました。
もうこうなったらどこにでも薪棚を立ててやります、薪の鎧をまとった家になるまで。
設計なし、行き当たりばったりの現物合わせの製作です。いつものこと、テキトーです。

少しは木工をかじった者らしく、大引(根太かな?)は柱に大入れにしました。
スライド丸鋸であらどりしてからトリマーで仕上げました。
仕上げたと言ってもフリーハンドで、手の感覚に頼ったテキトーな仕事です。
140428-02




こんな事はしょっちゅうです。
140428-03
カッターナイフで皮を切って、爪でささくれを引っこ抜きました。
血が出て来ました。
生きているあかしです。
140428-04
家の中へバンドエイドを取りに行くのは面倒なので、手もとにあったガムテープを貼って作業再開です。



雨が降りそうだったので、塗装をしながら、乾かないうちに組み立てです。
柱の下端は犬走り(軒下の部分)のコンクリートの勾配に合わせて斜めに切りました。
勾配が場所によってちがっているので何度も切っては合わせをして苦労しました。
大引の位置は一応水平器で出しました。
140428-06




雨がぽつぽつ当たり出した頃に完成しました。
140428-05
矢印の所は横への孕み止めですが、上下方向への可動式にしてあります。
薪は乾燥すると縮むので、横桟を固定すると横桟の下に隙間が出来て横桟の上に積んだ薪が不安定になるのを防止する為です。
2x4材を縦使いにしてしまったので、これではここから上の薪の安定が悪いので後日に直しです。




春の山野草

いつものジョギングの峠道でこの季節になると、この草を見かけます。
初めて見たときは、なんとも不気味な風貌だと思いました。
名前を調べたら、名前も不気味、しかも毒草、その名は  ”マムシグサ ” です。
140426-01
緑色のと茶色のとありますが、どちらもマムシグサです。
140426-02
鉢植えにして愛好する方もいます。




うちの畑の一角にある山菜エリアには、ヤマウドが顔を出してきました。
新芽の隣につっ立っているのは昨年のもの、つまりウドの大木というやつです。
冬は地上部が枯れて、春になると出てくるのであります。
140426-03
140426-04
非常に気の毒なのですが、1回目の新芽は私の腹の中へ入れさせて頂きます。
でもまた出て来ます。
植えて数年たって、2株が4株に増えました。





お隣さんの草っぱらにマツバウンランが群生してます。
この季節にはあちこちで、このマツバウンランの群生を見ます。
うすい紫色で、大量に咲いていると結構美しいと思います。愛好家がいるようです。
140426-05

 ↓ これは Wikipedia から借りました。
140426-06
帰化植物です。




中華クローラー修理

中国製一輪クローラーの樹脂部品が異常にもろい事を以前の記事でアップしましたが、今日はその割れた樹脂部品の修理です。


これはアクセルレバーの基部がいとも簡単に割れてしまった写真です。
140322-12
1回目に割れたときは輸入元から部品を送ってもらって取り替えました。
その取り替えたアクセルレバーがまた割れたのがこの写真です。
先日、中国から帰還した会社の同僚から聞いた話しでは、中国製のプラスチックはとにかく脆いとのことでした。





そしてアクセルレバーのすぐ前についているキルスイッチまでがポロっと取れました。
裏を見たらネジ穴の部分が割れてました。
140420-03
140420-04





そしてふと頭の中に 「自転車用のプッシュスイッチがどこかにあったぞ!」 とひらめいて、探したらありました。
140420-05
これですよ、これ。
17年前にハイエースのドアロック解除隠しスイッチを付けようと買ってきた自転車用の 「プップー」って鳴らすスイッチです。どんなスイッチでも電気さえ流れてくれさえすればいいはずです。
私はエンジンにあまり詳しくないのですが、キルスイッチは、2本の線が接触したらエンジンが停止するようになっているのです。原理を知っている方みえたら教えて下さい。
2本の線がほんの一瞬つながりさえすればエンジンは止まって、そのあと2本の線が離れてもエンジンはもうかかったりはしません。だからこのプッシュスイッチは押したあと指を離すと戻りますが、問題はありません。






アクセルレバーも自転車用の物に少し手を加えて取り付け、キルスイッチも取り付けました。
140420-06




あとは配線を整理して、終了です。
140420-07





庭石のしたのわずかな隙間からスノーポールが出て来て元気に咲いています。
非常に強い植物です。
私もこうありたい。
140420-01





チェンソーMS150T分解掃除

MS150Tのシーズンオフ入りのメンテナンスをしました。
まずチェンオイルを抜きました。
鉱物油なら抜かなくても問題ありませんが、水溶性植物油を使っていたので樹脂化してオイルポンプのトラブルをおこす可能性があるので抜きました。
そしてタンク内を水で洗って灯油を入れました。エンジンをかけて灯油がいくらか排出されるのを確認してチェンオイルの方は終了。
次はガソリンを抜いて、アイドリングで止まるまで放置して燃料の方も終了。
あとは内部の掃除です。


右のカバーを外してエアブロー、
140419-01
でもスプロケットはドラムの裏なので、ドラムも外したい。



で、左のカバーを外して10mmのソケットレンチで固定して
140419-02
付属のレンチ(13mm)でドラムを外しました。
左ネジです。時計回りに回して外しました。



けっこうカスがたまってます。
140419-03



オイルポンプ付近もカスだらけです。
140419-04




外せる所までははずして千枚通しでこする+エアブローできれいになりました。
140419-05




こざっぱりしたら動く部分にスプレーグリスを吹いて終了です。
140419-06
秋までしばしのお休みです。




シイタケほだ場に水栓柱増設

シイタケのほだ場が家の前の一角にあります。
雨が少ない時期は既設の水栓からホースをのばして水やりをしてましたが、1回1回延ばす-巻き取るを繰り返すのが面倒でついついシイタケ原木が乾燥しがちでした。

なのでシイタケほだ場のすぐ近くに水栓柱を設置しました。
140418-04
これで水をやってやってやりまくったるでえ!!!



配管は、家の床下から納屋の方へ引いているポリエチレン二層管を途中で切って分岐しました。
今思えば、納屋への配管になぜポリエチレン二層管などを使ったのか疑問です。
ポリエチレン管はボンドが使えないので写真のように金属製の継ぎ手が必要になります。
施工が面倒くさいのであります。HI管にしておけばよかったと。
140418-03




匍匐前進しながら家の床下を西に進んで、ちょうど床の間の下あたりで配管しました。
その時に、ふと床の間のケヤキの板の裏を見たら字が書いてありました。
「昭和五年 九月吉日 大工中崎家」とあります。
ということは、築84年ということになります。
140418-02




根太をまたいで隣には、草津節が書かれております。
「草津よいとこ一どはおいでドコイショ 
          お湯の中でもコリャ 花がさくよチョイナチョイナ~ ♫ ♫ ♫ 」
140418-01
大工さんの頭にも花が咲いていたにちがいありません。




望仙荘

久しぶりに ”山小屋カフェ望仙荘” に行って来ました。
3年ぶりでありました。
望仙荘は私が高3のときに出来たときは、ふつうの大衆食堂のような感じでした。
そのあと閉鎖したり焼肉屋になったりしながら、2010年秋に今の状態で開店されました。

食事はかなりこだわった事をされてます。
時間もしっかり使って1回1回手作りされてるようです。
私の潜入観念というかイメージ的には、あっさりした味付けでものたりないのではないかと思っていましたが、
肉・魚・牛乳・卵を使っていない以外は結構しっかりした味付けでした。
味覚的には十分美味しいと思いました。
ただ量的には、男性には腹5分といったところでしょうか。
2人前くらいは食べたい気分でした。
しかし男性に合わせた量の設定にすると女性の場合に食材を無駄にすることになりかねないので、致し方ないと思います。


窓から望む仙ヶ岳(望仙荘という名前の由来)方面は、ただいまヤマザクラが真っ盛りでした。
ヤマザクラは個体差が大きいので、花が真っ盛りの木もあれば、既に赤い新芽が吹いている木もあるので、薄いピンクや赤っぽいのもあって、大変美しいと思いました。
残念ながら曇天だったのと、ショボカメ・ショボ腕での撮影で、全然美しさは伝わりません。

140413-01




敷地はとても広く
140413-04




私好みのたたずまいを見せる絵本・こども遊具の店 ”KIWI”さんや
140413-02




薪場があります。
140413-03
3年前に来たときは、薪不足で「生木を焚いてます」と言ってみえたのですが、昨年の猛暑で大量のコナラが枯れたので、見ての通り薪が一杯でした。

薪は負けないくらいあるので羨ましくないですが、場所の広さ、これはもう羨ましいの一言です。
こんな大自然の中で、ゆっくりと薪割りをしたいです。






んで、これはうちです。
望仙荘でのランチのあと、薪棚の薪雪崩のリカバリーをしました。
何度も横から見て、出っ張った部分を玄翁で叩いてへこませ、こけかかってたのをなんとか直しました。
これが今シーズン採った薪の夏までの形態です。
140413-07

140413-06

コロ薪も、コロ小屋に入らなかった分をコンテナに詰めました。
ほんとコンテナって収納量が少ないです。13杯も使ってしまいました。
波板かぶせてブロックでおもして終了です。
140413-05






筍掘り

やっと親戚のおじさんが筍掘りに誘ってくれました。
例年より遅いのでヤキモキしてました。

場所は薪狩りでお世話になっている所です。
この場所へ来ると木を伐りたくなってきます。

140412-01




2時間ほど山の中をはいずり回って、これだけです。
絶対少ないです。
例年なら倍は採れてたのに。
140412-02
原因は 、、、
イノシシです。
イノシシの掘った痕の多かった事多かった事。
それに、イノシシのフンの多かった事。
なんとかしてイノシシを獲らなければ。



これでもか、タムシバ!!

安楽峠付近のタムシバです。
今年は例年よりかなりよく咲いてます。全然だめな年もありましたが。

白いのは全部タムシバです。
140409-03



140409-05


花の下に葉っぱはありません。
なのでコブシではなく、タムシバです。
あちこちの花を見ましたが、たぶんこの一帯のものは全部タムシバだと思います。
そしてこの一帯にヤマザクラはほとんどありません。
少しくらいコブシもあってほしいものですが、、、
140409-02


けっこうでかい木も多いです。
しかし、木の枝が邪魔になる所ばかりで、うまく撮れません。
140409-04






これは家の前の山の山桜です。
まだまだピークではありません。
140409-01





入道ヶ岳 山登り

会社の後輩と入道ヶ岳に登りました。
中央の山が入道ヶ岳で、ゆうべからの悪天候で山には薄雪が積もりました。
140405-03


椿大神社の駐車場に車を停めて、
桜が満開で、桜餅の香りが漂っています。
140405-04



北尾根コースの登山口はこの鳥居です。この鳥居をくぐって長い階段を上がると、そこにも小さな神殿があります。
140405-05

140405-06




どんどん登っていくとこんな草が 、、、
これはもしや、ヨモギなどではなくて有名な毒草。
綺麗な花が咲くのですがね。
私が若い頃に、この植物を使った殺人事件もありましたね。
140405-07
この草が結構群生してました。
おそろしや~



この山は、なんせアセビの多い山です。
群生地がいっぱいあります。
140405-08
白いのは雪ではなくアセビの花です。
140405-10
アセビのトンネルです。
140405-09




遠くに見える鎌ヶ岳や御在所岳も雪が積もっています。
140405-12




山頂付近には雪が少し残っています。
強烈な風に縮み上がりました。
140405-11




意味わかりません。
140405-13




こんなコースでした。
140405-01

一周7kmほどの気楽なコースです。





毒草についてにご質問がありましたので、補足の画像です。
140406-01
これは2009.9.14に、この入道ヶ岳の隣山の野登山で撮影したものです。
花が美しかったので撮りました。
まだこの植物の事をなにも知らなかった頃の事です。
あとでしらべて驚きました。
こんな身近に恐ろしい植物があるのかと。






源平桃-ゲンペイモモ

亀山市の太田の堤防沿いの桜が満開になりました。
たぶんこの辺の桜はほとんど満開でしょう。
あいにくの天気で映えません。
140404-03
140404-04
でも、垂れ下がった枝の花を嗅ぐとすごくいい匂いがします。
あたり一面にも、ほのかな芳香がただよっていました。
ちょうど桜餅の匂いです(あったりまえだろ!!)。
桜餅を食べたくなったので、明日買ってきます。





時期を同じくして、太田の堤防にはゲンペイモモが咲きます。
1本の木でピンクと白の花を同時に咲かせる不思議な木です。
名前の由来は容易に想像がつくでしょう。
木材で赤身と白太が共存するものを材木屋さんはゲンペイと言ってました。
140404-01
140404-02




有給とってオイル交換と松の剪定

愛車ハイエースバンの205000kmのオイル交換です。
ジェームスで待ち時間を聞いてビックリ、なんと5時間です。
それなら自分でやってしまおうと。
昔は自分でやってたんですが、ジェームスが出来てからはずっとやってもらってました。
それほど金額かわらないですし。
でも時間待ちが長いとなると話しは別です。

んで、N本くんに教えてもらったオイルチェンジャー、コメリで7000円ほどでした。
4L用なので1タン半です。めんどくさいけどジャッキアップするよりは楽です。
5分アイドリングでスラッジをオイル内にまんべんなく攪拌して、吸い上げるだけです。
くみ出したオイルはオイル処理箱の中の繊維にしみこませて終了です。
所要時間は1時間たらずでした。

140402-12




ほんで次は、、、
松の剪定です。これがまた面倒なんであります。
余分な枝をハサミで1本1本切っていくのであります。
そして葉をむしり取って少なくするのです。
ほんとは昨秋にするべきだったのですが、薪狩りに忙しくて延ばしてしまいました。
ぼうぼうです。
140402-13
4時間かかってあらかたできましたが、右下が少し残ってしまいました。また今度です。
140402-14
もう6回目になりますが、いまだにさっぱりわかりません。
テキトーにやってます。
スッキリはしましたが。




有給だったので、安楽峠へのジョギングであります。

ヤマザクラ、やっと咲き始めました。
140402-01
140402-03




タムシバ(コブシにそっくりなやつです)も咲き始めました。
写真の左上の白い点々です。
道の近くになかったので、わかりにくくてすんません。
140402-05
まだまだほんの咲き始めです。



アセビもあちこちで満開です。
140402-02




こいつは満開ではなくて、
ただ落ちていただけです。
140402-04
先っぽがかじられているのは何故でしょう?
そういう習性でもあるのかな。