FC2ブログ

秋の大仕事、庭木剪定



私の苦手な仕事です。
モチノキ剪定はヘッジトリマーまかせなのでまだイイですが、松の剪定は何度やってもイマイチ、どれを摘んでどれを残すかが判断出来ず、根拠の無い当てずっぽうの剪定です。


まずはモチノキ、それほどボウボウ感を感じません、まだ玉の境目がハッキリしてます。
なるべく安全にと思って、非力なバッテリー式片手ヘッジトリマーで上部をやってましたが、最上部の玉を小さくしたいので、やむなくエンジン式ヘッジトリマーを持って樹上に渡って立ってのトリミングです。深く刈りました。伸びた所だけの剪定だとだんだん大きくなってくという事をつい忘れて控えめにやってしまい、何年かに一度それに気づいて深く刈るという愚かなサイクルを繰り返しています。
191006-01




上部を刈っているときに見覚えのある、イヤな物が視界に入りました。
191006-02

191006-03
いちど視線は通り過ぎましたが、また見直してヒロヘリアオイラガ(触れると激痛)ではないかと思い、その部分を切り落として隔離(隣のガサワラ)です。見つけたのはこの1匹だけでした。それも不自然なのではありますが。




2時間ほどでモチノキは完了です。
191006-04




そして、松の剪定に約1日半、かなり思い切って枝を間引きました。
このビューンと伸びた枝も一節分切り詰めました。歳を取って行くのでだんだん楽に出来る様に形を変えていこうと思います。最後は本職にまかせるかボウボウにしてしまうかになってしまいそうですが、登れるうちはやろうと思います。
191006-05




サツキも、本当は今刈るとツボミが飛んでしまうので気の毒なのですが、春に深く刈り込むより休眠期の方がダメージがないかと思い深めに刈りました。
191006-08




これで伐採シーズンイン前の大仕事は終了した事になります。
早いとこ焚き始めてコロを消化せねばなりませんが、暑いです。





スポンサーサイト



蜜柑苗 植樹



9月20日の事であります。
かつては4本あった蜜柑の木が次々と枯れ、この春にとうとう最後の蜜柑が枯れて1本も無くなってしまったので、秋を待って植える事にしてました。



前の蜜柑の切り株が少し右にあります。
実が5個生っていたので、小動物に盗られないように網の袋をかぶせてブロックを重石しました。春になったら外そうと思っています。
190921-02



品種は宮川早生というのです。
190921-08

190921-09





まだヒガンバナの花枝は出て来ません。




1ヶ月ぶりの草刈り ほか




ほんま、ネタがありません。
草刈りくらいしかしてません。
頭の中はクライミングギヤのことで一杯です。



盆休みに入った8月10日に刈ってもう1ヶ月です。少々草の勢いが落ちた気はします。
190908-01

とはいうもののヤブガラシという蔓草の勢いはスゴイです。
190908-03

190908-02

田んぼの土場はというと、
190908-04

190908-05
ほんとに伸びてません。地主さんが撒く除草剤が効いているのでしょうか。




昨シーズンというか春に混合したガソリンがまだ刈り払い機の中に残っていて、それを使い切るべく伸びてもない草をあちこち刈って、
190908-07

進入路も刈って、
190908-08

下の田へ降りていく畦道も刈って、やっとガソリンが無くなりました。
190908-06




土場から帰って家の草も刈り、
190908-09

ここはイノシシが掘った穴があって刈りにくくて困ります。
190908-11


妻が耕作放棄してしまってヤブガラシの楽園になっていた一角を刈り、近々椎茸榾場にしようかと目論んでいます。
190908-14

パンパスは今が一番見頃な感じです。台風が来たらクシャクシャになるでしょう。
190908-13
パンパスは株が小さいうちは背が高くなりますが、株が大きくなってくると高くならず見映えがしません。




気分転換に、こんな物もいじってます。
190908-12
フットアッセンダーの上にスパーを履いてみましたが、これは少々無理がありそうなので、、、

こんな感じで行こうかと。
190908-16




安楽峠へのジョギングの帰りにサルナシの木を(今年は実がなってないなあと)見ていたら、後ろからやってきた車が止まって 「どうかなさいましたか?」 と話しかけられて、30分くらい話し込んでしまいました。その理由は、赤い字の部分です。
190908-15




椎茸榾場




台風10号で立ててあった椎茸榾木がこけました。モクレンの木が風で揺れたからでしょう。
立て掛けてあっただけなので、そりゃあこけて当然です。
190817-07
ちなみに、こけた6本は2018春に植菌、左の遮光ネットを掛けて蔓にまみれたのが2019の6本です。




一時しのぎで端材の杉赤身の杭を打ちました。1年持てばいいです。
190817-06





マキタ草刈り機(ナイロンコード専用機)MUR181のモーター交換4回目




マキタ充電式草刈り機MUR181のモーターがまた壊れました。今回2ヶ月しか持ちませんでした。その原因はおそらく、ナイロンコードが無くなった為に専用ではない太いナイロンコードを使った事によるモーターへの過負荷だと思います。
190810-05

190810-06



透明な細い方がマキタ純正の当機専用のナイロンコードです。黄色いのは市販の2.3mmだったか2.6mmだったかのナイロンコードです。
190810-07




細いのはなんとなく頼りない感じですが、細い方が草の切れが良い事に気づきました。そのかわりナイロンコード自体も消耗が速いのですが、まあ肉を切らせて骨を断つ的な原理で、よく研がれた刃物は切れが良くても刃こぼれしやすいのと似た事象のような気がします。


という訳で5個目のモーターが始動です。



草刈り三昧のちタマローリー廃棄準備





本日、草刈り三昧です。
まず土場、4週間ぶりですがあまり伸びてはいません。でも盆前なので刈っておきます。盆にアチラから帰って来た爺さんに怒られるとアカンので。

草刈り前の写真だけです。
190803-01
地主さんも刈りに来ておられました。広いので大変だと思います。


あと家の周囲もひととおり刈って半日ほどかかりました。
昼御飯のあとは長めの午睡&読書が夏場の私の標準で、陽が少し西向いてからまた少し作業です。




先週掘り起こした雨水タンクに使っていたタマローリー、廃棄の準備です。そのまま持って行っても市のゴミ処分場は引き取ってくれなません。

何で切るかを思案したのですが、切り屑が少ないジグソーにしました。こんな時にレシプロソーがあると良いのですが、使用頻度を考えると買えません。チェンソーも速く切れそうなのですが、切り屑が多く出るので却下です。ディスクグラインダーだと融けた樹脂が砥石の目詰まり起こすのでイヤです。
190803-02




少々切りにくかったですが、なんとか。
190803-03
このジグソー、私が15歳の時に買ってもらったもので、生涯初の電動工具という事になります。ナショナルです。




コンテナに入れて盆までに市の環境センター(ゴミ処分場)に持ち込みます。
190803-04




少しずつですがシーズンオフの間にやっておくべき作業を潰して行ってます。
でも煙突と薪ストーブの掃除はまだです、暑い時期にはあまりやりたくないです。盆休みになったら早朝のうちに屋根に上がろうかと考えていますが台風8号はどうなんでしょう。




里山の道路整備


きのう(7月27日土曜日)は台風6号が三重県を縦断しました。弱い台風ではあったのですが、それでも台風は台風なのでソコソコの強い雨が降っていて傘を差してまでは作業場や納屋へ行くのも億劫で、ほぼ家の中で過ごしました。やった事と言えば今日の出合い仕事の準備と、家の電気配線の詳細を印刷・ラミネートして配電盤に設置したくらいでありました。まあゆっくり読書は出来ました。




で、本日は自治会の出合い仕事で、私の担当場所は里山である矢原(やばら、土場のあたり)の道沿いの草刈りと枝払いでした。
雨上がりだし、そうでなくてもヤマビルが多いので ヒル下がりのジョニー をしっかりとズボンの裾に吹いて臨みました。
190728-01

草もですが、木の枝が垂れ下がっていて車によってはけっこう邪魔です。2年前にも枝払いをして枝の元自体は上方へ行ったはずなのですが先端は2年前と同じくらいの低さにまで来ています。地主さんには既に連絡済みで、お願いしますと言われてます。
190728-02
4mの梯子のてっぺんに乗って、一応ハーネス履いてクライミングラインとフリップラインを木に巻いて両手を使える状態で、久しぶりの枝下ろしでありました、ちょっと嬉しかったです。でも生かす木なのでスパーが使えず、ギリギリまでクライミングラインで体を持ち上げて、やっと届く枝が車に届かないギリギリでした。スパー以外の何か移動可能なステップを模索したいと思っています。



AFTER
変わったような変わらないような、でもまあ車には当たらなくなりました。
190728-03


ヤマビルに噛まれる事なく出合い仕事は終了したのでありましたが、夕方に無防備状態で墓掃除に行ってヤマビルに噛まれてしまいました。私の場合、大抵は噛まれて早期に痛痒さを感じるので気づく事がほとんどで、ヒル下がりのジョニーを吹きかけて退治できましたが、気づかない人も多いようです。気づかないと1時間ほどで満腹になるそうで、ポロッと落ちて脱皮・産卵するそうで、吸われた痕からは血が止まらなくなります。衣服から沁み出した血でヤマビルにやられた事に気づくのです。





枯死したミカンの木を伐採




寂しいことですが、とうとうミカンの木が枯れました。この木はもともと根元から3本ほど枝が出ていてもっと広がりのある木でしたが、枝が1本枯れ、2本目が枯れて、とうとう最後の枝が枯れました。春には新芽が出たのですが、もう最後の力を振り絞ってのことだったのでしょう、花は咲きませんでした。まだ昨年は実が生っていました。
190629-09

かつては4本もミカンの木があったのですが、全部枯れてしまいました。最後のこの木で45年ほどではないかと思います。無農薬かつ無肥料で、ほぼ完全に自然な状態だったので香りが強く程よく酸味もあって、親戚に配るほど収穫があって喜ばれたものでした。



感謝を込めてさばき、最後に家を暖めてもらおうと思います。
亡き祖母は、生り物の木(果樹)は焚いたらアカン、家が落ちぶれるのやげなとよく言ったものでしたが、根拠もわからないので私は焚かせて頂きます。
190629-10




秋には新たなミカン苗を植えたいと思います。




先日、実が生らないからと言って妻の決断で伐ったユスラウメの切り株からひこばえが出てました。本当に健気です。もし大きくなって実が生るなら生かしてやりたいと思います。
190629-50




庭木の手入れ





なんとか雨は上がってくれたので、さっさと庭木の手入れをやってしまいます。
190616-72




久しぶりの地下足袋です。私は長靴派なので滅多に地下足袋は履きません。5年前に買ったファスナー地下足袋、少し破れてますがまだ履けます。
190616-71




松の新芽が結構目立って気になってました。
190616-75




長く伸びた新芽を、本当は選んで摘むのだそうですが、私はもう一切伸ばしたくないので新芽は全部摘んでしまいます。
190616-76




松の緑摘み、1時間ほどで完了です。
190616-77
トウカエデの切り株から切り出した板、役に立ってます。根元なので目が入り組んでいて割れません。




サツキも剪定して、庭木の手入れは2時間ほどで完了です。また秋までは中の草を取るくらいです。
190616-78




ユスラウメとシキビ伐採




畑の中に植えてあったユスラウメとシキビを伐採しました。



まずユスラウメ、植えたのは10年以上前、実が生ったのは1~2回で、ここ数年は花も咲かないし頭でっかちになって作物に影するので妻から伐採命令が出ました。なんでこの時期や?と言いはしましたが、冬のシーズン中に言われるよりマシです。



作物がある(大したものは無い)ので伐倒は出来ないので、上から少しずつ切っては落とす特殊伐採です。それもグランドワーカーのいない一人特伐です。
190608-31




15cmくらいのもんでしょうか。
190608-32




細枝はフィスカースの鋏で細かく切って沈めました。
190608-33




ユスラウメの樹皮はサクラやウメに似た感じです。
190608-35




ついでにシキビも伐ってくれと。

シキビ、正式にはシキミ(樒)ですかね。仏花です。かなり毒性が強い植物ですが、作物との根栽は問題ないそうです。




まるで放置林ですね、左はブルーベリーなので、このシキビのおかげで影になるし通りにくいし、蜂が巣を掛けるし、です。大きくしてしまったシキビは仏花にするに形が悪いんです。そして、今は仏花は買って来てるので、それにビシャコ(ヒサカキ)もあるので、伐りました。太いのが2本(植えたヤツ)と、種で勝手に増えた幼木が何本かありました。
190608-34
捌くのが面倒なので、葉っぱが落ちるまで放置しようと思います。










マキタ草刈り機MUR181のモーター交換3回目




備忘録です


マキタ充電式草刈り機MUR181DZ
ナイロンコード専用の構造で、1本出し、専用ナイロンコード使用推奨(だと思います)。

2016年春に買って丸3年です。軽くて使いやすいので非常に重宝しています。ただ、判を押したように1年でモーターが壊れます。回転が上がらなくなり、しまいには回らなくなります。今回で3回目の交換、つまり新品から4個目のモーターです。そして2年に1回ギアコンプリートという部品 (主軸とギアとスプールのベースの一体品) がダメになります。



この草刈り機本体のみが実売価格12000円ほどで、モーターが税別1700円、ギアコンプリートが税別1100円と、毎年交換して行っても許せるくらいの出費で15分もあればモーター交換できるし、重宝してるので仕方ないという判断になります。




190608-05




190608-06




190608-04
どれが品番なのでしょうね。



やっとシイタケ植菌




シイタケの植菌、やっとやりました。
190408-02




効き目があるのか無いのかわかりませんが24時間水に浸漬します。
190408-03




今回は、いつも原木を差し上げている親戚のニーサンが余った種駒をくれたのを使いました。
190408-01




今シーズンはコナラを1本も伐らずクヌギ1本だけだったので、シイタケに回った本数も少なく枝有りの良くない原木でした。コナラが無い分カシが多かったので薪集めとしては良かったのですが、コナラを1本も伐らなかったシーズンは無いです。




ウリ坊ちゃんにあった



備忘録





自治会の出合い仕事の時に猪の子供 ウリ坊 がいました。猪は夜行性と聞いているのですが ...
お母ちゃんはおらず子供だけが4匹でいました。100mくらい離れてたのでデジカメの光学5倍+電子ズームなのでボケてます。
180805-90

場所は薪の土場の近く、時刻は9時前のことでした。
鹿や猿にはしょっちゅう会いますが猪に会うことはまずありません。





畑の電柵の扉を作り替え



先週の西の扉に引き続き今週は電柵の扉の作製であります。




電柵は畑の獣害防止の為に10年前の2008年7月に張りました。その際に畑への出入り口に取り付けたのがこの電柵の扉です。
180721-01




10年の月日は扉をこんな感じにしてしまいました。
古びた色合い自体は好きなのですが ...
180721-02




2年前に扉が何物かのアタックを受けて壊れて、端材で応急処置しました。
180721-03




留め具も朽ち果ててます。
180721-04




で、新たに作りました。旧型は右吊りで外側(写真手前側)に開くようにしてありましたが、新型は畑側(写真向こう側)に開くように変更して右吊りなので吊り元自体は左の柱となりました。
180721-05




この写真は畑の中からのものですが、今まで入口の脇に無造作に作物の残渣が積んであったので崩れて通路を邪魔していたので端材で柵を作りました。
180721-07




扉を開けた状態でばたつかないように作物残渣の柵に固定する留め具も付けました。
180721-06




一つずつ やることを減らして行ってはいますが、まだまだやることが無くなるまでは先が遠いです。

そう言っているうちに来シーズンの薪狩りが始まってしまいます。





以上。









どうも最近ウンが付いてます



ツバメの巣の下にある糞塚が更に標高を増して来たなあと思っていた
6月22日の午後2時頃の事でした。
180623-11





3羽の仔ツバメのうちの1羽がボーッと下界を眺めていたので私はそのツバメをボーッと眺めていました。そしたら次の瞬間その仔ツバメは飛び立ちました。それが初めて飛んだのかどうかはわかりませんが、たぶんまだ初めの方だという感じがしました。
180623-04
180623-01




しかしその深夜1:30頃に夜勤から帰ったら3羽がケツ見せて巣にいました。
180623-05




翌6月23日の夕方、親子5羽で巣のまわりを飛び回って、フンを車に落としてました。
その後もうあまり来なくなった気がします(6月24日時点)
[広告] VPS







話しは変わって、というかフンつながりではありますが、テンの糞塚も更にパワーアップを果たしました。
180623-02

180623-03
2箇所にあります。
狸の貯め糞というのはあるそうですが、テンも同じ所にばかりフンをするのですね。まあ、あちこちにされるよりはマシかもしれません。

そのうち電柵の線を引っ張って来てギャフンと言わせてやろうかと思っています。



隣地の草刈り/浴室の外壁塗装



隣家の土地ではありますが草を刈ってくれないのでわが家の木部に触れて腐れの原因になるので私が刈っています。
バッテリー式ヘッジトリマーでテキトーに刈るだけですが。


浴室の外壁の羽目板下端が腐りかけていて塗装もはがれているので、養生もせずテキトーに防腐剤を塗っておきました。この防腐剤は刺激臭が無く使いやすいです。従来のクレオソート油に比べて防腐性能がどうかは知りませんが。
180616-65

180616-66




納屋の西



アジサイ咲きました。アジサイとパンパスは2年ほど前に、納屋の東に増築の都合で納屋の西へ移植したものですが、だいぶ勢いを戻してきました。
180616-02納屋の西
ヤマウドはもう10年くらいになるかと思います。2株植えたのが増えて6株だったか7株だったかになっています。ヤマウドの天ぷらが大好きです。
月桂樹はカレーやシチューなどに入れてます。独特の芳香があります。クスノキ科ゲッケイジュ属です。3年前に鉢植えから定植したのですが、やはり地植えにすると勢いよく伸び始めます。




私は、アジサイはこの色が一番好きなんです。
180616-01アジサイ

サツキ剪定ほか野良仕事



この時期はあれこれと野良仕事が多いです。
ひとつのテーマで作業が出来ないのでブログ書きにくいです。




6月9日土曜日

まずはサツキ、花も終わったので剪定しました。
BEFORE
180609-01

AFTER
180609-03

松を剪定している時に私が尻餅をついて枝が折れた部分です。上から見ないとわからないので良かったです。
180609-02




野積み棚を解体して、敷いてあったブロックは端に積みました。
昨年は納屋増築の木材置き場にしてたので2年ぶりに通路が広くなりました。
BEFORE
180609-04

AFTER
180609-05




夏場は読書もしたいですし。
180609-12




ジュンベリーの枝が伸びて電柵を超えてしまっています。
テンがこれに飛びついて枝が折れてもいる(昨年も折られた)ので、剪定します。
BEFORE
180609-06

AFTER
180609-08
どう変わったのかよくわかりません。




ジュンベリーの枝が数本、
180609-07




そして先週から放置のビシャコ、
180603-05




これらを薪にしました。柴のように細いです。
180609-11




細薪にもならなかった柴は例によってエンジン式ヘッジトリマーでシュレッドします。
BEFORE
180609-09

AFTER
180609-10
これは畑に置きます。わが家は不耕起放任農法なので鋤き込んだりはしないので少々腐るのが遅くても差し支えありません。





6月10日日曜日


午前中は某所の生け垣剪定のお手伝いでエンジン式ヘッジトリマーとバッテリー式ヘッジトリマー使ってました。写真はありません。




そして、

隣のおじさんが うちは梅を漬けたりはせえへんから採ってもエエで と言ってくれたので収穫させて頂きました。
180610-11
三脚脚立をこれでもかというくらいに寝かせて奥の方を採っていたらひっくりかえってしまいました。




あまり奥まで入る気にならないので収穫はこの程度です。1kgあるのかないのか、この梅が梅干しになるのか梅酒になるのか、不明です。
180610-10




家のまわりでゴソゴソと



夏になると山里ではいろんな作業が発生します。
まずは草刈り、これは1ヶ月は持ちません。
これを怠ると、前に裏の畑の爺が除草剤を撒きに来やがったので文句言ってやりましたが、早い目早い目に刈ります。

チップソーで刈らなければ追いつかない所もあり、ナイロンコードでないと刈れない所もあり、ひととおり刈ると半日ほどがあっという間に過ぎています。まあ、草刈りは好きなので良いのですが、いい気になって草を刈ってると他の作業が出来なくなります。




草刈りのあと、
今シーズンに植菌したシイタケ榾木6本が地べたに寝かせてあったので、コンクリの上なら良いのですが土の上だとシロアリが入ったり早く腐ったりするので、ブロック敷きにしました。ただ、これだと風通しも良くなるので水やりをこまめにしようとは思っています。
180603-02
モクレンの木の下であります。
180603-01




そして次は、
屋根に掛かってしまっているビシャコ(ヒサカキ)を伐ります。何本かの株立ちになっているので、2本を残して3本ほど伐りました。
180603-03




上の方は蔓地獄になっていて、アケビやらツヅラフジやら勝手に生えて繁茂してるので引っ張っては蔓を切りました。アケビが既にニャンコのアレくらいにはなっていました。
180603-04




というわけで、しばらく葉枯らしののち薪にして柴はシュレッドして畑に置きます。
180603-05




いつのまにかスズメバチの巣が掛かっています。春には無かったものなので今シーズンのものです。でも、当のスズメバチがいません。何度も通るたびに見ていてもいません。もしかすると蜂トラップに掛かってしまったのかもしれないですね。気の毒ですが、こんなよく通るところにドッジボール大の巣が出来てしまったらたまったものではありません。
180603-08





庭木の剪定ほか


備忘録 ~コメントお気づかいなく~

5月3日 庭木の剪定

昨秋すべきであったのですが、納屋増築が長引いているうちに薪狩りシーズンに突入してしまい、庭が放置されたままでした。ボウボウで見ていられず、今頃やりました。



180503-01


いつもの重いエンジン式ヘッジトリマーは今回はゴメンして頂いて、軽いバッテリー式のマキタのヘッジトリマーで刈りました。非力ですね、やっぱり。なので仕上がりを深追いせずテキトーに刈っときました。



松の方は 「緑摘み」 と言って伸びた新芽だけを摘むやり方に少しだけ混んだ所を剪定しました。



1日で終了の手抜きな剪定でありました。
180503-02




5月4日

本日は明日の 「田んぼの薪小屋西プラス」 普請の準備で資材買い出し、のち刻みでありましたが、先日ポプラの芯止めした時のトップカット部6.8mが芝生の上で邪魔だったので薪にしました。薪にしてみると意外と少なかったです。
180504-01




スギと同等の軽い木なので来シーズンには焚いてしまいたいです。西日のよく当たる場所へ積みました。
180504-02








シイタケ植菌



備忘録 ~コメントお気づかいなく~



シイタケの種駒打ちをしました。雨が降っていたので納屋(増築した方)で打ちました。
作業台での種駒打ちは楽でした。
500駒、太めのクヌギ(樹皮はコナラにそっくりだったが葉っぱはあきらかにクヌギだった)6本なので1本に80~90駒というかなり密な打ち方です。間隔はテキトーです。
180415-92




今回はホームセンター 「ミスタートンカチ」 に普通に売ってたものです。
今年から品を変えたようです。
180415-91




コンクリ練るフネで浸漬すること12時間ほど。
180415-93




あまった原木、1mが12本、成育の悪い放置林のコナラ、赤身がデカすぎでシイタケには不向きの判断で薪にしました。
薪24本とコロ12個になりました。
180415-94



キンモクセイを剪定しました



キンモクセイの花も終わったので剪定します。
本当は剪定しないキンモクセイの樹形が好きなのですが、建物の近くにある場合は毎年きちんと剪定していかないといけません。
171001-04




スッキリしましたです。
171001-13




お隣さんの茶の木の枝が道に出っ張っていて通行の邪魔になる(黄色い線)ので刈らせて頂きました。
一人暮らしのご老人、まだまだお元気です。
171001-03








たまには山のことも書きますヨ



たまには里山のこと、田舎暮らしに関わることも書きたいと思います。




盛夏から秋にかけて山ではノリウツギが咲き誇ります。
アジサイに似ています。「ウツギ」科ではなくアジサイ科アジサイ属だそうです。
170903-01
170903-02




名前は知っていてもわが里山でサルナシを見たのは初めてでした。
たった1個だけ熟れていた(柔らかかった)ので食べてみました。味はキウイと全くと言ってよいほど同じ味でした。
170903-07
170903-04
甘くて美味ではありますが小さくて食べにくいので、わざわざ山まで採りに行くほどのものでもなく、キウイ買って食べておけば良いと思いました。




ムベがなっています。アケビ科ムベ属です。
アケビの実は熟すと割れますが、ムベは割れません。
アケビは落葉しますがムベは常緑です。
食べれますが、まだまだ先です。
170903-03




この時期になると峠道にはドングリの付いたコナラの枝先がよく落ちています。
最近知ったばかりなのですが、チョッキリという虫がドングリに産卵してから枝先を切って落とすそうです。
なのでドングリには必ず穴があいています。
170903-06
170903-08
チョッキリはゾウムシ科であったりオトシブミ科であったりしたそうですが、最新ではチョッキリゾウムシ科として扱われていると書いてありました。




クズの花は盛夏から咲き始めますが、咲き誇って香りを漂わせるのは今の季節です。
近くを通っただけでもグレープジュースのような甘い香りがするので、フレグランスにもなっているくらいです。
170903-09




これは山ではありませんが、我が家の裏の小高い所にあるミョウガです。
ほうっておいても勝手に出て来ます。花のつぼみです。
天ぷらや漬け物や味噌汁で食べます。
170903-05






盆休みに入りましたが ...

備忘録 ~コメントお気づかいなく~


今日から会社が盆休みに入りましたが、盆前にたった2日しかないというのは私の好きなパターンではありません。
盆の準備で2日くらいすぐに終わってしまうのでゆっくりしません。





というわけで、盆に直接の関わりはないですが借りている土場の草刈りです。
6月に刈ったきり2ヶ月がたっています。なぜかあまり草が生えない所なのですが、それでもなんとなく放置した感じが出て来ています。
ただで貸して下さっているおじさんに申し訳ないですし、私の御先祖様がここの地主さんの御先祖様に肩身の狭い思いをしていると申し訳が立ちません。
170812-01




薪小屋の周囲を念入りに、そして畦や空いたぶぶんもソコソコに刈りましたが、遠目にはあまり変化を感じないところが寂しいです。
170812-02




せっかくの夏休みなので、昼休みくらいはデッキで読書です。
森沢明夫さんの作品がけっこう好きです。
170812-03




読書していたら頭のすぐ近くでアブラゼミの鳴き声がしていて、あまりにやかましかったので指をそっと近づけていったら、なんとそのアブラゼミくんは私の指の方に歩いてきて左手の人差し指にとまったのでありました。
170812-04
ほんの2~3分ではあったのでしょうが、ちょっと不思議な気分を味わった昼休みでありました。



午後は家の草刈りや玄関に置いた材木(45角x4m)を片付けるなどして1日目は過ぎていきました。

納屋増築の続きは盆休み後半からやろうと思ってはいますが、週間予報では雨がちとなっていて気が重いです。









松の緑摘みとサツキ剪定




有給を頂いて午前中は垂木欠き治具を作製して、そして午後は庭木の松のみどり摘みとサツキの剪定をしました。
いずれも適期の終盤かと思います。




まず、松のみどり摘みBEFOREです。
新芽がいっぱいツンツンと伸びています。
170623-07




AFTERです。
まあ、大して変わりはしません。なにせ1時間足らずで何も考えずに手当たり次第摘んだのですから。
170623-08




そしてサツキの剪定です。
花期も終わって、花殻摘みもせず放置、新芽も好き放題伸びてきていました。
170623-06




AFTERです。
エンジン式ヘッジトリマーで強い目に刈り込みました。
170623-09
まあ丸くはなりました。




庭の周囲の草も取って剪定屑とともにサツキと松の間に押し込めておきました。
いつもこうです。知らぬ間にシュンとしてくれます。
170623-10





笹の花が咲いた!!




去る5/3に安楽峠付近で見た笹の先端です。
どうも新芽ではないような、もしかして ... と思っていました。
170522-01




やはりそうでした。笹に花が咲いたんであります。
そらぁ笹にかて花ぐらい咲くやろ、 と言う人は何も知らない人です。
笹の花は種類にもよりますが数十年周期以上でしか花は咲かないんです。
170522-02




170522-04




このあたり一帯の笹には全部花が咲いています。
この道をジョギングコースにして十数年、もちろん初めてであります。
170522-03



ただ、1970年代初頭だったと思いますが笹の花が咲き、小学校の通学時に笹の実を食べた記憶があります。そのころ笹の実を「ササコメ」 とか 「タケコメ」などと呼んでいました。その時も笹の実は珍しい物なんだと言っていました。

不吉なこととの前兆と言われることもあるようです。
何も無いことを願うばかりであります。





ヤマビルとコウガイビル



まやまた出やがりましたがや、ヤマビル。
妻がエンドウを収穫していたらエンドウにくっついていたそうです。
170513-51
ヤマビルはエンドウなど喰わないので、ヒト様の血を吸おうと待ち構えていた訳です。
ちなみに写真上の方に2匹ほど写っているのはアマガエルです。
うそです。妻の長靴です。



しめった日だったので、こんな子もいました。
コウガイビルです。この子は悪いことをしません、良い子です。
170513-52
ミミズやナメクジ、カタツムリなどを補食するそうです。
シイタケの榾場でナメクジやカタツムリを喰うて下さいな。



アオダイショウの幼蛇とマムシ

ジョギング中にこんな子に出会いました。
「おおっ久しぶりやなマムシさんっ!」
と言おうとして、何やら違う感じ。
よく見たらマムシよりはスリムで頭も細長い、柄もよく見ればちょっと違う。
170511-01

アオダイショウの幼蛇 あおだいしょうのようだ

でありました。「ヨウジャ」ではなく「ヨウダ」です。
通常は人の棲まない深山には生息しないとされていますが、この子は安楽峠近くのまあ割と深い山ではありました。
幼蛇の時だけこの柄が出る、ニホンマムシへの擬態によって身を守る目的なのだそうです。うそかホントかはこの子に聞いてみないとわかりません。




ちなみにニホンマムシはこれです。
2015/10に同じあたりで出会った時のものです。
151004-05




マキタ充電式ナイロンコード草刈り機修理

備忘録 ~コメントお気づかいなく~



先週使っていてご臨終あそばされたマキタ充電式ナイロンコード草刈り機MUR181DZ
購入金額11300円(電池・充電器別)、今は10800円で売っていて(amazon)バッテリーはインパクトドライバーと共用です。
昨年5月に購入、夏場は毎週どこかしら刈っていたのでけっこう酷使していました。露気の多い地際を刈るので大丈夫かな?といくらか不安はありましたが、案の定逝っちまいました。
170402-18
購入後1年以内なので保証期間内かとも思いましたが、送ったりするのが面倒だったので、まずモーターだけをホームセンターで価格を確認したらたったの1650円、なら無償修理よりもモーターだけ購入して自分で交換する方が良いと思いました。っというか、分解したらもう無償修理はアカンと思います。
170409-10
と言う訳で、モーター2個買っておきました。たぶんまた壊れるでしょう。
モーターを消耗品と思ってもなおこの機械使えるヤツです。




シイタケ植菌ほか




今年はずいぶん遅くなりました、シイタケの植菌。
年末に伐ったのが10本、植菌までに含水率を40%以下にしてないと菌が回りにくいとの事で放置してありました。
170402-11




今年は「すその360」をamazonで買いました。ホームセンターには「すその620」しか置いてなく、どうも好きになれないのです、形が。
ほだ木の太さに合わせて駒数を決めて分配しておきます。
170402-10




10個余りました。
170402-13




すでにシイタケが出来ている駒がありました。
170402-12




決めた数の穴をあけて種駒を打ち込みます。
間隔はかなりテキトーです。
170402-14




浸水します。24時間くらいかな?
170402-19




芝生の草ぼうぼう、抜く時間が無いので刈りました。
170402-17




マキタの充電式草刈り機のモーターが壊れました。
170402-18
モーターだけ取り寄せられるか聞いてみます。




ハチトラップ、作りましたが一時薪に引っ掛けておきます。
モクレンの花が散ったら枝に吊します。
170402-16




勝手に生えてきたムスカリをここに移植したのが咲きました。
170402-15




モクレンまだ半分も咲いていません、今年は昨年より1週間以上遅れています。
170402-09




菜の花大好きです。
170402-02




大雪、その後



備忘録 ~コメントお気づかいなく~


大雪がやんで3日がたちました。あまりにひどかったので書き留めておきます。



屋根から落ちた雪がハイエースの運転席のバイザーを割りました。
170119-01
170119-03




積もった雪と屋根から落ちた雪です。
170119-02




伐採現場/田んぼの薪小屋へ向かう道です。茶畑の中の道です。
170119-04




スギの植林の間の道では樹冠の部分が折れて落ちていました。
170119-05




田んぼの薪小屋の屋根はきっとつぶれているだろうと思っていましたが、無事でした。
170119-07
170119-06
1号は屋根勾配が緩いのでまだ雪が落ちていませんが、2号の方はベローンとなっています。




大雪のなかスタッドレスに交換した




自分の記録です ~コメントお気づかいなく~


私の記憶では1995.12のクリスマス寒波以来 21年ぶり の大雪。
170116-02



その1995.12のクリスマス寒波の時はまだ二駆のハイエースに乗っていて、家から道に出れなかった。
だから翌年四駆のハイエースを買った。それが今のハイエース、20歳。
今日やっとスタッドレスに交換した。20cm以上積もっている所でタイヤの所だけ雪かきしてジャッキアップした。
来冬は11月中にはスタッドレスに換えよう。
170116-01




庭木の剪定




備忘録

コメントお気づかいなく



やっちゃえMASSAN
って矢沢の永ちゃんがぁ ・・・ 言ってくれる訳ないやろ。
しゃあないで登ります12尺、withエンジン式ヘッジトリマー。
161022-04




モチノキ剪定終了、所要時間2時間。
161022-01




今回はこの2台を使用。
161022-02
新参者のマキタ充電式のは音が頼りないわりには結構切れる。
STIHLのエンジン式のは豪快に切れる。
エンジン式の片手用のヘッジトリマーでやんかなあ~




松剪定も12尺と8尺の三脚脚立を使用。
161022-03




1日目終了時、モチノキ剪定のあとに初めたんやから0.7日くらいか。
進まんもんやなあ。
161022-05




2日目、松剪定終了。所要日数1.5日、あ~えら。
これでやっと薪狩りに打ち込めるど。
161022-11
それにしても、なんべんやってもうまならんわい。




ツワブキの花柄が伸びてきた、やがて咲くんやな。
161022-06




キンモクセイが完全にピーク、遅かったな。今年は剪定弱めやったからか花付きがスゴイ。
161022-07




ネリネがやっと咲いた、ヒガンバナ科やけどヒガンバナよりはだいぶ遅い。
161022-08




蜜柑の木、西側のが枯死




備忘録

コメントお気づかいなく


西側(右)の蜜柑が枯れた。
161022-09



枝2~3本だけこの間まで生きとったけど、それもとうとう葉っぱがしおれ始めた。
161022-10
残念やなあ、無農薬/無肥料で完全に自然の状態。
スーパーに売っとる甘いだけの蜜柑とちがって、ほどよい酸味で香気高い実を生らせてくれて40年以上。
枯れた枝の実はカスカス。
最後まで生きとった枝に生っとった実を食べてみた、まだまだうまい。
なごり惜しんで食わせてもらお。


お疲れさんでした、ありがとうな。




田舎暮らし





~ 備忘録にてコメントお気づかいなく ~


10/16

今年はアケビがよう生る。これで11個や。
161018-12




キンモクセイ、こないだ咲いたのにまた一斉にツボミが出来てきたなあ。
161018-11
なんやらおかしいなあ、このごろ。

ヒロヘリアオイラガはNORIZOくんのペット


~ 備忘録にてコメントお気づかいなく ~


会社の同僚のNORIZOくんのLINEのタイムラインにアップしてあった毛虫くん。
161018-34
この小ささとこの色でヤバイ予感がした、痛いヤツ。
柿の枝を切っとってやられた事がある、そいつの同類。




WEBで調べたら ヒロヘリアオイラガ やった。
161018-33
ぱっと見はカワイイのやけどなあ ...


駆除にはさまざまな薬品があるみたい、なるべく人体に無害のをな、NORIZOくん。






シイタケ

~ 備忘録にてコメントお気づかいなく ~


10/18


シイタケが本格的に上がり始めた。
161018-29
今上がっとるほだ木は全部2015春に植菌した 「すその620」 という品種。最近ミスタートンカチにはこれが置いてある。
前は 「すその360」 やったんやけどなあ。すその620はなんやら形が変やわ。早うから上がるのはええのやけどなあ。




上から見るとそうでもないのやけど、開いてくるとなんやらクラゲみたいなんやな。
161018-18




ナメクジだけやのうてカタツムリも食うのかも。
161018-32




表、ただ接近しとるだけのようやけど、
161018-19
裏、まさかシイタケに枝が?
161018-31





太田町のコスモス畑、やっと遠くから見てわかるようになって来た。でもまだまだやな。
161018-16

電柵扉にイノシシが突っ込みやがった



~ 備忘録にてコメントお気づかいなく ~


10/16



こないだ電柵の扉が畑の中むいていがんどったでよう見たらぶつかって壊した感じやった。
こんなことするのはイノシシくらいやろ。こないだ糞もしてあったくらいやでなあ。
161018-02
赤い矢印のとこが腐って壊れかけとったんが、とうとうこわれた。グラグラになった。
下の角っこは蝶番があるで補強でけん、しゃあないでちょっと上の方を2x4廃材で補強した。
まあしばらくはドウゾコウゾ使えるやろまいか。


オニグルミ


~ 備忘録にてコメントお気づかいなく ~


10/16



オニグルミの枝が隣のジュンベリーや甘夏にかぶさっとるでアカンわ、切る。
161018-03




この枝を切った(after)。
161018-04




切った枝はこれだけやがな。
161018-05




薪にしたらコンテナ1杯やったわい。
161018-06




柴が出た。
161018-07




柴は手斧で細かあしてさなあ、161018-08
161018-09
ブルーベリーの木の下に敷いたったわ。





ほんでさなあ、採れた実は370個ほど。
水に浮くやつはアカンのや。実が詰まってへんのか、詰まっとっても水くさい味やで。
161018-10



左がちゃんと沈んだやつでさなあ、右は浮いたやつや。おおかたアカヘンがな。
161018-15




シイタケ、今秋の初収穫




ただの記録です、無視して下さい




初収穫と言ってもたったの1個、でも 「すその620」という品種にしては早い気がする。
161010-01
すその620は1年早く上がるらしいし、季節も早いのやろか ...



しかしナメクジにやられとるがや、クッソー。
今までも、暖かいうちはいっつもナメクジにやられとったわ。
ナメクジ忌避剤注文したれ。
161010-02
もう頭きてしもてホームセンターへ見に行く気持ちの余裕なんかあらへんでamazonや。
天然成分やて書いてあるなあ、まあうちはシイタケの原木はコンクリの上やで関係ないけどな。

あした着くで、撒いてみたろや。




昔の地図にはまっています




私は地図を見るのが大好きです。
ストリートビューで知人の家などをよくストーカーしています。

もう既にご存じの方がおられると思いますが、昔の地図がスタンフォード大学から公開されています。

http://stanford.maps.arcgis.com/apps/SimpleViewer/index.html?appid=733446cc5a314ddf85c59ecc10321b41


かなり細部まで拡大して見る事ができます。
地図を拡大していくと何故かエクスプローラーバーがなくなって全画面で表示されてしまって手動で戻さないと戻りません(IE11)。

その際の手順は
メニューバーから  表示 → エクスプローラーバー → お気に入りにチェックです。





これは我が家周辺の地図で、明治25年測量~大正9年修正測量となっています。
160819-01
160819-02
私が今伐採させて頂いているところは昔はどんなだったのか、などと想像をかきたてられます。
驚いたことに、いまある道のほとんどはこの頃にすでにあったようです。



私はこの地図の情報をFacebookで知ったのですがテレビでも紹介されてました。もしまだご覧になってない方がおられましたらお試し下さい、おもしろいです。


















お盆休みに入りました


お盆休みに入って3日、なかなか作業ばかりは出来ていません。なにせ初盆なのでこれが済むまでは近所の人が参りに来てくれたり、参りにも行ったり、そして準備もいろいろとあったりします。




根切り穴、更に幅や深さを掘って、ほぼ予定のサイズになりました。
160813-11




一応、丁張り(というにはお粗末)を打って水糸を張り、マスターで深さをチェックしました。
160813-09
前回の部分は深すぎて想定外のコンクリを使いましたから今回は少し慎重です。




一体どれだけの道具を使う気なのでしょう。写真に写っている道具以外にもヒラクチ、片手鍬、移植鏝などを使いました。
実際はこのうち3種くらいで十分でしょう。
160813-10




ヤマトタマムシ、今夏やっと見ました。いつももっと早くに見るのですが。
[広告] VPS

160812-21
160812-22




クマゼミ、8月に入って増えて来ました。
160813-05
160813-06
アブラゼミは草のしげみでもがいているのを多く見かけるようになってきました。おわりが近づいているのでしょうか、なんか切ないです。




新種のアブラゼミ、双頭蝉ですかね。
160813-07




オニグルミの木にクワガタさんのつがいもおりました。小さいです。
160813-08




新たにイノシシが荒らした痕が出来ていました。
160813-03
どんないい物があるのでしょう、こんな土の中に。




昼休みの読書の時間も大切にしています。今はこんな本を読んでいます。
160813-04
この作家の小説、結構好きです。最近ちょくちょく映画化されています。




ハイエース、23万kmを越えました。この秋で二十歳です。
160813-01
田んぼの薪小屋への進入路でぶつけた左の角の傷が痛々しいです。
160813-02
エレメントは上向きに付いているので、外す際には必ず手もオイルまみれになります。
オイルは6.5L入れますが、処理箱は4.5L用で丁度です。もう1台車があるので、2種類のオイル処理箱を準備するのは面倒なので4.5L用だけでやってます。


























マムシの威嚇





本日はまず朝から墓掃除であります。
墓へ行くとなると普通は手桶と柄杓でありますが、我が家は墓掃除専用のシャワー付きポリタンクであります。シャワーヘッドは何かと墓石掃除に都合が良く、水も効率的に使えます。墓専用に新品を買ったのでありますから御先祖様に無礼という訳ではないかと 、、、 
勝手な解釈であります。
160731-71



薪で世話になっている近所のオジサンに宿根アサガオの種をくれと言われたので、この花は種を作らないので地表に伸びたツルから出す根で株分け(で良いのかな?)します。根がまだ短いのは下にポットを敷いて土をかぶせ、
160730-04




しっかり根が張ったのは抜いてポットに植えかえました。
160730-03




このあとは所用で余暇をつぶし、夕方から週一回の安楽峠であります。
こんな子がいましたです。
たいてい道の、それもアスファルト道路のまん中で静止しています。そのままでは車に轢かれるので、あるいは死んでいるのかも知れないと思い、少しだけ刺激します。
[広告] VPS

元気に生きていました。
しっかり 「キリキリキリ」と音を立ててシッポを振るわせながら威嚇して逃げて行きましたです。
このあとすぐ、普通のヘビさんにも会いましたが、長さは同じくらいで太さが全然細かったです。
マムシはやはり太く短い。そして頭が三角です。




ノリウツギが咲き始めました。もう完全に盛夏ですね。
160731-72
160731-73
この辺では梅雨明けくらいからネムノキが咲き始めて、ついでサルスベリやムクゲ、山ではリョウブのちノリウツギが咲く、といった順番かと思います。

今夏もそろそろ楢枯れが始まっています。来冬に伐る予定のコナラやクヌギが枯れないことを祈っています。

サツキ剪定


1つ前の記事と同時進行でありますが、カテゴリーが違うので別記事にしました、めんどくさくてゴメンナサイ。
滋賀からやって来たM森くんが薪を積み込んでいる間に私はサツキの剪定をしました。剪定の教本にはサツキの剪定は6月一杯までとなっていました。これ以降はダメージが大きいということだと思います。




剪定前です。花が咲いた後は一気に伸びてきて、ボウボウです。
160618-01




40年以上たったサツキなのにこんなに小さい木があります。
160618-02




サツキ剪定後です。一応丸くなっていますがところどころ陥没していたりします。
160618-03
本当は花ガラも除去すべきだとは思いますが、いつもそこまではやっていません、自然にまかせています。




今回はいつものエンジンヘッジトリマーではなく、充電式のヘッジトリマーを使いました。バッテリーがインパクトドライバーと共用なので本体のみの購入が出来たので助かりました。でも非力ですね。モチノキなどの高所での剪定に片手で使えるのは良いですが、太い枝は切れそうにないです。
160618-53







軽作業 ~西のスロープ滑り止め、そしてキンモクセイ伐採




春になると何やらテンションが下がってのんびりしてしまいます。
それでも何かせねばならぬ、と西のスロープの滑り止め改善であります。

西のスロープの滑り止めのφ16異形棒鋼(鉄筋)過去記事リンクなんでありますが、こいつが恐ろしく歩き心地が悪い、こんな酷い歩き心地はあり得ません。昨年10月に施工してよく半年我慢しました。滑り止めのつもりが、異形棒鋼の上にのると滑るんであります。
160409-07
という訳で取り外しましたです。




そしてコイツ、ZN釘、無駄に一杯残っていて箱がパンパンで隙間からこぼれてくるので、使いまくってやりました。
160409-12
少し頭を出した状態で、打って打って打ちまくってやりました。
160409-14
位置のマーキングなどせずテキトーです。
160409-13
で、これは滑り止め効果良好、歩き心地もまあまあでありました。




次は、納屋増築予定エリアの支障木、キンモクセイを伐採します。
右2本であります。写真は縦パノラマなので少々ゆがんでます。
160409-11
せっかく大きくなってきて、秋には良い匂いの花を咲かせてくれるので、涙をのんでの伐採です。
樹齢13年ほどです。




まずは受け口を切って、
160409-15
[広告] VPS





伐倒完了です。
160409-18




伐根径は約80mmと110mmほどでした。
160409-16
160409-17




もうかなり水を上げています。葉枯らししたあと薪になって頂きます。
160409-19



本日の作業は以上で終了、午後は所用でありました。





裏庭にミツバアケビの花が一杯咲いております。
160409-05
160409-06




ジュンベリーも満開で、
160409-08
ジュンベリーの下にはおのれ生えの山椒が絡みついていて筍を待っております。
160409-09
この山椒は勝手に生えてきた ”おのれ生え” ですが、実も一杯なりますし重宝しております。




菜の花、白いダイコンの花は実がなるまで置いておき、その実をさやごと食べます。
160409-10




山ではタムシバが今年はすごく花付きが良いです。
160409-02
160409-01
160409-04



以上、大したことはしなかったので写真の数でごまかしましたです。




ひさびさの土いじり




薪狩りシーズンは終了、これからブログ記事に苦労するシーズンです。
まず今回は、久しぶりの土いじりです。




この春から納屋を東へ増築する予定なのでこのエリアの植物を移植しなければなりません。
160402-01
パンパスグラス、アジサイ、スイセン数株、おのれ生えのムスカリ、畑ワサビ、キンモクセイなどです。キンモクセイは1本をのこして伐採です。




パンパスグラス、これを掘り起こすのが一苦労なんであります。
160402-07
刈り払い機で低く刈っておいて、横からヒラクチでひたすら根を切ります。




アジサイ、もう既に新芽が大きくなってしまっています。本当はもっと早い時期にやるべきでした。
160402-08
切り詰めました。テキトーではありますが、一つ目の新芽だけは残すようにしました。
160402-10




これは納屋の西側エリア、台風で倒れたポプラの切り株です。既に枯れています。
160402-04
ヒラクチで掘り起こして撤去です。
160402-05




そこへ切り詰めたアジサイとパンパスグラスを移植しました。
160402-11




パンパスグラスの脇にはおのれ生えのムスカリが増えています。せっかく勝手に生えてきてくれたものなので、これも移植します。
160402-06




畑ワサビです。8年たっていますが余り増えてはいかないですね、一応移植です。
160402-09




自生のノビルは今夜のおかずとなります。
160402-13
味噌をつけて生で食します。




芝生の中におのれ生えしたバルボコジウムは草と落ち葉とモクレンの花ガラにまみれて咲いております。年々増えて行っています。
160402-03
これも移植したいのですが、花が終わってからにします。




宿根アサガオの蔓は冬の間放置で、ゾンビのようです。薪狩りシーズンに入った頃はまだ青々としていたのでそのままシーズンに突入し、忙しさにかまけてこの納屋周囲エリアは完全放置でした。
160402-02
芝生の雑草は刈り払い機で刈って、刈れない所は手でむしります。これを繰り返していればそのうち芝生が伸びてくるので気にならなくなります。




ニャンコは草が大好きです。
160402-12




スイセンもデッキの前のエリアに移植しましたです。
160402-15
160402-14
ローズマリーも剪定してさっぱりさせました。
あと、ここへレンギョウとユキヤナギを植える予定になっております。思いつきの植物を思いつきの場所へ植えて行っているので節操のない見映えになっていくと思います。




シイタケの菌打ち




シイタケの菌を打ちました。これは3/20(Sun)にやった作業です。
今回も同じホームセンターのこの菌ですが、上の方にシールが貼ってあり、

従来の品種より1年早く発生

と書いてあります。
160321-01
昨シーズンの菌には貼ってありませんでした。
品種は前回のと同じ すその620です。
そのすその620が改良されたということなのか、前回のも実は改良済みの物でシールが貼ってなかっただけなのか です。




車庫で、コンテナ2段積みを作業台にして、ころがらないようにした枕をかませて、インパクトドライバーにφ8.5の専用ドリルをつけて穴をあけます。
160321-02
私のやり方は、この木は60コマくらいだろうと思ったら60個の穴を一気にあけてしまい、種駒60個を数えて容器に入れて打っていきます。このやり方をしないと穴だけあけて打ち忘れをしてしまうからです。
間隔をきちっと計ったりなど絶対にしません、テキトーな性格ですから。10cm前後の1mのほだ木に60個ならかなり多いので間隔を気にしなくても大丈夫だからでもあります。




これが種駒60個です。
160321-03



打ったら庭の日影に横たわらせます。
160321-04




2015(昨シーズン)物は緑色の針金を
160321-06
2016物は白い針金を、打ち込んだステンレスコーススレッドに巻き付けました。
目印が無いといつ打ったほだ木かわからなくなるからです。
160321-05
以前はカラー針金をハチマキにしていたのですが、シイタケが邪魔そうにしていたので変更です。コーススレッドならピンポイントなので。




昨春に打ったほだ木は昨秋からポツポツと出始めています。
160321-07




そして水をかけておこうと思いシイタケ専用の水栓を見たら、なんとカプラーが割れてしまっていました。ワンタッチで脱着ができるコネクターです。
160321-08
散水ノズル側も同様に割れてました。
160321-09
おととしの4月に使用開始したものです。過去記事リンクです。




なぜかこの手のカプラーくらいは車庫にいくつもころがっているので、即交換しました。ついでにホースも太い物に交換です。
160321-10
カプラー2個を交換し、散水ノズルはそのまま使用しました。
160321-11






ほぼ満開です。あとは見苦しく散るだけなので地面を見ないようにします。
160321-12








オニグルミ剪定

ちょうど10年前の2005年秋に白州のシャルマンワイン敷地内で拾ってきたオニグルミの実を妻がイタズラで埋めたのが発芽して大きくなりました。結構枝を広げる木なので畑の作物の日影をします。
とりあえず今回は一番下の太い枝を1本だけ切ることにしました。枝1本とは言っても又になって広がっているので、かなりのボリウムです。


剪定前はこんな感じです。
151018-09

赤い矢印の枝を切ります。
151018-16

切りました。結構太いです。
151018-11

サッパリしました。
151018-17
来年はまた別の枝を切ります。一度に切っても枯れはしないでしょうけど、実付きが悪くなるので控えます。

剪定枝はこんな感じでした。
151018-12

既に冬芽と花芽が出来ていました。何やら後ろめたさを感じます。
151018-13

薪はコンテナ1杯分でした。
151018-14
151018-18

オニグルミの実は梅のような感じで、果肉が薄いので乾燥させて
140927-05

種が出てきます。これを割って中身を食べます。
151019-01
昨年は400ヶほど生りましたが、今年はせいぜい100ヶほどです。



ネリネが咲きました。ヒガンバナ科です。似ていると言えば似ています。
151018-15



峠道にて伊勢湾を望む。
151018-19

ムベがたくさん生っている所があります。アケビ科です。熟しても割れません。151018-20
アケビ同様、甘いだけで大してうまくはありません。

ヌルデが紅葉しはじめました。
151018-21

ハゼノキも真っ赤に紅葉しています。
151018-22




アケビ収穫

わが家の裏のマサキの木に巻き付いているアケビがやっと採れました。山よりおそいです、なぜかはわかりません。
2~3年前に少々ツルを整理したのでほとんどなりません。以前は十数個は採れてましたが。
151011-01
151011-02
たいしてうまいものでもないですが、この色合いには惹かれます。


黄色いリコリス (ヒガンバナ) がやっと咲きました。いつも赤いのより遅いです。
151011-03


松の剪定

先週に引き続いて、庭木の剪定であります。
昨秋は松の剪定をサボって春にテキトーにハネただけなのでボウボウになっています。


151009-01


松の剪定は非常に難しい、庭師でも 「松の剪定が出来れば一人前」 と言われるほどだそうです。
私などが年に1回くらいでは死ぬまでもともなことは出来ないと思っていますが、、もう数回はやって来ました。思いつきの行き当たりばったりな切り方をしてきているので、数年でいい形になっている部分と変になってきている部分があります。なんとなく少しだけわかった事もあり、ほんの気持ちだけおもしろみも出てきました。

使う道具はこんな感じです。
左から剪定ハサミ、ノコギリ、植木ハサミというそうです。
中でも松の剪定は狭い所に刃を突っ込んで切るので刃の細い植木ハサミを多用するそうですが、私の場合太い枝も結構思い切って切るので剪定ハサミもよく使う、というかノコギリもよく使います。151009-10
よく切りすぎて 「しまった!!」 という時がありますが気にせずすぐ忘れてまた思い切って切ってます。
少々変になっても木の方で勝手に直してってくれます。
あと、手でもむように松葉を抜き取る 「葉もみ」 もします。これをしていると全然はかどりませんが、やらないと見た目がサッパリしません。


という訳で、一日 (といっても5時間くらい) やっても半分くらいしか出来ませんでした。
151009-02


何度やってもこの松の剪定というのはうまくいきません。あと1日かかりそうです。
近所のじいさん・ばあさんがやって来てはおしゃべりをして行くのでその分の時間も見ておかなければなりません。