空気中の浮遊物質


きのうのこのブログで

>晴れてはいるのに、なんか霞んでいる感じです。
>これって、騒がれている汚染物質?
>テレビ見ないのでわかりません。

と書きました。
きのうは三重県内でPM2.5の注意喚起が出されていたようです。
「激しい運動や不要不急の外出をするな」
と激しい運動をしてしまってから知りました。


でもPM2.5って粒径が2.5ミクロン以下のやつってことしか知りませんでした。



日本エアロゾル学会のホームページからの抜粋です。

   ↓↓↓

I. PM2.5とは?
Q1. PM2.5とはそもそも何なのでしょうか?
→A1. 空気中に浮かんでいる小さな粒子のことをエアロゾルと呼びます,そのうち,粒径2.5μm(マイクロメートル,ミクロンとも呼ぶ。2.5μmは2.5mmの1000分の1)以下の粒子をPM2.5(一般的にはPM2.5と書くことも多い)と呼び,その大きさから人間の肺の奥にまで到達しやすいとされています。ただ,PM2.5は最近急に発生したものでなく,太古の昔から一定量は地球上のどこの大気にも存在しています。また,自然起源のものと,人間の活動により発生するものがあり,自然起源のものについては原始時代から人類は呼吸してきたものです。 (工学院大学・並木,産業技術総合研究所・兼保)

Q2. PM2.5とはどんな物質ですか?
→A2. A1でも記したようにPM2.5は粒径2.5μm以下の微粒子と言うだけで,その中身は何も規定されていません。その中には硫酸塩や硝酸塩の様な塩類,ディーゼル排煙中のススのような黒色炭素,数千種類にも及ぶ有機化合物(その中にはたばこの煙の成分や,発ガン性を指摘されているベンゾ[α]ピレンのような多環芳香族化合物など多種多様な物質が含まれます),金属成分など様々なものが含まれています。一般的にはPM2.5の主要な成分は硫酸塩や硝酸塩などの塩類と有機化合物です。(東京農工大学・畠山,埼玉県環境科学国際センター・長谷川)





ということだそうです。

PM2.5という単語だけが世間をとびまわって人民を恐怖のどん底におとしいれてている気がします。
たしかに良いものではないけれど、「今すぐどうかなってしまう」ような物ではないのではないかと。
脳天気すぎますか?





スポンサーサイト

今日も二勤(16:35→24:35)、まだ少し元気があります。
今夜は残業なので明日は元気ないです。

春の陽気にさそわれて里山の方面へジョギングです。
晴れてはいるのに、なんか霞んでいる感じです。
これって、騒がれている汚染物質?
テレビ見ないのでわかりません。
でも霞んでいる方が、なんか春らしいと感じてしまうのは私だけでしょうか。

本日のコースは広大な茶畑を通り抜けて坂本棚田まで行きます。
放棄された茶の木は私の背丈を超えています。
納屋も大方隠れています。
140226-01
140226-02
こんな感じです。
140226-05




ジョギングのついでに20分だけ薪割りです。
140226-03
↓↓↓
140226-04
あんまり変化ありません。
難物が多いのであまり進みません。
ゴンダばかり残っていきます。

あしたは雨。
残りはまたチェンソーの力を借りて始末させて頂きます。
この場所をあけないと野積み薪棚を増設できません。






トレイルラン

今週は夜勤です。
月曜日はまだ元気があります。
走りました。
ここのところ休日は薪狩り中心で、走るのがおろそかになっていました。
いくら薪狩りが重労働でも、走るのがおろそかになると体力の低下を感じます。


いつものコースからちょっと山道へ入って、
140224-01


山道をどんどん登り、
140224-03


また下って渓流を渡り、
140224-02


また登って、最後の丸太の階段を上がりきると、
140224-04


林道の終点です。
仙ヶ岳に登る人たちは、ここに車をとめます。
140224-05


見上げると鬼ヶ牙がそびえています。
140224-06


里の方へおりてくると、いつもの伐採現場です。
田小屋のおじさんが、ヒノキ苗を鹿に食べられないように網を張りました。
140224-07


家へ向かう途中で山をふりかえると、仙ヶ岳にはまだ雪が残っています。
晴れが続いているのに、なかなか溶けていかないです。
140224-08


こんなコースでありました。
スマホで、ランニングのアプリを使いました。
140224-09




ハゼノキ伐採

この1月に伐倒した大クヌギのすぐ隣の、やはり田んぼの邪魔になる樹の伐採です。
今日の相棒はシャリーさんです。

ハゼノキ(かぶれる樹)、タブノキ、エゴノキが上空で絡み合っていて、1本ずつの伐倒が難しいのと、まともに倒すと田んぼの柵を直撃するので、樹に登って中間から切りました。
しかし美しくは伐倒できず、重なり合ってしまいました。
140222-02





ハゼノキにたわわに実がなっています。
この実は昔はローソクの原料になったと聞いています(テレビで言ってました)。
かぶれます。素手では触りたくありません。
田んぼの中に実が一杯落ちたので、この夏は田んぼの中からハゼが一杯生えることでしょう(笑)。
140222-04

この木はエゴノキでしょうか?
140222-03





倒した樹をさばいて、柴は田んぼの向こうへ運んで捨てて、
ハゼノキの幹は土留めに使いました。
土留めが必要かどうかではなく、ハゼノキだけは欲しくないからです。
倒すだけならハゼノキにあまり触らなくても済みますが、これをさばいて薪にするまでにはハゼノキの木屑を一杯浴びるのでかぶれるリスクが高くなるからです。
140222-05
手首ほどの細いヤブツバキ2本は残しました。
ツバキは硬くて重い樹なのでもっと大きくしてから伐りたいとシャリーさんが懇願したからです。
でも田んぼのおじさんが伐ってしまうかもしれません。





伐倒時にグニャリとつぶしてしまった田んぼの柵(写真は1/11のものです)を、
140222-01
シャリーさんと修復しました。
ワイヤメッシュや鉄筋を玄翁で叩いて伸ばし、番線やステンレス針金で縛り、なんとか柵に戻りました。
140222-06





ほぼ軽トラ1車分の薪はシャリーさんに引き受けてもらいました。
私の家はもう置く所がありません。
140222-07








薪狩りとはぜんぜん関係ありませんが、、、
妻は家で味噌の仕込みです。
無農薬大豆を一晩水に漬けてから茹でて、米麹や塩とまぜて樽に入れ、
上からも塩をまきます。
今食べている味噌は去年の今頃に仕込んだヤツだそうです。
140222-08
これともうひとつ、赤味噌も仕込みました。






本日有給休暇

今日は有給休暇です。
月度の初めに有給予定を出さなければならないので、1月なかばには決めてあった休みです。

で、やっぱり山仕事。
今日は、隣のおじさんが苗を出荷する為に育てて時期を逃して大きくなりすぎたクヌギです。
もうどうにもでけんから伐ってくれと。
次のを植えたいから早く、とまでは言ってないですが、そんな感じ。






一輪クローラー初仕事です。
場所は道から遠く離れた田んぼのはしっこ。
140217-01


ほっそいのが一杯立ってます。
伐るのかわいそうな感じ。
140217-02


太くてもこんな感じ。
8~9年でしょうか、種蒔いて育てたらしいです。
140217-04





梅が咲き始めてます。
140217-03

この燃えるように赤い樹はなんでしょうか?
140217-05







伐って切って、切りまくって柴の山とコンテナ横詰めで13杯。
140217-06



ほんとに細いのだけは残しといてくれとのことで、こんな風になってしまいました。
風でゆられて寂しそう。
140217-07


柴はチェンソーでシュレッドして終了です。
140217-08

朝8時から夕方3時までかかりました。

で、家の原木置き場は人に見せられないくらい乱雑になってます。

でもまだ伐るでえ。

伐らなあかんもん。

次の話し来んとあかんもん。






もう十分なんですが、

もう量的には十分で、積む所にも困っているんでありますが、
やっぱり休日は山へ向かいます。
寒いです。
手が痛いほど冷たいです。
山のいただきには雪があります。

140216-00



田小屋の前に、おじさんが拾い集めてくれた、伐採時に出た細い木がありました。
140216-06
切ってコンテナに入れると、そこそこの量になりました。
140216-07





N本くんが、先週伐った原木を積み込みに来ました。
今回は家族連れで、奥さんも手伝っておられました。
3人の子供さん達は山の中で ”秘密基地” を作ってました。
ガキの頃を思い出します。樹の上に秘密基地を作りました。
秘密基地って言葉は、子供にとってはなんとも魅力的な響きがあるのではないでしょうか。
140216-08
というわけで、今回はセカンドシートは起こしてあるので、ほんとの荷室だけでの運搬です。
窓には胴縁材をかませて枝薪を目一杯積み上げました。



しかし、まだあと一車分くらい残ってしまいました。
1ヶ所に集めて、地主さんの迷惑にならないようにして、これはまた次回の搬出です。
140216-09

このあとN本くんファミリーは  ”山小屋カフェ望仙荘” へ行かれました。





私はこのあと里道の土手の整備です。

道の上にかぶさった樹を伐ります。
例によって難儀な樹です。簡単なら地元のおっちゃんらがとっくに伐ってます。
普通に伐ると柵を壊すんであります。
140216-10


またまた軽量カーボンマストの出番で、
ロープにオモリをつけて高い枝に掛けて、
140216-12


ハイエースで目一杯テンションをかけた状態で、
横に受け口を切り、山側のツルを多めに残すように追い口を切って、
勢いよくハイエースで引きました。
140216-13


ちゃんと横向きにこけてはくれましたが、長すぎた枝が柵に当たりました。
でも柵は無傷でした。めでたしめでたし。
140216-14



あまり細かくならない程度に枝を切り、
ワイヤロープで束ねて柴捨て場までハイエースで引きずってって切りました。
140216-15



というわけで、積む場所がない我が家に更に薪が持ち込まれました。







それはそうと!!!

140216-02
薪棚が崩れました。 ”ホーカイ” ってオヤジギャグを言っている場合ぢゃありません。

ロープが切れたんであります。
いくら薪を高く積んだと言ったって、吊り下げているわけではないのでロープにそれほどの引っ張り力が加わっていたわけもなく、ただロープが朽ちていただけです。
PPロープは紫外線に弱く、古くなったのは要注意です。
140216-01

曲がった杭(φ16鉄筋)を叩いて伸ばし、薪棚に再度打ち込んで副え木をして、
別のロープで引っ張って薪を積み直しました。
来シーズンは、もっときちんとした野積み棚を作ります。
140216-04








親戚のおっちゃんが
アラカシを伐って、株の付近のゴンダを 「なんとか始末してくれ」 と持って来ました。
コロ薪にすれば良いので、ありがたく頂戴です。
140216-05







二勤の昼間

最近二勤(夜勤)の残業がなくなったので、懐事情の逼迫とは裏腹に精神的・肉体的・時間的に余裕ができました。
ちょいとジョギングに行った帰りに、里山を眺めてみました。
田んぼのむこう側です。
こないだ大クヌギを伐らせて頂いた山です。
葉の落ちている樹はカラスザンショウが半分近くあります。
カラスザンショウはトゲが一杯あるので、伐採してもどうにも手がつけられません。
そのほかはヤマザクラが少し、常緑樹はシロダモやタブノキなどの薪としてはやや軽い樹種です。
ダメではないけれど、カシやコナラやクヌギがあるうちは後まわしにしたい樹です。
でも地主さんのことも考えなければならないので、軽い樹でも邪魔な樹は伐るしかありません。
うまくバランスをとりながら、ほどほどに伐っていきたいものです。
140213-01





ジョギングから帰ったそのまま、薪割りです。
140213-02
が、
20分ほどで
140213-03
です。
コンクリートの上で割ると衝撃力が逃げないので楽です。




こんな玉は割ると、
140213-04

こんな薪になるので、
140213-05
割るのはやめて、チェンソーで切る事にします。





コンテナ一輪で約3車分の薪を、
140213-06



野積み棚の上に積んだら、
140213-07
だいぶやばいです。
グラグラしてます。




割るのは(切るのも含めて)あとこれだけです。
玉が減ってくると嬉しくなってやる気が出て来ます。
140213-08



田舎のおっさんの今日の絵日記おしまい。

さあ会社。




梅開花

紅梅が咲き始めました。
あと少しで冬も終わりです。
でも今日は結構寒いです。
140211-01




こんな感じです。
って何?

こないだ買った一輪クローラーのアクセルレバーです。
ハンドルに取り付いている部分が割れました。
明らかに射出成形の欠陥です。湯境があります。
140211-02
買ったシロ産業にメールで画像を送ったら輸入元の和コーポレーションから電話があり、代替え部品を送るとの事です。当たり前です。
たぶん次に来る部品も同等の物でしょう。なので自転車用のレバーを買って改造する事を計画しています。





山で木を伐倒するときにロープをかけるフックがないと思っていたら、グリルガードが取り付けてあったことに最近やっと気づきました。フックはないと困るので、厚み9mmx巾50mmのフラットバーで延長部品をつけました。
シャックルの付いている部分です。シャックルは普段はもちろん外しますが。
ボルトがM10なのでやや心細い感じですが、ステンレスの剪断抵抗係数50とすれば4TON近く持つということになります。ほんとかいな?
まあそんなに力はかけないので。
140211-03





また少し積みました。だんだんと右側に傾いています。
いつものくせで、積んでいる側へ傾いてくるのであります。
また玄翁でこついて修正します。
140211-04





今日も伐採

このブログを見て下さっている方々は、もういいかげん見飽きられた事でしょう。
でも伐採です。

今日の樹はヒノキ林の中に立っているエノキとシロダモです。
地主さんはこの2本の樹を大変苦にしておられて、穴をあけて灯油を入れるとか皮をむくとか言っておられました。
こかすにも他の樹を傷めるので難物です。
140209-01
140209-02



朝8:00にはシャリーさん、H頭くん、N本くん親子が集まってくれて作業開始です。
シャリーさんが以前務めていた造園屋さんからカゴのついたトラック搭載型クレーンを借りてきてくれました。
そのカゴに乗ってMassan Ossanは上に向かいます。
140209-03



上から見るとこんな感じです。思わず「ヒャッホーイ!!!」です。
140209-05



手当たり次第に枝を切って落とし、ガス欠にておりてきたのが9:30、だいぶさっぱりしました。
140209-04



シロダモ(細い方)は常緑なので伐る前からわかってましたが、太い方の樹がニレ科の何かという事しか樹皮だけでは判別できず落ちた枝の先の冬芽をみて調べた結果エノキと判断できました。
140209-06



ブームを全部延ばしても届かなかった最上部の枝3mくらいを切った時に、頭上にかぶさっていたのでやらしいなあとは思ってましたが、切るしかなかったので度胸決めて切りました。
やっぱり枝が頭を直撃しました。私はヘルメットかぶっていたので大丈夫でしたが、ヘルメットをかぶらせてなかったこの子は負傷してしまいました。
140209-07



ロープとハンドウィンチをかけて受け口・追い口を切ってこけない所で止め、
140209-09
140209-08



ハンドウィンチを一杯まで巻ききってもこけない、しかたがないのでN本くんが更に切り進めました。
140209-10



その直後のこと、いきなり樹は倒れました。
テンションがかかっているのと枝がないのとで、倒れる勢いはすごかったです。
140209-11



谷に落ちた丸太は谷底で玉切ってクレーンで搬出です。
140209-12



この橋というか暗渠というか、私が生まれる前に昔の人たちが作り上げたものです。
もとはただの谷で、道はありませんでした。
140209-13



エノキの切り株はこんな感じです。
140209-14



私もシャリーさんもH頭くんも今シーズンは薪をもう十分集めたので、今回の木は全部N本くんが持っていく事になりました。
キャラバンの荷室に一杯詰め込んで、
140209-15
まだこれだけ残りました。
140209-16



林の中はスッキリ、ついでにヒノキの枝打ちもして地主さんは大喜びです。
140209-17



山の神様ありがとうございました。
シャリーさん、H頭くん、無償奉仕ありがとう。
N本くんごくろうさま。






新兵器導入

買いました。
あれです。
届きました。
きのう。


開梱して、出そうと思ったらあまりの重さにビックリ。
見に来ていたシャリーさんにつってもらって箱の外へ出しました。
きのうはそこまでで終了。
140202-01



今日は朝から隣の法事で昼過ぎまでかかって、
天気も雨は上がったものの、いまいちだったのでストーブの前でひっくり返っていたら
夕方まで起きれず、夕方からやっと組み立てました。
一輪クローラーであります。
コンテナに枝薪を縦差しに詰めた2杯を普通の一輪車に載せると、少しの登り坂がかなりきついのであります。
四駆の軽トラがあればかなり狭い所まで入れるのでまだ良いのですが、ハイエースだとどうしても一輪での搬出が多いのであります。
なので買いました。
少しくらいなら山の中も行けると思いまして。
140202-02
ハンドルバーを取り付けて、それにスロットルレバーとスイッチを取り付けて、エンジンオイルを100cc入れて、ガソリン(混合でない)入れて、薄暗がりの中で試運転。

感想
音がやかましい。
高速側(低速、中立、高速の3つ)にしていても遅い。
脚のフタがすぐ取れてしまった。
アルミ製に見せかけた鉄製なので重い。でも修理は鉄の方がやりやすい、溶接も出来る。
きのう採って来て放置したままの枝薪入りコンテナ2杯をのせて家の坂道を登ってみましたが、これは余裕でした。

補助輪は標準でついてましたが、不要と思って外してあります。
脚は内側に折りたためます。山道での走行時は折りたたんだ方がよさそうです。

これはシロ産業というWEBショップで送料含めて87000円ほどで買ったのですが、マキタ沼津からも同様の物が出ていて倍くらいしています。写真見る限りではそっくりで、スペックもそっくりなんであります。何がちがうのでしょうか。
まあこれは追い追いわかる事でしょう。









140202-03
これは新兵器と言うほどの物ではありません。
11年間使ったホットカーペットのメインスイッチのスライダーの基盤側の爪が破損してバカになってしまったので、メーカーに問い合わせたら古すぎてパーツなしとの事でした。なので常時ONで固定して電源コードの中間にスイッチを追加しました。コタツに使われているのと同じで両切りスイッチです。
かかった費用380円なり。

道沿いのコナラ伐採

今日の薪狩りはシャリーさんとH頭くんと私の3人でした。

道沿いの谷の土手に立っているコナラを伐倒しました。
2株で2本ずつの株立ちなので計4本、根元で25~30cm強のあまり太くないコナラでした。
ただ、また例によって普通に伐倒すると谷底に落ちてくという難儀な樹です。
140201-01


地主さんはこの土手にヒノキ苗を植えたいそうです。
雑木を生やしておくと枝を張って道や建物(田小屋)に悪さをするとの事で、自分が元気なうちにヒノキの植林をしたいそうで、今冬の初めから伐採をさせて頂いてきました。
140201-02


まず1本目。
ロープをかけて軽トラで引き、上側に受け口を切って谷側から追い口を切ります。
追い口の途中からチェンソーのバーが木に噛まれます。
軽トラの引きを強めてチェンソーを抜き待避して、更に軽トラを引いて伐倒です。
140201-04



大成功です。
本当は道に直角に引っ張ると良いのですが、反対側は茶園なので車が入れません。
前回は3人が手で引いてこかしたのですが、結構しんどかったので車で引きました。
140201-05



2本目もロープをかけて引きます。
140201-07


2本目も成功です。
140201-08



そして3本目もロープ。
140201-09
こけた所を撮り忘れました。
成功でした。きちんと道へこけてくれました。



先にこけた木をさばいてから、最後の1本にロープをかけて。
140201-10



最後の1本で少し失敗しました。
主幹はギリギリ土手のいちばん上に引っかかったのですが、先っぽが谷底に落ちました。
140201-11
140201-12
細い部分だけ切って谷へ落とし手持ち搬出し、かろうじて引っかかった太い幹は3人がかりで道へ引き上げました。




あまり太くはない枝振りもさびしい木でしたが、4本もあると結構な量になりました。
H頭くんはFITの後部座席を倒して山盛り2杯、シャリーさんは軽トラ1杯、
私はこんな感じです。 
140201-14


今回、ウィンドサーフィンをやめて以来無用の長物だったカーボン・ケブラー製のマスト(帆柱)が使えました。
それは樹の高い所にロープをかける時です。
ロープの先にオモリをつけてこのマストの先に差し込んだ木の又に引っかけて使いました。
なんせ460cmもあるし軽量なので。2ピースなので持ち運びの利便性もあります。
何万円もしたのですが、屋根裏で眠らせておくよりは浮かばれます。
140201-06
140201-13



午後に地主さんが来て缶コーヒーの差し入れを頂きながら、別の場所へ連れて行かれ次の伐採依頼を頂きました。
クヌギとコナラが多かったです。
ただ ”出し”が悪い(搬出作業性の悪い)所なので今回のようにははかどらなさそうです。
来年のお楽しみです。