FC2ブログ

ハイエース24回目車検~スタッドレスタイヤ撃沈

通勤用車両でありかつ薪狩り専用車でもある、私にとって非常に大切な持ち物のハイエースバン4WDの24回目の車検であります。
200919-02




今履いている夏タイヤは昨年の車検の時に既に 「ひび割れが始まっているので車検にギリギリ」 と指摘されていましたから、ましてや今回は不合格間違いなしなので、少し早いですがスタッドレスに換えてしまおうと 、、、
200919-03




スタッドレスタイヤを保管庫から出して来たら、なななんと!!!
割れています。
200919-01
2014/12に使用開始して6冬/24000kmほどで、年数は行ってますが山はまだ十分あるので安心してたのに愕然です。

やむなく黄色い帽子のカーショップに問い合わせたら在庫が無い、夏タイヤでも良いからと言っても在庫は無い、自分の勤務の都合やら車検の期限やらで車検の延期は出来ない。やむなくもうすぐ車検を出すトヨペットに問い合わせてスタッドレスの在庫を探してもらって、なんとか見つかったのですがこれが災害的な価格でした。倍までは行かないけど1.5倍くらいでした。事故に遭ったよりは嬉しいので喜んでおきます。




年中が薪狩り仕様になっていて、重量税の関係で固定物は撤去せよとの事なので、ひととおり下ろして年に一度の掃除です。それにしてもいろんな物が載っていて、既に納屋の状態です。
200919-06




セカンドシートは取り払ってあって、会社での昼休みにくつろぐ為の椅子、樵用のヘルメットの入っているのはリギングロープのバッグ、手前のはクライミング用具のコンテナ2個、床にはハーネスが置いたままになっています。
200919-10




左のコンテナはおもにクライミングロープとクライミングのヘルメット、
200919-05

右のコンテナはポジショニングラインやカラビナ、アッセンダー類などの腰回り道具が入っています。
200919-04




右の壁やポケットは、使わないヘルメット、草刈り時の腰袋、これにはハチジェットやヒル下がりのジョニー(ヤマビル忌避剤)や剪定鋏・植木鋏が入っています。あとチリトリ、ホウキ、ロープ掛け用マスト、スローライン掛けの竿、高枝鋸、Silkyゴム太郎、デカい手鋸のSilkyスゴイ、網袋(カメムシよけ)に入っているのは使用中の手袋、見えてないけど新品の手袋、タイヤチェーン、土嚢袋が右のポケットに入っています。
200919-08




左の壁とポケットには、見えている物ではベルトスリング、手斧、玉切り時の腰袋、チェンソーパンツ、会社の休憩で使うバッテリー扇風機(エンジンをかけたくないから)、
200919-07

左前のポケットにはバッテリーブロワ、クライミングスパー(昇柱器)、
200919-09

左後ろのポケットにはマジック斧、フィスカースX27、大ハンマー、ハンマー、ヒラクチ、クサビ、スコップ、レーキ、鳶口が入っています。
200919-12




助手席は既に助手席ではありません。
板の上にはティッシュ、ウェットティッシュ、極薄ゴム手袋、ピンクのテープは木に巻く目印、アーボリスト教本2冊、その隣は背中掻き、板の下にはチルホール、ワイヤ、ローププラー、オタフク滑車2個が収納されてます。
200919-11







これらを撤去したら予想通り木屑がいっぱい落ちてました。
200919-13
エアブロー掃除してから、重いセカンドシートを物置から出して来て取り付けました。あとセーフティバー(運転席と荷室の仕切り)を取り付けて、ワイパーゴム(傷んでると車検不合格になるので勝手に交換されて料金アップ)を交換して車検準備完了でありました。



車庫は退避させた道具で乱雑になりました。
200919-14



スポンサーサイト



スリング等の保管・運搬のバッグ

リギング用のスリングやプルライン用ロープを保管しているバッグです。ホームセンターで買った安物です。かつてクライミング用具を少ししか持って無かった頃にクライミング用具入れにしていたバッグで、ずいぶん前に暇をやってあった物です。山でスリングやロワリングデバイス類を単体で運ぶよりもまとめて運んだ方が手っ取り早いので、また出して来て使います。
200913-07




収納してあるのは最近買ったウーピースリング類、ポーターラップ(リギング時のフリクションデバイス)、リギングブロック、牽引伐倒用にしている三つ打ちナイロンロープなどです。
200913-06




中敷きがもともと柔らかい上にへたってしまっているので、バッグを持つと底が丸くなってイヤなので、
200913-04




車庫にころがっていた、既に使用終了していた合板を自動鉋で少し薄くして使います。型枠用の塗装合板は結構強度があって構造用合板よりたわみません。
200913-05



チェーンオイル

チェンソーのチェーンオイルが無くなったので買いました。
円陣で買ったのですが、カード情報漏洩事件があってからカードで買えなくなって、代引きで買ったら前回よりいくらか高くなりました。それでも農機店で買うよりかなり安いので良しとします。

最近、消費量が増えて2シーズンくらいで使い切ってしまいます。
このチェーンオイルは水溶性(鉱物油ではあります)、油汚れが落ちやすいというメリットがあります。水溶性とはいっても揮発して無くなっていく訳ではなく、普通の油性の鉱物油(という表現も変ですが)と使用感は同等です。よく粘ります。
200913-01




ポリ製のノズルを取り付けました。このノズルはすごく使いやすいのですが、カポッと嵌めるだけなので根元の周囲から漏れやすいです。漏れると一斗缶の口の周囲の低い部分にたまって、携行容器に給油する際に一斗缶を傾けるとこぼれるのが非常に気に食わないのです。
200913-02




不細工ですが、シリコンでブチュブチュっと埋めました。もう少し美しく塗れないものですかね、不器用極まりなしです。シリコン塗るのは苦手です。
200913-03




宿根アサガオの蔓を整理

雨やら所用やらで先週は草も刈れずジョギングも出来ずだったので、朝一から安楽峠までゆっくり行って来ました。すでに山は秋っぽい雰囲気になって来ました。毎秋見かけるタマシロオニタケも1本ありました(写真はwebから借用)、毒キノコです。ぱっと見はゴルフボールっぽく見えます。
200912-90




先週刈り損ねて3週間草を刈ってなかったので、さすがに歩くと鬱陶しいので刈りました。もうやがて草刈りからは解放される季節だと思います。




ユキヤナギの上に宿根アサガオが蔓を蔓延らせていてなんともスッキリしません。9月なのでアサガオももうイイです。わが家はなぜか8月にはほぼアサガオは咲かないんです。近所では早くから咲いているので気温の問題でもなさそうです。
200912-01




という訳で、宿根アサガオの蔓を整理しました。
200912-04
宿根アサガオはいくら蔓を整理しても、強い植物なのですぐに勢力を復活させます。その点クズ(葛)とイメージが重なります。




クズ、山のあちこちで繁茂しているコレです。メチャクチャ強いヤツです。ちなみにクズの花はすごくいい匂いがします。ちょうど今が花期で、クズの周辺は赤紫色の花びらが地面にいっぱい落ちています。
200912-91




種を蒔いてないのに生えてくるアサガオ、これはかつて園芸品種を蒔いた事があったのでその種が毎年落ちて生えるのですが、年々色も大きさもショボくなって行きます。
200912-03




これも勝手に生えたアサガオですが、まだ色が濃いめで美しいです。
200912-02




ヤッチンとこのタブノキ枝おろし

シーズンインという事になるのでしょうか、会社の同僚のヤッチンの旧宅跡地の土手の下にあるタブノキの枝おろしです。

7月頃に太さ25cmほどの枝が道に落ちていたらしく、どなたかが片付けてくれたそうです。その枯れ枝の根元が2m半ほど木にまだ残っているのを処理したいのと、他にも道路の上に伸びた枝で弱っているのがあるので切って欲しいとの事でした。

だいたいタブノキという時点で、非常にウロ(空洞)が出来やすい木というイメージがあります。ウロがある分だけは強度も落ちてるはずなので、そこへもって枝は長いので弱い部分から折れるのでしょう。

200905-12




折れた枝の残りです。折れて落ちた時に誰もいなかったのが幸いです。
200905-02




という訳で登りました。実作業で登るのは4ヶ月ぶりでテンション上がってます。
下に溝がありフタが割れるといけないのでリギングです。
バランシングというやり方でリギングしようと短いロープをチップタイ(枝先縛り)+バットタイ(枝元縛り)でカバンの手のようにして、そこへブレークスヒッチで枝先が少し下がる位置にリギングラインを連結しました。リギングブロックが近すぎて思うような位置にセッティング出来ませんでしたが、まあ外れはしないかと。
200905-03




ポーターラップはヤッチンが操作しました。
200905-04




バランシングでリギングしたのに、結局かなりアンバランスになりましたが、幹にぶつからなかったのはバランシングの効果ではないかと思います。
200905-05




そして次も道路の上に伸びて部分的に枯れている枝です。
200905-07




股があったので、そこへリギングラインをセットしました。切り口を見ると、やはりウロがあります。
200905-08




かなり古い枝の折れ痕もあります。
200905-10




折れてもツルに喰いついていたからか落下せずにとどまっていて危険なので落としましたが、その際にツルも切らなければならなかったので、切ったらそのツルが別の枝に伸びていて、道路の真上に長いツルがぶら下がってしまいました。切ったので枯れて朽ちていつかは落ちる、それはそれで危険なので、
200905-09




その枝にラインを掛けてトラバースし始めましたが、
200905-15




結局リムウォークになってしまい、
200905-14




なんとか取り付いて矢印あたりまで登り、長いツルを切り落としました。
200905-13




半日ほどの作業で、高さ的には10mロープが木の根元に届かなかったので12~13m、道路から15mは無いくらいですかね。上が涼しいのか空調服(ワークマンのベストタイプ、初体験)が涼しいのか、快適でした。
200905-11




樹上にはこんな物もあり、
200905-06




回収可能なトップアンカーも試せて楽しい半日(1時終了)になりました。
200905-01