FC2ブログ

ドラフトの改善

エッセクックストーブのバッフルの取り付け部両脇のブリックの上には空間があり、この空間はそのまま排気経路に通じています。ということは扉上部から入ったエアは火室を通ることなく、すぐ近くにあるこの空間から排気されてしまう訳です。このバッフルは私が先日作った物ですが、純正のバッフルも巾は同じなのでブリックの上はこれと同様です。当然、煙の引きは悪くなるはずです。

ということで、グラスファイバーロープをバッフルの上や両脇にねじこんでやりました。
はっきりわかるほどの効果があるかどうかは ”?” です。
でも思いつくことは全部やりたいんであります。
131026-4
スポンサーサイト

薪の搬入

そろそろシーズンインなので薪を少し運び込みました。
これはストーブサイドの薪置き場です。約0.5㎥くらい積めるので1週間分くらいといったところでしょうか。
ストーブ自体にヒートシールドがついているので、10cmくらいしか離れてませんが全然大丈夫です。
131026-9


私の薪運び道具です。
131026-3
黒いベルトを首から掛けて合板製のフックを緑のコンテナの持ち手の所へ引っかけます。
左手でコンテナの前を持って運べば右手はフリーになるのでドアを開けたりするのに便利です。
131026-8
ちなみに写真は妻ですが、説明の為に持ってもらっただけで、妻が薪を運ぶことはありえません。私の仕事です。

薪運びの道具はさまざまなものが出ていて、置いておいてもインテリアになるような洒落たのも一杯ありますが、私は結局この方法に行き着きました。ゴミが落ちない、箱自体が軽い、片手がフリーになる、というのは絶対条件です。ただプラスチック製というのはなんとも見た目が貧しいので普段は見えない所に置いておきます。


自然の恵みに感謝

シイタケが上がり始めました。
と思って上からものぞいたらナメクジに食べられてました。くっそぉ、にっくきナメクジめ!

131026-1



落花生が採れました。
オオマサリという、でかいやつです。
自然の恵みに感謝です。
ストーブを焚くようになったら、天板にのせて炒って食べます。
じつは私、生でも食べます。落花生の生食ってあまり耳にしないのですが、作り始めた頃に炒るのが面倒なので生で食べたら美味かったので、炒るのが面倒なときは生で食ってしまいます。採ってすぐより少し乾燥させてからの生が美味いです。
くずも一杯あるので、それらは今夜塩ゆでにして食べます。

131026-7